普天間問題で、北沢俊美防衛相が、署名を拒否する福島瑞穂消費者・少子化担当相(社民党党首)の閣僚辞任を求めたことに対し、今度は平野博文官房長官がかみついた。

 28日午前の記者会見で、平野官房長官は北沢発言について「閣僚の不規則発言だ」と強い不快感を表明してみせた。

 ただ、平野氏も政府方針に反対する福島氏を罷免するかどうかについては「今はなんとも言えない」と含みを残すなど、閣内が混乱しているのは明らかだ。

 福島氏の処遇については他の閣僚からは「(福島氏には)連立内閣の一員としての立場を踏まえ判断をしていただきたい」(千葉景子法相)などの冷たい意見が相次いだ。

【関連記事】
福島担当相の「閣僚辞任論」強まる 罷免に発展か
共同声明に社民混乱「何が地球を守る政治だ」 福島氏、署名拒否明言は「まったく変わらない」
臨時閣議は「28日中」平野官房長官 「連立を崩そうという考え方ではない」
米政府は共同声明をひとまず「歓迎」、鳩山政権には見切り
「こんな総理、かなわんわ…」 鳩山発言に石原都知事激怒 全国知事会議
iPadが上陸

レプリカ金塊に賛否両論 兵庫・淡路市の史料館(産経新聞)
「就職融資」詐欺容疑で12人逮捕=1200万円だまし取る―大阪府警(時事通信)
<承諾殺人>看病中の妻絞殺 懲役4年求刑…津地裁(毎日新聞)
<野ヤギ>被害に即応、無許可で駆除可能に 鹿児島・奄美大島を構造改革特区へ(毎日新聞)
普天間、首相に結果責任=平野官房長官(時事通信)
AD