新党改革の舛添要一代表は25日午前のテレビ朝日番組などで、夏の参院選について「比例代表で1000万票集まれば10人は通る。キャスチングボートを握れる数として10人は通さないといけない」との目標を示した。
 みんなの党やたちあがれ日本など「第三極」を目指す新党との連携については、「勝つためには参院選前に選挙協力をしないといけない」と前向きな姿勢を示した。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」

五島列島、EVレンタカーでエコな教会巡り(読売新聞)
事業仕分け JICA大幅縮減 4法人8事業「廃止」判定(毎日新聞)
首都高でもエコカー割引検討=新料金制で、前原国交相(時事通信)
高速新料金「首相が決めること」=小沢氏(時事通信)
橋下知事「河村市長の地域新党と連携したい」(産経新聞)
AD