2017-08-10

14の夜

テーマ:Movie Review 2017


映画2016/12/24
CD2017/07/12

監督・脚本 足立紳
音楽 海田庄吾
主題歌 わかってんだよ/キュウソネコカミ

出演 犬飼直紀、青木柚、中島来星、河口瑛将、
健太郎、光石研、濱田マリ、稲川実代子、門脇麦、和田正人、
浅川梨奈、内田慈、後藤ユウミ、駒木根隆介、
坂田聡、ガダルカナル・タカ、宇野祥平

(感想)

1987年の田舎町。
悶々とした日々を送る男子中学生のタカシ(犬飼)。
幼なじみのメグミ(浅川)の巨乳に目が行く。

ずっと家にいてウジウジしている父・忠雄(光石)に
イライラしている。
忠雄は高校教師だが、飲酒運転をして休職中。
また、作家を目指して今も自作を応募している。

母・佳子(濱田)もそんな父に苛立ちを隠さず、
離れに住む祖母(稲川)だけは忠雄を猫かわいがり。
今日は姉・春子(門脇)が
婚約者・前田(和田)を連れて帰って来る。

学校に行き、なんちゃって柔道部の
ミツル(青木)、サトシ(中島)、
竹内(河口)らと話しているうちに、
町に唯一のレンタルビデオ屋「ワールド」で
AV女優のよくしまる今日子がサイン会を開くという噂が話題になる。
しかも0時過ぎにはおっぱいを舐めさせてくれるらしい。

噂の真偽を「ワールド」へ確かめに行き、
そこで金を出し合ってエッチ系ビデオをレンタルするが、
不良の金田(健太郎)たちに横取りされてしまった。

自分たちの無力さを語らううちに、
竹内は今夜の今日子のサイン会へ皆で行こうと言い出し、
なんとなく行くことになってしまった。

家では前田を前にして落ち着きのない忠雄。
やがて家族喧嘩が始まり、
タカシは父を投げ飛ばし、
家を飛び出して待ち合わせ場所の学校へ向かうが…

-思春期特有の、自分でも持て余す滑稽な生態と、
自分の実像を自分で把握し始めて感じる諦めを
バカバカしくも生々しく描いていて、
大人の男が見ると、
自分の様を思い出して、苦くて面白いはず。

レンタルビデオの代金、高すぎ(笑)
うちのほうは
この頃はもう380円くらいだったと思うけど。

学友たちのキャラ設定がリアルで秀逸。
「あ、自分の周りにもこんなやついたな」と
思い浮かぶ顔があるんじゃないかな。

日本の若手男優たちが体を張って頑張る姿が目立つ中で、
日本の若手女優はもっと頑張らないとダメだなと思った。

独立系映画の隠れ名女優・稲川が
あまりに自然体でさすがだった。

キュウソネコカミの主題歌もいい。

映画オフィシャル・サイト



14の夜 [DVD]/和田正人

¥5,076
Amazon.co.jp

主題歌

わかってんだよ【初回限定盤CD+DVD】/キュウソネコカミ

¥1,620
Amazon.co.jp

わかってんだよ【通常盤CD】/キュウソネコカミ

¥1,080
Amazon.co.jp

わかってんだよ/Getting Better

¥価格不明
Amazon.co.jp

○●○●○●○●○●

↓ランキング参加中です。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


映画評論・レビュー ブログランキングへ

↑クリック、よろしくお願いします。

○●○●○●○●○●

twitter (←リンク)

○●○●○●○●○●

映画、音楽
MusiCinemania by Uzo★mUzo

AD

MusiCinemania by Uzo★mUzoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。