民主党の小沢一郎幹事長は27日、福井市での連合幹部との意見交換会で、生方幸夫副幹事長による党運営批判を念頭に「政権与党になったのに責任政党の構成員である認識が甘い。しっかり意識転換できていない面が国民に心配をかけている」と苦言を呈した。金沢市の党会合では「財政も行政も自公政権がめちゃくちゃにした。魔法使いじゃないからいっぺんに変えることはできない」と述べた。

 一方、自民党の大島理森幹事長は27日、横浜市で講演し、郵政改革法案について「鳩山内閣は『官』を太らせ、『民』を圧迫し、時代に逆行している」と述べ、夏の参院選の争点にする考えを示した。

鳩山首相と関係閣僚、夜に協議=普天間移設、政府案で詰め(時事通信)
議員定数・報酬半減案を否決=名古屋市議会(時事通信)
【暗流 公益法人の闇】黒澤財団、寄付金流用(産経新聞)
鳩山首相秘書の初公判 勝場被告、起訴内容認める(産経新聞)
「学校崩壊」原因で自殺は労災…大阪地裁判決(読売新聞)
AD