重陽の節句3

テーマ:
室礼(しつらい)が整い
『松茸とワインと菊の宴』スタートです❣️


前菜
秋の味覚満載

銀杏、栗ゴマ豆腐、黄金寿司(松茸寿司)
{CE29736D-6B1B-4096-BF3E-B14637CB73C5}
この前菜にはスパークリングワインを合わせて。
きめ細かい泡が、松茸や銀杏の秋の香りを鼻腔の奥まで立ちのぼらせます   





2品目   松茸の土瓶蒸し

{DBE77F3F-DD53-45E6-98B1-C0FBB6A297B9}

{E2DDCB05-749C-4863-8265-D4D0E8289297}
お出汁と松茸、焼いたネギの香りを消さないように、軽やかで余韻が短い白ワイン(チャレロ)を合わせて。
{E80B744D-2FBE-467A-9733-55FE179E2CDC}

『ワイナリー和泉屋』http://www.wizumiya.co.jp/item/10123.html





3品目  お造り
{B21EC0CE-2470-4923-A3B0-ADF07B41DB39}



大葉の下には凍らせた菊の花。
食べて美味しい、目にも美味しい
{DE1CD976-55AB-40A4-9B11-2540DFD374E5}






4品目  焼き松茸
{9E961F00-C944-4DC8-8AF7-598A7A21ECA7}
焼き松茸は香り、味ともに力強く、これに合わせたワインは、松茸の香りとぶつからない物で、先に飲んだチャレロより力強く余韻が続くゴデージョをチョイス。  
{D65D389D-AC48-4176-A0CC-B07BECDD1167}

http://www.wizumiya.co.jp/item/9969.html





メイン料理は
飛騨牛のローストビーフ
{9318C99C-5085-4266-A96F-E25A3B4085A6}


目の前で料理長が切り分けてくださいました。

{3CD15330-3AF2-4F26-BA51-81A54B5773A3}

このローストビーフは2色の食べ方で、

まずはあっさり『柚子胡椒』
そして、松葉屋オリジナル 
『ブラックペッパーソース』で。



それに合わせてワインも2種類

まずはエレガントなワイン、ガルナッチャで造られた『カントス・デル・ディアボロ』(左)



それとは対照的なしっかり力強いワインの『クアトロパゴス』(右)はテンプラリーニョ主体
{B159D7AF-DF54-42BA-AF8E-0E6D55F7ABFF}
左   http://www.wizumiya.co.jp/item/8560.html
右   http://www.wizumiya.co.jp/item/9489.html





〆にはやっぱり
松茸ごほん〜アップ

{CAD902A3-27B0-48DB-9A9E-F9C4BC99CE7D}


予定本数を上回る数が空きました❣️
{5F4F2A00-94DF-45F6-981E-8DD72AD988DC}
 
ワインとお料理のペアリングの相性の良さは、どちらも美味しく感じさせるチカラキラキラがあります。


今回十分な本数を用意していたにもかかわらず、予備ワインまで空いたのは、そのペアリングの相性の良かったんだと嬉しく思います爆笑アップシャンパン



お菓子まで手を抜きません
重陽の節句のお菓子『菊の着せ綿』
{A14C5A3E-10C9-4A2A-B436-5BEB1F718062}

{703CDE86-F8EC-4E26-9D05-7104B5E49B7B}

今回は、秋の味覚・松茸とスペインワインという自分達的にもチャレンジな組み合わせでしたが、新潮流と言われている新しいスペインワインの造り手にかかると、こうもエレガントなワインになるんですね!

ここ数年前から『スペインワインが新しい!』という特集がワイン雑誌などで組まれていますが、松茸にも合わせられるとは  でした。
百聞は一見に如かず、ぜひお試しください。





この『松茸とワインと菊の宴』は

松茸専門店 赤坂・松葉屋
新潮流スペインワイン ワイナリー和泉屋
和文化プロデュース 和美塾


の三社合同企画で開催しました。
今後も和文化を取り入れたワイン会を企画しています。これからもぜひご覧ください

重陽の節句3

テーマ:
室礼(しつらい)が整い
『松茸とワインと菊の宴』スタートです❣️


前菜
秋の味覚満載

銀杏、栗ゴマ豆腐、黄金寿司(松茸寿司)
{CE29736D-6B1B-4096-BF3E-B14637CB73C5}
この前菜にはスパークリングワインを合わせて。
きめ細かい泡が、松茸や銀杏の秋の香りを鼻腔の奥まで立ちのぼらせます   





2品目   松茸の土瓶蒸し

{DBE77F3F-DD53-45E6-98B1-C0FBB6A297B9}

{E2DDCB05-749C-4863-8265-D4D0E8289297}
お出汁と松茸、焼いたネギの香りを消さないように、軽やかで余韻が短い白ワイン(チャレロ)を合わせて。
{E80B744D-2FBE-467A-9733-55FE179E2CDC}

『ワイナリー和泉屋』http://www.wizumiya.co.jp/item/10123.html





3品目  お造り
{B21EC0CE-2470-4923-A3B0-ADF07B41DB39}



大葉の下には凍らせた菊の花。
食べて美味しい、目にも美味しい
{DE1CD976-55AB-40A4-9B11-2540DFD374E5}






4品目  焼き松茸
{9E961F00-C944-4DC8-8AF7-598A7A21ECA7}
焼き松茸は香り、味ともに力強く、これに合わせたワインは、松茸の香りとぶつからない物で、先に飲んだチャレロより力強く余韻が続くゴデージョをチョイス。  
{D65D389D-AC48-4176-A0CC-B07BECDD1167}

http://www.wizumiya.co.jp/item/9969.html





メイン料理は
飛騨牛のローストビーフ
{9318C99C-5085-4266-A96F-E25A3B4085A6}


目の前で料理長が切り分けてくださいました。

{3CD15330-3AF2-4F26-BA51-81A54B5773A3}

このローストビーフは2色の食べ方で、

まずは、柚子胡椒
そして、松葉屋オリジナル ブラックペッパーソース。



それに合わせてワインも2種類

まずはエレガントなワイン、ガルナッチャで造られた『カントス・デル・ディアボロ』(左)



それとは対照的なしっかり力強いワインの『クアトロパゴス』(右)はテンプラリーニョ主体
{B159D7AF-DF54-42BA-AF8E-0E6D55F7ABFF}
左   http://www.wizumiya.co.jp/item/8560.html
右   http://www.wizumiya.co.jp/item/9489.html



〆にはやっぱり
松茸ごほん〜アップ

{CAD902A3-27B0-48DB-9A9E-F9C4BC99CE7D}


予定本数を上回る数が空きました❣️
{5F4F2A00-94DF-45F6-981E-8DD72AD988DC}
 
ワインとお料理のペアリングの相性の良さは、どちらも美味しく感じさせるチカラキラキラがあります。


今回十分な本数を用意していたにもかかわらず、予備ワインまで空いたのは、そのペアリングの相性の良かったんだと嬉しく思います爆笑アップシャンパン



お菓子まで手を抜きません
重陽の節句のお菓子『菊の着せ綿』
{A14C5A3E-10C9-4A2A-B436-5BEB1F718062}

{703CDE86-F8EC-4E26-9D05-7104B5E49B7B}

今回は、秋の味覚・松茸とスペインワインという自分達的にもチャレンジな組み合わせでしたが、新潮流と言われている新しいスペインワインの造り手にかかると、こうもエレガントなワインになるんですね!

ここ数年前から『スペインワインが新しい!』という特集がワイン雑誌などで組まれていますが、松茸にも合わせられるとは  でした。
百聞は一見に如かず、ぜひお試しください。





この『松茸とワインと菊の宴』は

松茸専門店 赤坂・松葉屋
新潮流スペインワイン ワイナリー和泉屋
和文化プロデュース 和美塾


の三社合同企画で開催しました。
今後も和文化を取り入れたワイン会を企画しています。これからもぜひご覧ください

重陽の節句2

テーマ:
重陽の節句イベント当日。
19時からの会ですが、私の準備は朝から始まっていましたてへぺろ


テーブルコーディネートですビックリマーク


まずは1番の難関  大きな花瓶への生け花
{116DC902-53A4-4132-9C87-F269F56841C9}

私、手ほどきは池坊のお免状(華督だったかな?)を持った大叔母様から受けましたが、
はっきりいって我流でございます



早い話が、大叔母様からのお小言が嫌で

「花なんて綺麗に生けられればいいんでしょ


と真面目に聞いていませんでした
そして今、きちんとやっておけば良かったと後悔


そんな訳で、枝が思うように曲がらん
と大枝と格闘し

{50C8C246-44BE-4838-8DA4-ADFAFE62F54C}

こんな感じに生け終わりました

ふぅ〜


予定外に時間がかかったので、
大慌てで、テーブルセット
{3802E892-5EE5-4D6F-B939-423BE85DAE8C}

おかげさまで満席です

{B10B8DE9-5ED4-47AF-ACEC-80784D430657}

{34453448-FF3F-4407-81FF-A807A0376A2B}

主役の松茸も飾って。お迎え花
{D5115F42-B675-4342-AF60-2EBDB3697310}

受付ではウエルカムドリンクの用意。

重陽の節句と言えば、『菊酒』

スパークリングワインに菊の花びらを4.5枚浮かべたモノを用意しました。 ほのかに菊の香りが香っていい感じ♪  



見た目も美しいのでお見せしたいのですが、写真が無くてスミマセン

でもホントにオススメです。
みなさまもぜひ白ワインお試しくださいね