2013年03月15日

オトナ婚ですわたしたち

テーマ:ブログ

こんにちは[みんな:01]

バタバタな日々は続いております。
明日は勤務している高校の卒業式なので、夕方から千葉に移動。

日曜日は講師の新人研修。
あっという間に日々が過ぎるな。

昨日は4月のイベントゲストの岡野あつこさんと打ち合わせをしたり、某都立高校の定時制の先生方と授業の打ち合わせをしたり。

高校での授業、実現するときにはまたお知らせします。

そんな中で、私のお引っ越しの準備は着々と進んでる。
来月には茨城県に移り住みます。

オトナ婚ですわたしたち!!
私もついにオトナ婚します!!

ってのは…ウソです[みんな:02]

ウソってわけではないんだけど、これは本の題名です。

結婚といっても婚姻するのか、同居するのかなどは人それぞれ。
私はどうしていきたいんだろうか?

そんなことを考えながらも、来月から自分が選んだ人と生活を共にすることに決めたのです。

でも不安はいっぱい。
他人と生活するってどんなに大変なことだろうか。

人間は、1人の人と長く愛し合って生活していけるのか、などモンモンと考える日々。

そんなタイミングで、いつもお世話になっている編集の方が新刊を出版されたんです。

その本が「オトナ婚ですわたしたち」大塚玲子著



これから結婚するかもしれない若い世代に是非、読んで欲しい本!とのことで早速読みました。

オトナ婚ってなんだ?と思いながら読み始めたら、面白すぎて通勤電車だけで全部読んでしまった[みんな:03]

作家の中村うさぎさん、漫画家のしばざきとしえさんなどの、パートナーとの関係なんて目から鱗!

こんなやり方ありなの?!って。

他にも一般の方の様々な結婚の実体験がいくつも載っていて、正直、私が考えていた結婚って狭い価値観だったんだなって思った。

そして、自分の甘さやズルさにも気づかされたかな。

結婚って相手に寄りかかることじゃないんだね。自立した2人の他人が支えあって努力して生活することなんだね。

わかっていたはずなのに、わかっていなかったんだと思う。

結婚っていう行為にもどこか幻想を抱いていたと思う。

婚姻届けを出し、結婚式を挙げ、新婚旅行に行くのが結婚で、その行為に憧れてるだけ。

それがすべて完了したら何も残らないのに。そこからが始まりなのにね。

そんなことを気付かされながらも、読んでいて気持ちがラクになる本だった。

結婚って色んな形があっていいんだ。
自分が一番、幸せと感じる方法をとればいいんだって。

この本は女性だけじゃなく、男性にも読んで欲しい本だ。
特に、自分のパートナーに読んで欲しい。

そういうことをきちんと話し合える関係が大切だと思うから。

早速、私のお相手にも貸すことしました。

感想が楽しみだ[みんな:04]

この本の感想はこちら から観覧できます[みんな:05]


この本はAmazon から購入できます[みんな:06]



再婚家庭で育った子供の気持ち



iPhoneからの投稿

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

NPO法人Wink理事長 新川明日菜さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。