竹谷とし子です。

 

日本の花き産業の振興策の調査のため、栗林のり子都議会議員、矢倉かつお参議院議員とともに、東京都世田谷区にある「ユー花園」を訪ね、山田大平社長に話を伺いました。

 

ユー花園は花きの小売りや仲卸業だけでなく、生花による祭壇モデルの開発やウェディングなどを通じ、花き需要を掘り起こし、市場のニーズに合った生産を促す事業も行われています。

 

 

 

 

山田社長から、花き産業の活性化に向けて「花きの全国出荷規格設定、生産者の後継者不足への対策が必要」等の、具体的なご指摘をいただきました。

 

冷蔵倉庫の中で、市場ニーズに合わせて形や大きさが揃った、草花の実物を拝見しながら、ご説明を受けました。

 

手にしている葉は、レザーファンです。

 

 

青いカーネーション。

 

 

今回調査した事を、日本の花き産業の振興に向け、生かしてまいりたいと思います。

 

山田社長と、地元世田谷区の栗林のり子都議会議員に、感謝申し上げます。