住宅困窮者の方のために

テーマ:

竹谷とし子です。

 

本日、参議院で新しい法律が可決・成立しました。「住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律の一部を改正する法律案」です。

 

(3月の予算委員会) 

 

増えている空家を活用して、住宅を確保することが困難な状況にある低所得のお年寄りや障がい者や子育て世帯などが、低い家賃負担で賃貸住宅に入居できるようにするため、法改正が行われました。

 

この法律と先月成立した平成29年度予算で、都道府県と市町村が、リフォームした空き家を住宅確保要配慮者に提供する仕組みをつくる場合に、国も財政支援できるようになります。

 

すでに検討を進めている自治体もあり、公明党の地方議員さんから細かな現場の課題を伺い、連携して動いています。

 

住むところがないのは本当に困ります。住宅にお困りの方の問題が解決するように、地方と国のネットワーク力で取り組んでまいります。