竹谷とし子メルマガ

竹谷とし子からのメッセージをメールにてお届けします。

メルマガに登録

twitter 最新のつぶやき

ツイッター発信しています。フォロー大歓迎です!

フォローする

    竹谷とし子の著作

    『心に太陽 笑顔で挑戦
    -わたしを変えた10の言葉』

    竹谷とし子ブログ-心に太陽 笑顔で挑戦--わたしを変えた10の言葉

    竹谷とし子公式サイトバナー

    1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
    2016年05月30日

    食品ロス・ゼロをめざして

    テーマ:ひとりごと
    こんにちは、竹谷とし子です。

    先日のブログで、まだ食べられるのに捨てられている「
    食品ロス」を削減に向けた党プロジェクトチーム(座長=竹谷)の提言を安倍首相あてに提出したことをご報告させて頂きましたが、先週、さらなる前進がありました。


    5月23日に、NHKでも中継された参院決算委員会で質問し、
    この「食品ロス」削減を取り上げました。


    そこではまず、「2020年の東京オリンピック・
    パラリンピックめざして、日本が世界の先進的モデルを示すべき」と、食品ロス削減に取り組む首相の決意を聞きました。



    首相は、党プロジェクトチームの提言について「
    有意義な提案を頂いた」と高く評価し、提言で訴えた削減の数値目標の設定も「検討していく」と自ら明言されました。


    この言葉は大変重いものです。


    目標設定のためには、
    まず現状把握のための詳細な調査が必要ですし、さらに目標を決めて達成するためには、国が前面に立って具体策を進める必要があるからです。

    また、
    コンビニやスーパーで賞味期限が迫った商品を多くの皆様に買って頂けるよう、消費者の背中を押す取り組みも農水大臣に求めました。大臣からは「しっかり取り組んでいく」との力強い答弁が得られました。

    さらに、
    未利用食品を必要な人や施設に届けるフードバンク事業を国として支援することも厚労大臣に促しました。その際、生活が困窮している人にとって、フードバンクから真心の食料が届けられることが大きな心の支えになることを訴えました。

    「食品ロス・ゼロ」に向けて、一歩でも前へ進められるよう、
    ますます元気に頑張ります!
    参議院議員 竹谷とし子さんの読者になろう

    ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

    読者になる
    2016年05月20日

    食品ロスゼロへ 一歩前進

    テーマ:ひとりごと
    竹谷とし子です。

    まだ食べられる食品が捨てられる「食品ロス」ゼロへ向けて、一歩前進のご報告です。

    私が座長を務める、公明党の食品削減プロジェクトチームは18日、「食品ロス」ゼロをめざす提言をとりまとめ、菅義偉官房長官に申し入れました。

    長官は、プロジェクトチームが視察や調査活動を重ね、現場の声を反映させた提言に、一つ一つ深くうなずき、食品ロスの現状にも驚きながら、「よく、わかりました」と深い理解を示されました。

    食品ロスゼロ申し入れ2


    提言の内容は、

    ★食品ロス削減を国民全体で進めるために目標を明確にし、担当大臣を決めて取り組む

    ★「食品ロス削減推進法」(仮称)の制定

    ★飲食店での食べ残しを減らすため、食べ切れる分量のメニューの充実や、ドギーバックを活用した持ち帰りの普及

    ★家庭での買い過ぎ、作り過ぎを抑制して食品を有効活用するための啓発や食育・環境教育の充実

    ★未利用食品を、必要とする人や施設に届ける「フードバンク事業」の支援

    など、具体策が中心です。


    本年はじめから、多くの皆様にご協力を頂きながら取り組んできた「食品ロス」削減の訴えは、私の1月の国会質問で安倍首相に届き、さらには、富山、新潟で開催された先進7か国G7環境大臣会議、農林水産大臣会議でも議題となり、7か国が連携して取り組む方針が確認されました。一歩ずつ前進してきていることを実感しています。

    2020年「東京オリンピック、パラリンピック」めざして、「世界の模範となる取り組み」を進めるため、全力投球して参ります。
    参議院議員 竹谷とし子さんの読者になろう

    ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

    読者になる
    2016年05月14日

    1000万を超す若者の声を政策へ

    テーマ:ワカモノ政策
    竹谷とし子です。

    今月11日、公明党青年委員会の代表が、ボイスアクション(VA)の結果を、安倍首相に直接、届けました。

    VA申し入れ


    VAは、全国の青年世代の皆さんが、「みんなの声をたくさん集めて、国に届け、もっと暮らしやすい日本にしていく」ために、直接会ったり、街頭やインターネットなどを通じて取り組んだ政策アンケートです。寄せていただいたお声は5カ月間でなんと1000万を超えました!

    VAでは、青年世代への意識調査の結果などを踏まえて、青年からの要望が大きい5つの政策を示し、最も賛同するものを選んでもらいました。その結果、特に回答が多かった政策は、

    「非正規雇用の待遇改善や最低賃金1000円(時給)」(25%)と、
    「不妊治療の公費助成や幼児教育の無償化」(25%)。

    次に、「無料の公衆無線LANの充実」「働き方・休み方改革」「婚活や新婚世帯の支援」でした。

    安倍首相も、公明党に寄せられた1000万を超える若者の声に、関心と共感を示し、さらなる取り組みを検討する、と約束していただきました。


    私も、青年局の方々と都内各地の街頭に立たせていただきました。
    真剣な顔で、5つの政策から1つを選んで、ボードに貼ってくださった1つ1つのシールに、政治への期待をひしひしと感じました。

    「1つじゃなくて全部やって欲しい」「保育士の待遇改善が最優先」など、若者世代の率直なお声も直接、伺うことができました。ありがとうございました。

    1000万を超す声を寄せてくださった皆さまの熱いご期待に応えるため、政策実現めざして、働いてまいります。
    参議院議員 竹谷とし子さんの読者になろう

    ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

    読者になる
    1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

    Ameba芸能人・有名人ブログ

    芸能ブログニュース

    ランキング

    • 総合
    • 新登場
    • 急上昇
    • トレンド

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み