今こそ政治の安定を!

テーマ:
竹谷とし子です。

勝利をめざして走る中、昨日24日、衝撃的なニュースが飛び込んできました。「英国のEU離脱決定」です。どのような影響を及ぼすのか、心配する声も上がっています。

そういう時だからこそ、私は、次の3つの観点で、今こそ“政治の安定”が必要だと訴えさせていただきます。

(1)混乱の政治は日本経済の沈没を招く

今後、政治に求められるのは、世界経済の動向を注視しながら、我が国への影響を最小限に抑えるため、短期・中長期の両面で、迅速かつ適切な手を打っていくことです。政治の混乱は、日本経済の沈没を招きかねません。

経済政策も消費税へのスタンスも、そしてめざす社会の姿もバラバラの民共勢力の拡大を許せば、政治の混乱につながり、経済再生は頓挫してしまう恐れがあります。こういう時だからこそ、安定政権が不可欠です。

(2)安定政権下だからこそ、雇用・賃金が着実に改善

自公連立政権は、3年前の参院選で衆参のねじれを解消し、安定した基盤を与えて頂いたことで、経済再生を着実に進め、成果を挙げることができました。

例えば、2015年度の高校生の就職率は24年ぶりの高水準。大学生の就職率も過去最高になりました。賃上げの動きも3年連続で広がりました。税収も、3年間で21兆円も増えました。

しかし、経済再生はまだ道半ばです。経済再生を加速するには、引き続き、政治の安定が不可欠なのです。


(3)地域、庶民に根ざした公明党がいるから、政治は安定

経済再生の加速へ大事なのが、その果実を地方や中小企業、家計に届けていくことです。そのためには、連立政権の中に公明党がいることが大切です。公明党には、「小さな声を聴く力」「生活実感に根差した政策実現力」があるからです。

例えば、返済不要の給付型奨学金について、当初は前向きではなかった政府を説得して、「創設」の方針を決定させたのは、公明党です。

地域、庶民に根ざした公明党が連立政権にいるからこそ、自民党だけではキャッチできない幅広い民意を政治に反映させることができ、政治の安定につながると訴えさせていただきたいのです。

さまざまな課題を乗り越えて、経済再生を成し遂げ、「支え合う温かな社会」を築くために、絶対に負けられません!最後の最後まで走り抜いてまいります。

竹谷とし子です。

公示日の本日、新宿区内の事務所前から、元気いっぱいスタートさせていただきました! 本当にありがとうございます。

遊説車


初当選以来1期6年間、行財政のムダを削り、その分を本当に必要な福祉や教育に優先的にお金を使えるようにしていく「日本の経営改革」に全力で取り組んできました。

かつて民主党政権は、事業仕分けを行いながら十分な成果を出せない上に、中小企業や弱い立場の人にしわ寄せがいく結果となりました。この教訓も踏まえ、まず取り組んだのが、会計士の視点で、国の会計書類をチェックすることでした。

すると、国が多額の必要のない借金をしていることを見つけました。国債整理基金という積立金のための借金です。緊急時などに備えて、7兆円も余分に積み立てておきながら、使われたことは一度もない。

そこで私は国会で、借金による積立金を取り崩した上で、「必要な時は日本銀行からお金を借りればいい」と主張。財務省と粘り強く協議を重ねた結果、2013年度に積立金を7兆円取り崩して借金を返済し、その分の利子の支払い 年700億円以上の削減を、“誰も困らせることなく”実現することができたのです。

また、ムダを見つけやすくする「見える化」にも取り組みました。例えば、全国の自治体に民間企業並みに透明性の高い複式簿記・発生主義会計を導入しました。国では、私の提案で、事業一つ一つについて、人件費なども含めたフルコストを「見える化」する取り組みも始まりました。

第一声


また、食べ物のムダ削減へ、まだ食べられるのに捨てられている「食品ロス」の削減にも挑戦します。

そして今、東京では待機児童と介護の問題が深刻です。私は待機児童ゼロ、介護の不安解消に向け、受け皿の拡大、施設と人材の確保、保育、介護職員の賃金アップなどに取り組みます。

また、首都直下地震や大規模水害に備え、被害を最小限に食い止める防災・減災対策を強化します。

今回の参院選、政治を安定させ、一つ一つの政策を力強く前に進め、希望をつくり出していくのか--。
それとも、野合だけの勢力に力を与え、混乱と混迷の社会に逆戻りするのか--。
正念場の戦いです。

だからこそ、断じて負けられません! どうか皆さまのお力で、竹谷とし子を押し上げていただきますよう、心からお願い申し上げます。18日間、全力で戦います!

いよいよ

テーマ:
竹谷とし子です。

いよいよ明日が公示日。

本日は、NHKと民放の政見放送録画をしていただきました。

勝利目指し、全力で戦います!