引越し準備(アメリカから日本へ)

テーマ:

まず、引越しというと引越し屋さんに見積もりを・・・となると思うのですが、ここシラキュースの場合は日系引越し屋さんが近くになく、ニューヨークシティーorボストンから来てもらうことになってしまうため、遠隔地料金だけですでに1000ドルちかくかかってしまい、相当量荷物がある場合でない限り引越し業者の方が高い&船便だから遅い、USPS(アメリカの郵便局)で送ったほうが安い&航空便だから早いという逆転現象が起きてしまいます。


(ニューヨークシティの方まで荷物を持込して送ってもらえば遠隔地料金はなくなるので、料金は抑えられますが、今回は赤ちゃんも居るのでそれはあきらめました。)


なので、今回は自分でダンボール購入&USPSで箱詰めできたところから発送という方法をとりました。


ちなみにダンボールはLOWE'SやHOME DEPOTなんかでMOVING BOXというくくりで売っています。(1箱1ドルちょっと)ただ、USPSなんかで売っている箱(3ドルちょっと)より強度が弱い割りに箱のサイズが大きいので、洋服なんかの多少乱暴に扱われても平気なものは良いですが、割れ物なんかは気をつけたほうが良いと思います。


さらに、色々料金を検索したところ、小さい重いものであればUSPSのフラットレートのBOXで送るとかなりお得になります。(インターナショナルの場合は重さ20lbまでですが、箱のサイズが小さいので本を満タン入れてもそこまでの重さにはなりませんでした。)Mサイズが45ドルくらいで、Lサイズが55ドルくらいです。

※フラットレートボックスは無料でUSPSサイトから発送してもらうことが出来ます。


なので重い小さいものは細かくフラットレートBOXに入れて送ることにしました。(あまり軽すぎるとまた逆転現象が起こるので、5lb以上くらいにしないと損します)


というわけで、通常の引越しとはちょっと違う方法ですが、家具がない場合はこの方が簡単で良いと思いました。


まだ発送途中なので、最終的にいくらくらいかかったかは後日アップしたいと思います。。


ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ    ←クリックお願いします




AD

コメント(6)