加圧ブログ-Core+パーソナルトレーナーの日記-

群馬県高崎市にある完全予約制パーソナルトレーニングジム。隠れ家的なプライベートジムを運営しています。ブログは日々の出来事・たまに加圧トレーニングのことなどを書いています。


テーマ:

3時のおやつと言えば・・・プロテインですね。

ハイ。

 

トレーニング後の必需品【プロテイン】について僕の考えを書いてみます。

 

初心者のかたが初めて【プロテイン】を買う時の参考になれば幸いです。

 

まず、【プロテイン】って何?

という人はいますかね?

 

日本語に変換すると【たんぱく質】って意味です。

 

『プロテインって筋肉増強剤なんでしょ? 』ってトンチンカンなことを言う人は絶滅したと思いますが、いちおう念のために言っておきます。

 

プロテインはただの【たんぱく質】ですからね。

 

プロテインと言っても原材料による違いがある

現在(2017年)ですと【ホエイプロテイン】が主流になっています。

ホエイ=乳清が原材料です。

特徴として、

身体への吸収が速い。

おいしい。

ダマになりづらく溶けやすい。

 

ホエイプロテインの前ですとカゼインプロテインがあって、その前ですとソイ(大豆)プロテインが主流でした。

 

プロテイン=まずい

 

この図式が出来上がったのが、ソイプロテインが主流だった頃です。

20年ぐらい前までは市場に出ているプロテインはほぼ全てソイプロテインでしたので、この頃にプロテインを飲んだ人は『プロテイン=まずい』のイメージがあるのではないですかね。

 

他にもタマゴが原材料のエッグプロテイン、牛肉が原材料のビーフプロテインがあります。(日本では流通数の少なさからエッグプロテインとビーフプロテインを手に入れるのは難しいと思います。僕もまだ飲んだことがありません)

 

整理するとプロテインは

ホエイプロテイン

カゼインプロテイン

ソイプロテイン

エッグプロテイン

ビーフプロテイン

こんな感じで原材料によって分類されています。

※僕が知らないだけで他にもあるかもしれませんけど。

 

おすすめプロテインは

ズバリいうとホエイプロテインでしょう。

ホエイプロテインを選んでおけば間違いないかと思います。

 

理由は何よりもまず【おいしい】から。

 

不味いプロテインを無理して飲んでも続きませんからね。

 

ダイエット用にソイ(大豆)プロテインを推しているメーカーとかもありますけど、ホエイプロテインで良いです。

 

ホエイプロテインのおすすめは?

さて、ホエイプロテインと言っても各メーカーから何種類も出ていますので、どれがいいのかまだ迷うと思います。

 

おすすめホエイプロテインを簡単に見つける方法は裏の【成分表】を見てください。

 

プロテインの含有量が80~85%ぐらいのものを選ぶと間違いがないと思います。

80~85%のものが味とのバランスが一番取れていると思います。

 

たまに60%ぐらいしかプロテインが入っていない商品がありますけど、炭水化物が多めに入っていますので注意してください。

たしかに味はかなり美味しいですけどたんぱく質が少なすぎます。

 

逆に90%以上のものは味が落ちますので結局飲まなくなりますのでこれも避けてください。これはプロ用と思いましょう。

 

精製方法による違い

ホエイプロテインでプロテイン含有量が80~85%のもの。

 

これがおすすめプロテインになりますが、更に突き詰めるとホエイプロテインを精製する方法が大きく分類すると3種類あります。

 

Wikipediaに書かれたものが分かりやすいため以下抜粋させていただきました。

  • ホエイプロテインコンセントレート(WPC)
    ホエイプロテインの中では一番安価で、免疫をサポートする天然のタンパク質分画が含まれているが、ホエイプロテイン中でラクトース(乳糖)が一番多く含まれている。
    このため乳糖不耐症などの人は、WPC大量摂取をした際に消化・吸収しきれず下痢になる可能性もある。
  • ホエイプロテインアイソレート(WPI)
    WPCより高価だが、gあたりのたんぱく質含有量がWPCより多く、炭水化物が少ない。
    精製方式により、クロスフローマイクロフィルトレーション(CFM)とイオン交換法がある。CFMの方がラクトフェリン等が残存しやすい。
  • 加水分解ホエイペプチド(WPH)
    ホエイプロテインの中で一番精製されているため、gあたりのたんぱく質含有量がホエイプロテインの中で最も多い。ただし、ホエイプロテインの中では一番高価。WPCより溶かすのが容易

ここまでWikipediaから抜粋。

 

おすすめはWPI方式のプロテインです。

CFMとかの記載があるものはWPIのプロテインなので安価なWPCのものよりたんぱく質が良質です。

WPH方式はWPIに比べて味が落ちるかもしれませんので、当たり外れがあると思います。

とりあえず、これはプロ用として扱いましょう。

 

まとめ

ズバリおすすめはこれです↓

 

ホエイプロテインでたんぱく質含有量が80~85%のもの。

精製方法がWPI方式(イオン交換法かCFM法)

 

フレーバーは好みのでOKです。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Core+パーソナルトレーニングジム代表トレーナー須藤敬さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「サプリメント」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。