吉日戦車

劇団鹿殺しの高橋戦車のブログです。

主に食に重点を置いて、高橋戦車の日常を発信します。

           劇団鹿殺し【東京・演劇】OFFICIAL WEB SITE

テーマ:
つづき。

目の前に現れたのは、真っ黒なラーメン。
生まれて初めて、「これ、間違いですよね?」と店主に言いそうになりました。
とにかく、黒いんです。
スープも、メンマも、卵も。
こがし醤油ラーメンとか、そういう意味で黒いラーメンはおれも食べたことがあります。
でも、これは違うんです。
事故なんです。事故の黒さなんです。
とにかく、食べていいのかどうかわからないので、分析しました。


スープ。
澄んだ黄金色のスープとは真逆。
ドブ。頑張ってほめるなら、ドブの輝き。
よーく見ると、黒い何かが浮いてます。
海藻っぽい、海苔っぽいような…
この正体は、最後までわかりませんでした。


メンマ。
永遠ともいえる時間、何かに漬け込まれていたのでしょう。
とにかく黒かったです。
そして味は別に深みもなく、むしろちょっと甘い。
この店主は、吉野屋とかに一度行ってもらいたいですね。
吉野屋の店員さんの紅ショウガ交換に対する意識の高さ!!
この店のメンマにぜひ反映してほしいです!!
漬け込めばいいってもんじゃないよ!!


卵。
久しぶりにラーメンで「完熟」を見ました。
非の打ち所がない、完熟卵。黄身、カッチカチ。
そして、これも何かがしみこみすぎて、外側は真っ黒。


とにかくこれを「食べなければいけない」ので、
どうすればいいか必死に考えました。
そして、店内にあった「ゴルゴ13」に目をつけました。
ここで私は、「ゴルゴ13のストーリーにめちゃくちゃ集中して、
極力味覚を鈍らせて食べる」、という手段に出ました。
ドューク東郷の仕事ぶり、世界情勢、金融危機、
そのストーリーの全てに神経をはりめぐらせて、
自分が今何を食べているかを必死に忘れました。
こんな経験、初めてです。
そして、カレー。もはやカレーが可愛かったです。
チンでもなんでもいいいです。黒くないだけで、君は合格です。


この思い、ちゃんとブログに留めておいて、
今後の糧にしたいと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
つづき。

とりあえずラーメンが食べたかったので、
ラーメンにしようと思ったら
本日のオススメが「ラーメン+半カレーライス/780円」と書かれていました。
よし。ラーメンもカレーも、はずれはないだろう。
その見込みで注文し、とりあえず待つこと15分…

店主を注目すると、色々気になる動きがでてきました。

まず、冷蔵庫。
「カレーね、あいよー」と確認すると
おもむろに冷蔵庫からタッパーを取り出したのです。
半透明のタッパー。中身は、茶色。
え?それ、おれが今から食べるカレーですか?
冷蔵してたの、あっためるのかな?
富士そばのカレーでも、チンしてはいどーぞ、ってことはしないぞ??
でも、そのタッパーの中身はご機嫌に温められていきました。

次に、中華鍋。
ひたすら炒める音がするのです。
何度も何度も。
え?おれが頼んだの、カレーとラーメンだよね?
野菜炒めとかじゃないよね?
それでも、止むことがない、ジャッ!ジャッジャッ!という
決してリズミカルではない中華鍋の音。

店主「お待たせしましたー!」

そのときが来ました。

>つづく
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
お久しぶりです、戦車です。
痔の話を書いてぶりの、ブログです。
ちなみに、痔の手術は結局受けていないです。
なので、いまだに「ケツの穴の小さい男」を地で行く毎日です。

すごい久しぶりのブログ。
どうしても書き留めておかなければいけない衝動に駆られ、
キーボードをバシバシたたいています。
同期の卒業?15周年記念公演?
どれもこれも書くべき内容が沢山あるのですが、今はこれです。

ラーメン。

いや、ラーメンが最重要事項というわけではなく、
今、この瞬間に、この思いを言葉にしたかったのです。
聞いてください。



事務所ではいつもコンビニ弁当だったので、
今日はちょっと外で食べたい気分になり、外出しました。
歩いて5分の「中華屋 D」。
いかにもご近所にある感じの中華屋さん。
中に入ると、おっさんがステテコ姿で塩焼きそばらしきものを食べていました。

おっさん「おい、お客さんだよ!」

そうです、私はお客さんです。
自分の身分は百も承知です。
なんでおれのこと見ながらこんなこと言うんだろうと思ったら、
その声に呼応して奥から店主が出てきました。
この間、明らかにホールっぽい女性もカウンターにいたのですが
2時間ドラマがよっぽどいいところだったのか、
TVから全く視線を外すことなく、存在感を限りなくゼロに近づけていました。

勿論、この時点で悪い予感はしていました。
でも、「まぁ、ラーメンではずれはないだろう」という読みと
「案外こういうお店で味は抜群だったりするかも」という読みとで
結構気楽な感じでした。
ただ、今更ですが…このとき気づくべきでした。
門人から「見込み甘男(みこみ・あまお)」という芸名を付けられた、
自分の見込みの甘さを…

>つづく
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。