体験授業は右上のメニュー「★体験 申込み」から「問い合わせフォーム」または「LINE@」へお進み下さい(電話での受付けはしておりません)。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年08月30日(火)

体育祭など

テーマ:日常
昨日は男子は3.6km、女子は3km走る行事(?)がとある高校であり、一部の生徒は授業を受けるのが少し辛そうでした。

また今週の金曜は北嶺が体育祭。台風の前後に屋外での行事が続きますが、塾での授業は普通にあります。
2016年08月29日(月)

効果の薄い英語教育

テーマ:英語
2020年度から英語に関し「小学3年生からの必修化」、「小学5年生からの教科化」が始まります。これ程の低学年から始めるとなれば、中身は実質「リトミック」や「ロンパールーム」と大差ありません。

ただしどうしても早期教育をしたいなら、ネイティブによる会話練習の方が意味はあります。国文法ですらやっと中学生からなので、英文法も小学生では無理です。
2016年08月28日(日)

体力

テーマ:日常
塾前が賑やかだったので、よく見ると北海道マラソンのコースになっていました。


今日は晴天で良かったです。受験生は血行が悪くならないよう、適度に体を動かして下さい(別にマラソンまでしなくてもいいですが)。
2016年08月26日(金)

27期化学:進度変更

テーマ:化学
前回定期テスト範囲が酸化還元までだったため、次は電池か結晶格子のどちらだろうかと迷っていたのですが、学校は電池に入るとのことなので次回からそちらに変更します。当塾の一斉授業のクラスは学校に合わせ柔軟に進度を変更するクラスもありますので(学年が上がるにつれ「カリキュラム優先」の受験対策が徐々に増えます)。

次回の定期テストまであと一カ月。鉛蓄電池まで十分に解説、演習できます。
2016年08月25日(木)

旭川医大説明会

テーマ:日常
来週の水曜は、北高で旭川医大から人が来て大学の説明会を実施するとのこと。道東出身者には結構楽な推薦」が人気ですが、それだけでは理想から程遠い。

国立なので、全国から優秀生が来てくれれば一番良いのでしょうけど。なお、厚生省は医学科の合格者数をこの数十年で大幅に増やしたので、最近は医学科に入るのはかなり楽になりました。以前から比べれば、という意味ですが。
2016年08月23日(火)

利発になれと言われても

テーマ:日常
生徒でなくとも言われて困るのが「利発になれ」という言葉です。短期間で改善は無理なため、時間とノウハウで補うしかありません。

ただし制限時間が何故あるかといえば「時間さえあれば解ける」という生徒を不合格にするためです。選抜する側からすれば、同じ問題を短時間で解ける生徒の方が欲しいので。

日頃から質で手抜きをし時間数でどうにかつじつまを合わせる人は、本番でちょっと高級な問題に遭遇すると、まったく手が出ません。定期テストレベルとは無関係なのですから。

2016年08月22日(月)

北嶺27期化学

テーマ:化学
学校はまだ化学の授業が始まっていないとのことでしたが、教科書を順に進め「結晶格子」の予習に入りました。

この時期から物理化学を始めておけば高2で受けるマーク模試の準備になります。

2016年08月20日(土)

信頼性と成績

テーマ:日常
悪天候でもないのにJR北海道は相変わらず札幌近郊で今日も遅延、運休を続発。やれやれ。信頼性が低すぎます。この構造は成績が上がらない生徒と同じ。基礎体力が無いため本業を休みすぎています。

これが首都圏の私鉄なら「東京近郊の運輸を担う」使命感があるためか、ぎりぎりまで運行する誇りを持っているのですが。


都会と地方との違いは多数ありますが、その一つは目の前のことを簡単に先送りにするか、その時ギリギリまで努力するか、です。
生徒の中には「後で成績が上がったらもっと勉強したい」などと言う人がいます。そのような生徒で後で本当に成績が上がった人を私は1人も見たことがありません。

2016年08月18日(木)

始業式

テーマ:日常
今日、明日と私立、公立高校の始業式です。

高3は、余裕がある人は第一志望校の合格率を上げる事が、余裕が無い人は第一志望を今後も維持できるかが大事です。

これまで蓄積してきた成果を発揮すれば十分です。ただし蓄積せずに「片っ端から忘れてしまう」人は、まず勉強法から再考する必要があります。

2016年08月17日(水)

成績向上には精緻さが要る

テーマ:成績を上げるコツ
成績上位層には「物差しの目盛をその時の必要性に応じて伸縮させる能力」が求められます。言い方を変えれば、何でも一緒くたにしない、精緻さを持つ、ということです。

これが無いと、例えば今日のように台風が道東地方のさらに東側を通るから「札幌市が無駄な避難準備情報を出す」事になります。直線距離で言えば、台風が東京を直撃したから名古屋市が避難準備警報を出すようなものです。

私は実は、自治体の出す緊急速報メールを受け取らないよう携帯端末を設定しています。自治体の警報の出し方があまりにも粗雑過ぎ単なる証拠作りレベルのため役に立たないからです。

もちろん生徒の安全のこともあり休講にするしないの判断は必要です。それはTVニュース、天気予報や天気図を参考にし、多角的に決めます。判断を自治体に丸投げはしていません(しつこいようですが、精度が下がるためです)。

自信、土地勘、経験がある分野については生の情報を見て自分で判断する方が正確です。得意分野とはそういうことです。

受験勉強で「得意科目を作りたい」人は、上記を参考に自分で判断するアタマを鍛えていくのが近道です。重要なことについては「雑な判断」に対し嫌な感覚を持って下さい。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>