晴ーレー時々・・・

バイクツーリングのことをメインに綴って行きます。


テーマ:
2017年2月12日

今まで2回鉄塔コースへ行きましたが、毎回同じところでこけます。
それもだんだんと派手になってくるような・・・・汗2
今回は、とうとう斜面を5メートルくらい落ちましたなく
これが今回のすべての始まりだったみたいです泣き1

今回は、にっーし君のお知り合い3名の方の参戦です。
皆さん2スト
2ストバイクは良い音しますよね。
皆さんも、元気があっていいですパーーーンチ!
先ずは夏山コースの男坂へ
写真では伝わりませんが、結構な斜度です。
助走区間もほとんどないので私は眺めておわりえへへ…
にっし―君は果敢にチャレンジ、で、いきなり成功
安心してか、上りきってこけました顔
キンギョさんも当然成功ぱちぱち、さすがです。
何時ものレーサーの方たちは余裕です、次元が違いますね。

男坂のヒルクライムは次回(いつになるのやら)のお楽しみにとっておいて、いつもの鉄塔コースへ

順調にノンストップで行けば10分で着くらしいですが、私には到底無理無理
ま、今回も前回同様30分は見ておきましょう。
しかし、冒頭で書いたように、なんでもないキャンバーで谷側に引き込まれるように滑落
笑いエヘへ、否、涙泣以外の何も出ません。
後ろをついてきた、ヤングマンもここでSTOPしたときに立ちごけしたらしく、滑落わぉ
私のは引き揚げるのが大変(5メートルくらい落ちたかな)なので、そのまま斜面を引きずり降ろし、沢のコース上へ移動、ヤングマンはロープをくくりつけ人力での引き上げ。

鉄塔コースの最大関門の坂です(私の最大関門は落ちたキャンバーのところですが・・・)
切り株と木の間を抜けるのが一番無難(楽)なコースなのですが、どうしても木にぶつかるとの思いから思いっきりアクセルを開けられず、アクセルを緩めた途端に斜度と根っこでエンコします。
今回は2度目で無事クリア
お次はヤングマン、
期待に応えてバイクがバク宙、おまけに2度も

鉄塔に到着です。

あとは戻って何時ものところで昼としましょうということなのですが、ヤングマンたちは沢コースにもいきたいということで、前回と同様沢コースへ。
ヤングマンたちの果敢なチャレンジ精神に感服します。

沢に行く前に、斜面を降りなければなりません。
コースは2つ
深い轍のトラバースコースか、沢へ一直線のコースか
今回は、一直線のコースを選択
これが悲劇泣くの第二章
路面が固くブレーキが全く利かない
おまけに斜面、中ほどに切り株がある
皆さんご期待のとおり転倒しました転ぶ
この時、足をぶつけたみたいで痛いったらありゃしない。
沢は前回より走行しやすくなってました。
ここに来たら最後の難関、尾根まで登って行かなければなりません。
前回はクラッチ焼き切ったので、今回はギアを何回も確認し、一気に登る・・・・
はずだったのですが、捲れてしまいました。それも2回も
ヤングマンの捲れを笑った罰が当たった汗2
それでも、にっしー君にアドバイスをもらいながら何とか登頂成功
ここで、レーサーの方たちとしばし談笑しながら後続を待ちます。
しかし、いつまでたってもヤングマンたちは来ません。
やはり彼らには、ここは一番の難所だったかも。
みんなで押したり、ひっぱたりで坂の途中でグロッキー休憩中
その後気力を振り絞り、キンギョさんの代走などで何とか3台無事登頂成功

皆さん、精根尽きたようでぐったりです。
私は、足が痛くて、撮影班に徹してましたえへへ…

今回は(も)、にっし―君やキンギョさんはじめ皆さんに助けられて何とか無事生還できました。

このコースへ、このブログを見ている数少ない方たちをご案内しようと考えていたのですが、ヘタレでテクニックのない私が案内できるほどの場所ではないとつくづく感じました。
コース自体はそれほど難しいとは思わないのですが、ちょっとしたところでスタックしたり引っかかったりするときがあります。自分が難なくクリアできればヘルプに向かえますが、今回のように自分がヘルプしてもらわないと進めない場面に遭遇した場合、案内人としてどうなのよですよね。それも1度ならまだしも2度、3度いやそれ以上かもとなると・・・
案内されている方たちもいやになっちゃうと思うんですよね。
なので、このコースへの案内はもう少し考えさせてください。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。