2005-08-14 00:19:55

女王の教室。第7話。

テーマ:ひとりゴト

女王の教室 第7話


阿久津真矢の正体?が少しずつ現れてきました。


実はいい先生なのかな~。子どものためにあのような仕打ちをしているような感じがします。短絡的ですかね。


ドラマだから、「こんなことおきねぇだろ!!」

みたいなところは多々ありますが、それを考えたら仕方ないですよね。ドラマなんだから。


後半でえりかちゃんが学校に向うシーンで全員揃ったのには、ちょっと恥ずかしくなってしまいました。

感動のシーンなんですけど、あからさますぎて恥ずかしくなってしまったのです。


僕が恥ずかしくなるのもおかしいですけど。。。


今回も名言がありました。このドラマところどころに名セリフがあるんです。


阿久津真矢先生

このお方、いいこというんですよ。 

 

「真矢が、追い詰められてカッターできりかかるえりかちゃんを静止させた後。」

嫌なことがあったら、すぐに

親が悪い

教師が悪い

友達が悪い

人のせいにして・・・

いい加減目覚めなさい!!そんなことでは自分だけではなにもできない

思考停止人間になるだけよ

 


天海祐希いい演技しますよ~。僕がこんな風にいうのもおかしいですけどw

 

女王先生役は、まじではまり役だと思います。


そろそろ最終話に向けて、新たな展開が起きるころですね。


はたして阿久津真矢の本当の姿は!?どんな教師なのだろ~?




AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-08-13 22:31:42

鋼の…

テーマ:映画
『鋼の…』
ときたら、マスタング大佐を思いだしますね。

マスタング?はて。
知らない人には突然なんのことやらって感じですよね。

やっと見て来たのですよ。

鋼の錬金術師~シャンバラを征くもの~

念願かなったとゆうところです。興味ない人も多いと思いますが、そういう声は虫無視ですね。

それにしても、ハガレンは意外と大人のファンも多いんですよね。
僕は一人で見て来たのですが…(23にもなって週末にアニメ映画一人でみたさびしい男なのです。まぁいいですよね。)
…劇場内の年齢層は、僕の年よりも上でした。子ども連れの方も何組かいましたが、割と僕と同年代かそれ以上の人が多いようにみられました。
子供以外でもアニメ好きな人ってけっこういるんですよね。
幅広い年齢にウケるとゆうのは、それだけ作品に力があるとゆうことですよね。

アニメと映画両方をみると、映画の内容から繋がっている部分が多く、とゆうよりアニメ見てないと楽しめない!これまじです。いいきるのはおかしいかもしれないですが、見れば分かりますよ。
僕は、アニメを全部見たこともなくて、原作もちょこちょこ。深夜放送とTVCMにうまいこと乗せられて、はまってしまった者です。ですから、劇場に行く前にDVDレンタルして予習しました。とっても暇人なのですよ。
いや~、予習しておいてよかったです。じゃなきゃ何の話をしているのかさっぱりでした。まぁアニメや原作見ないでいく人も少ないでしょうが。

アニメと映画を続けてみて、明らかにこの映画の構想を踏まえてアニメ放送が終了しているのが分かります。細かい内容は見てからのお楽しみとゆうことで。。一体どの辺りの段階で映画化まで決まっていたのだろう?アニメ放送の当初からだったり…
原作では、アニメや映画とはまた違うエンディングを迎えるそうです。原作者の荒川ひろしさんが、楽しみにしておいてくださいとメッセージを残していました。ネット上で。
原作の方もすでに最後まで構想が練られているそうです。すごいですよ、ほんと。

一人で見たけれど、映画内容がよかったので最高でした。
いつもみたい映画を見に行く相手がいるとは限らないので、一人で行くのもいいものですね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-08-12 01:24:53

笑った!

テーマ:ひとりゴト

M-1グランプリ2005


今年もやってきました。先日記者会見もしていましたね。(たしか8月1日あたりに・・・)


9月の頭頃から、予選がスタートするようです。今年は何組の芸人さんたちがエントリーするのでしょう。どんな顔ぶれが決勝の舞台に上がるのか気になります。

2004年の大会では、2600組もの芸人さんがしのぎを削りました。未だにお笑いブームが去る気配がないところをみると、今年はそれ以上の数の芸人さんが争うのでしょう。おそらくは。


その数字だけみると、僕らがTVでみるような芸人さんは、本の一握りのエリート?ということになります。僕が知っている若手(M-1出場できる芸人、結成10年以内)を絞りだしても20組くらいがせいぜいです。

大したものなのだな~と感心してしまいます。


今日は、2004年のM-1グランプリのDVDをレンタルしてみていました。

この年は、ダントツにアンタッチャブルがおもしろかったです。決勝ラウンドのしずちゃんのサイも最高だったけど。


いつものことながら、芸人さんって頭いいなぁと感心してしまいました。(みんながみんなではないですが。)

意図的に人を笑わせるのって、賢くないとなかなかできることではないですね。


笑うのが健康に良いらしいですし、こうした芸人さんの活躍が続いてほしいものです。


いつかは去ってしまうのかな、お笑いブーム。。。


アール・アンド・シー
M-1グランプリ2004完全版
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-08-09 15:27:35

ロックンロールミシン

テーマ:小説
鈴木 清剛
ロックンロールミシン

賢司は入社二年目の“リーマン”。仕事は順調、彼女もいるのに、なんだか冴えない毎日。そんな時、高校の同級生・凌一がインディーズブランドを旗揚げした。気の合う仲間と作りたいものを作るそんないい加減なことでいいのかよ!? そのくせ、足は彼らの仕事場に向かい、曖昧な会社生活をリセット、本格的に手伝うようになるのだが……。ミシンのリズムで刻む8ビートの三島賞受賞作!

Amazonレビュー より


GO行定勲監督によって、映画化もされている。

7年ほど前の作品になるが、洋服やそのデザインがテーマになっているのはめずらしいと思う。

もの創りが好きな人には、共感を得るような視点もあるだろう。

物を作るということが、その人にとってどんな意味や目的を持つのか。僕はどうなのだろうか・・・

そんなことを少し考えた。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-08-07 15:39:27

やくみつるって・・・

テーマ:ひとりゴト

以前から気になっていた人物に「やくみつる」がいる。


たくさんの連載を抱える売れっ子の漫画家でもあり、毎日といってもいいほどTVにも出演しているコメンテーターとしの顔もおなじみだ。


生涯学習のユーキャン


ここのサイトでは、コンテンツの中に学びインタビューと題して、各界の著名人のインタビューを取材しているものがある。各界で活躍しているその人からの学びについて触れられるコーナーだ。


現在サイトに掲載されている第56回の学びインタビュー「やくみつる」だった。


気になっていた人でもあったし、読み応えのある記事だったと思う。


あれほど売れっ子の漫画家でコメンテーターでもあるやくみつるは、インターネットを一切使わないそうだ。仕事柄、必要とされる知識をどこから仕入れてくるのか不思議でもある。


みんなしていそうなこと(ネットで検索とか・・)とは違うアプローチをするからこそ、今の地位があるのかもしれない。


インターネットは生活に欠かせない。


なんて思っている僕は頭がカチカチになっている証拠だろうな。


勉強にしろ、仕事にしろ、なにをするにもやり方はひとそれぞれ。

とは思いながらも、時代の先駆者や著名人の考え方、手法はとても参考になる。


やくみつるのインタビューに興味のある人は、リンクを辿ってみるべし!!


生涯学習のユーキャン


いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2005-08-06 17:28:50

キャッツ!!にゃ~ぉ

テーマ:小説以外の本
CATS みてきました!
劇団四季 の作品は、今回で2回目。

初めて見たのはライオンキング でした。


ライオンキングCATS も、クオリティの高さに驚きました。


今までミュージカルというものを見たことがなかった僕にとって、はじめて鑑賞したのが劇団四季ライオンキング というのは幸運なことだと思います。


それほど、僕に与えた衝撃が大きかった。


本を読んでも、映画をみても、鳥肌がたつということが毎回あるわけではないのに、劇団四季の作品では出鼻から鳥肌だらけ。


鳥肌だらけっておかしいかな?


でも鳥肌がたつことが何度もありました。


全身で感じるのです。感じさせられたともいえます。


ビリビリビリビリ。

下半身まで鳥肌がたちました。


劇団四季の作品は、同じものを何度も見る人がいるようですが、それもうなずけます。


その人気ぶりは、CATSが6000回以上も講演していることからも窺えます。


ライオンキングは日本演劇史上初の無期限ロングランを続けています。東京公演では2002年4月に観劇者数が100万人を突破したそうです。 

定番中の定番ですが、まだみてない人も多いのではないでしょうか。

 

席次第で映画をみる6倍程度の値段になりますが、受ける衝撃はそれをはるかに上回りました。

 

次にみるときは、最前列のいい席でみてみたいです。

 

最前列のS席は、数ヶ月先も空きがない人気ぶりなんですよね~。

 

以下は劇団四季関連の書籍です。参考までに。


浅利 慶太
時の光のなかで 劇団四季主宰者の戦後史
安倍 寧
劇団四季 MUSICALS―浅利慶太とロイド=ウェバー
松崎 哲久
劇団四季と浅利慶太
安倍 寧
VIVA!劇団四季ミュージカル
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005-08-05 02:30:29

話し方の重要性。

テーマ:小説以外の本
高井 伸夫
3分以内に話はまとめなさい―できる人と思われるために

話し方の重要性から、その手法まで平易に書かれている。

著者の高井伸夫は、日本でもっともうれっ子の労働問題弁護士。


小学生の時を思い出した。

僕の学校では、毎週月曜になると朝の朝礼があった。校庭で。

毎度のことながら辛い時間のはじまりだ。

朝っぱらからこれから活動はじめようとする脳みそに対して、なにかを話かけても、簡単に目覚めさせることはできないだろう。

それにもまして、校長の長い話は苦痛いがいの何者でもなかった。

立った状態で足が痛い。朝だし眠い。話はつまらない。

この三重苦に悩まされた。


たまたま校長先生の話を思い出したが、あの頃を振り返ると校長の話で印象に残っているものはなく、唯一話が長くて朝礼は苦痛だった、ということが思い出される。


これは、僕自身の問題もあったであろうし(聞く側として)、校長先生(話す側)にも問題があったと思う。


ただ校長先生が、この本に書かれているようなことを意識して朝の挨拶をしてくれていたならば、長くてつまらない印象の朝礼が、一味違ったものであったかもしれない。


だって、話長すぎだったから。


僕の小学校の校長だけだったのかな。。。


変化が激しい現代、仕事に追われ時間がなくなる。

3分以内に話しをまとめる。会話の無駄を省く。

話し方に留意して、時間の短縮に勤めるのも必要なことだと思う。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-08-03 19:26:09

オーシャンズ12を見て得たこと。

テーマ:映画
ワーナー・ホーム・ビデオ
オーシャンズ 12

最近レンタルしてみたビデオを振り返ってみようと思う。


以前にテレビで11をやっていたのが面白かったので、なんとなくみたいと思っていた。


う~ん、しかし・・・


以前に11をみたときもそうだったのだけれど、テレビでみる前にDVDをレンタルしてみていた。


その時も、う~んと首を傾げてしまうような感想しか残らなかった。


それから数ヶ月後に、たまたまテレビで放送されていたのをみたら、レンタルしていたときよりも面白く感じたのだ。


そして、今回の12を楽しみにしていたわけだが・・・


う~ん、いまいち。


今回もこのあとに放送(されるかな?)されるであろう、テレビ放送をみれば、感想が変わるのだろうか?


11のTV放送は面白かった。

11をみたときのシチュエーションの違いはなんだったのだろう。


日本語吹き替え?


鑑賞する環境?


間にCMが入る?


以前みた時はつまらなかったのに、2度目は楽しかった。


こんな経験ありません?

つまらないものをまたみる機会はなかなかないと思うが。


シチュエーション、環境次第で感想は大きく変わるのだなー、と映画の内容とは全く別の感想であった。


そうそう、体調も大きく影響しますね。


どんなに楽しい映画、大好きな俳優が出演している作品を見ていても、強烈な尿意には勝てなかったりする。


僕からのアドバイスは、映画前の水分はほどほどに。

飲酒は控えるべき。


一体なんの話だがわからなくなってきたが、オーシャンズ12をみて得たことは、映画はシチュエーションやら環境、体調次第で感想に影響を与える、ということだった。


当たり前といえば、当たり前だ。





いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-08-02 22:21:57

花火!!

テーマ:ひとりゴト

昨日は、神奈川新聞花火大会でした!!


ちゃんとした花火を見るのは今年はじめてです。


ちゃんとしてない花火をいれたら、今年で4回目の花火になります。


ちゃんとしてないといっても、手持ち花火とかじゃないですよ。


ap bank fesの帰りに見えた遠方の花火(1回目)


江ノ島から見えた遠方の花火(2回目)

自宅から見えた遠方の花火(3回目)

そして、今回の神奈川新聞花火大会の花火(4回目)


上の3回は、音が聞こえないくらいの大きさでした。とてつもなく神経を集中させれば、音を拾えたかもしれませんが・・・


とゆうことで、ちゃんとしてない花火をいれて、4回目の花火見物でした。(花火の出来が悪いとかそういう批評でも、職人さんを馬鹿にした中傷でもないです)


デジカメで撮影したのですが、シャッターのタイムラグもあり、もちろん性能の問題もあり、それ以上に撮影スキルの大問題があって、キレイに花火をとることができませんでした。がっくり・・・


しかもこれらを撮るために何回も撮影したんですから。


連写、連写、

そんなに撮るなら、ゆっくり花火をみろよ!

というくらいに撮影した気がします。


カメラが趣味とかでもないくせに。。。


しっかりしてそうな(素人なので)機材をもって、花火撮影に勤しんでいる人もたくさんしました。


一方では、ちょっと古くて最近機嫌の悪いデジカメで撮影している僕。



後で撮影回数をみたら80枚も撮っていました。


そのわりにこんな写真しかとれないなんて・・・


お恥ずかしい。



お決まりのことですが、花火大会の帰りは、人生でもトップ10に入るではないだろうかとゆう人口密度を味わってきました。


味わう?っておかしいか。


あの帰り際の混雑も楽しむことができれば、さらに楽しい花火大会ですね。


花火の美しさの余韻をかき消すには、十分な混雑だったのです。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2005-08-01 00:05:16

2ちゃんねる用語、知ってますか?!

テーマ:雑誌

ダカーポ 565号 

最高の文庫本/大「朝日」が沈む日

「萌え」の流行で、2ちゃんねるの用語が身近になったような気がする。

特に僕は、2ちゃんねるをみることがあまりなかったので、そのような言葉があること自体をあとから知った。

顔文字をはじめ、2ちゃんねる発進の言葉、用語がかなりあるようだ。

ブログを書いているくせに、あまりその辺の事情を知らない。知らなくてもいいとは思うけど。

でも、たまに他のブログを見ていて、なにをいっているのかわからない時がある。まぁそんな時は稀だけど。

このマークはなにをあらわしているのだろうと、首を傾げることがある。

うーん、おっさんに近づいたのかな~。

と、流行(?)についていけない自分を発見。2ちゃんねるは特殊といえばそうなのかな・・・

ここまできて、

これと上記のダカーポがなんの関連があるのか?

この号のダカーポ特集とは無関係である。はい。

僕としては気になった、ダカーポオリジナルニュースに掲載されていた記事を勝手にピックアップしてみた。


ネットでの流行語について触れた記事があったもので。

だって、「萌え」とか「萎え」とか「キボンヌ」とか「orz」とか・・・

わからないのよ!!


以下は2ちゃんねる用語とその解説である。

知ってる人も知らない人も、

どうぞ!!


・・・・・・

: (笑)の意味。(藁)→(ワラ)→(w)→w、という具合に省略して生まれていったらしい。


orz: 落胆、トホホの意味。「o」が頭、「r」が腕と胴体、「z」が下半身。


キボンヌ: ○○を希望する、の意味。


禿同: はげどう、と読む。意味は、激しく同意。


マターリ: なごやかな、落ち着いた、平和的といった意味。


漏れ: 俺の意。


: サーバーの意。


ガイシュツ: がいしゅつ、と読むj。「既出」が誤読されたものを周囲が面白がってそのまま使用。


萎え: 萎える、興ざめの意。対称に対して性的嫌悪感を抱くこと。「萌え」の反対語


あぼーん: 電話番号を出すなどのNG行為を管理者が削除した痕跡。語源は「A BONE」(骨)


スマソ: スマンのンがソと似ていることから生まれた。主に申し訳ないときにつかう。


逝ってよし: 「死ね」「ここから出て行け」の意。言われたら「オマエモナー」と返すのが礼儀


ヴァカ: 馬鹿を強調した言葉。相手を罵倒し侮辱するときに使う。


: 主に、お疲れ様の意味。乙カレーも同じ。

・・・・・


これって、なにかの参考になるのかなと打ち終えて思う僕でした


orzですね。


おいおい、覚えたからといって使いすぎだよ!!

でも僕は、ヴァカなので勘弁してください。


それでは乙カレー


いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。