ミャゴラトーリ公演
「カプレーティとモンテッキ」

カプレーティとモンテッキ、業界用語で略してカプモンと呼ばれています(今GOゲームが流行ってますが)。

これはシェイクスピアの脚本で有名になっているロメオとジュリエッタ(イタリア語読み)の話ですが、原作(ルイージ・ダ・ポルト、又はそれ以前と言われています)は別に存在しています。カプモンGOは、フェリーチェ・ロマーノが脚本した、シェイクスピアとは違う作品です。

シェイクスピアの作品では、ロメオとジュリエッタの出会いのエピソードなどを描きながら、悲惨な環境の中で育まれていく若い2人の悲恋が、その作品主題になっています。しかし、ロマーノのカプモンGOは、ロメオとジュリエッタは既に愛し合っています。しかもその愛は神が結び合わせたかのような、普遍の愛とも言うような愛です。そして敵対する両家。その対立もまた、お互いに自らの正義を信じて疑わない両陣営が結果的に悲惨な殺戮を作り出していくという、言わばこの世に存在する普遍の争いであるかのような対立です。
なので、シェイクスピアのような等身大の脚本ではなく、各シーンが詩を綴っていくような、象徴的描き方が多いです。それがベッリーニの音楽と共に至高の美しさを作り出しています。

今回の公演の演出意図でもありますが、ロマーノが脚本し、ベッリーニが作曲した時代のイタリア、即ちイタリア統一運動に揺れて全土を殺戮に巻き込んでいった時代の戦争の悲しみを、ロメオとジュリエッタの時代に重ねて作ったのではないかと。ならば、それを僕達はまた、僕達の時代にも重ねて作ろうと、
僕達は反戦の思いを込めて作っています。

誠心誠意を込めて作っています。
両日共、チケット発売中です。
興味を持って下さる方、どうぞお運び下さいますようにお願い致します。

ベッリーニ『カプレーティとモンテッキ』
8月5日、6日
牛込箪笥ホール
全席自由・5000円

指揮・柴田真郁
演出・岩田達宗
ピアノ・星和代

★8月5日(金)19時開演
ロメオ・寺田宗永
ジュリエッタ・高橋絵理
テバルド・布施雅也
カペッリオ・大沼徹
ロレンツォ・大澤恒夫

★6日(土)15時開演
ロメオ・森山京子
ジュリエッタ・平野雅世
テバルド・青柳素晴
カペッリオ・須藤慎吾
ロレンツォ・藪内俊弥

舞台監督・荒牧大道
照明・しもだめぐみ
合唱指導・石塚幹信
稽古ピアノ・神保道子

制作・NPO法人オペラ普及団体ミャゴラトーリ
首藤史織
問い合わせ・shuto@miagolatori.com
070-5553-1742

{38988613-9764-4B44-B2CA-767C50988ECF}


AD
「カプレーティとモンテッキ」
今週も、月〜金で連日の稽古が続いています。一度全シーンに辿り着き、今は更に煮詰めていく作業です。煮詰めながら、味が違えば作り直す。その繰り返しです。
昨日の演出から出た言葉は、「ひとつひとつの言葉を胸に当てて行こう」。
ベルカントオペラは、即ち詩だと。優れた台本に計算し尽くされた音楽。それは発語芸術の最高峰とも言えるものです。
昨今の現代演劇の中で、しばしば意図的に言葉を分解したり、敢えて自然な会話では無いリズムを持たせる事による舞台上のリアリズムを表現したりするという事があります。しかし、ベッリーニはそれを200年以上前にやっているのだと。
だから、それを成立させる為には、ひとつひとつの言葉を、しっかり胸に当てていかなければならないと。
音楽に流されず、ベッリーニが、この詩に音を乗せた感覚を探っていきたい。
そして、それによって役同士の関係性や、醸し出される空気、更にそれらを作ったベッリーニとロマーノの意図、演出の想い、その心のひだが、渦のように稽古場に満ちて来るように思います。
そして、そのような稽古の中では皆、良く言葉を落とします(笑)。新しい感覚を芽生えさせようとしているのだから、落とすのは当たり前だと演出は言います。そう言えば昔僕も、劇団の団長に、覚えた台詞は忘れろって言われたなぁ。
そしていよいよ、これから今度は各シーンシーンを出来るだけ繋げていって、繋がりの中で又それぞれが新しいモノを見つけて行くのだと思います。
来週は、粗通しを予定しています。
マラソンがスタートします。

ベッリーニ『カプレーティとモンテッキ』
8月5日、6日
牛込箪笥ホール
全席自由・5000円

指揮・柴田真郁
演出・岩田達宗
ピアノ・星和代

★8月5日(金)19時開演
ロメオ・寺田宗永
ジュリエッタ・高橋絵理
テバルド・布施雅也
カペッリオ・大沼徹
ロレンツォ・大澤恒夫

★6日(土)15時開演
ロメオ・森山京子
ジュリエッタ・平野雅世
テバルド・青柳素晴
カペッリオ・須藤慎吾
ロレンツォ・藪内俊弥

舞台監督・荒牧大道
照明・しもだめぐみ
合唱指導・石塚幹信
稽古ピアノ・神保道子

制作・NPO法人オペラ普及団体ミャゴラトーリ
首藤史織
問い合わせ・shuto@miagolatori.com
070-5553-1742
AD

{2F5CE947-12E4-4F6F-87CE-777BF3D4ED7B}

{79677BBC-DB7D-431A-A03C-402A2CC34CF9}


「カプレーティとモンテッキ」の稽古が順調に始まっています。
先日はジュリエッタとロレンツォだけの特化稽古でした。

1幕のジュリエッタの登場で
「oh! quante volte」という超有名なアリアがあります。美しいメロディのこの曲は、つい叙情的に歌ってしまいがちですが、実は決意の曲であると演出は言います。周りは戦争真っ只中で、その中心たる家の娘として、国の運命をも背負うジュリエッタ。
その中で、部屋にひとり、誰も居ない、誰にも聞かれていない今だけ、せめてロメオに、会える筈のないロメオに会いたいと言わせて下さい、と歌っています。
ジュリエッタは、ロメオが居なければ死んでしまう程に彼を愛しています。実際、本作のロマーニの台本上では、ラストシーンでジュリエッタは、ロメオが死んだという事実だけで、ナイフも毒も無く死んでしまいます。
のに、そのロメオが、まさか目の前に現れて、ジュリエッタを連れて此処から逃げると決意しているのに、それを断るのです。
それはもう、どんな言葉で表現したら良いのでしょう…
だからベッリーニは、ロマーニによって磨き上げられた言葉、ひとつひとつに音楽を載せたのです。音楽でしか表せない表現を作ったのです。
そう、それが、オペラです。
演出曰く、必死で、書いてある台詞を喋れば、そのまま音楽になるようにベッリーニは書いている。ベッリーニは台詞の天才であり、ベルカントオペラは、実は言葉を音楽にした完成系なのだと。
そんな中、昨日の稽古で、我がふたりのジュリエッタは本当に素晴らしかった。もちろんまだまだ稽古は初期です。更に深く深くなっていくと思います。俺、そんなの見ていて耐えられるかな……

是非公演に足をお運び下さい。

ベッリーニ『カプレーティとモンテッキ』
8月5日、6日
牛込箪笥ホール
全席自由・5000円

指揮・柴田真郁
演出・岩田達宗
ピアノ・星和代

★8月5日(金)19時開演
ロメオ・寺田宗永
ジュリエッタ・高橋絵理
テバルド・布施雅也
カペッリオ・大沼徹
ロレンツォ・大澤恒夫

★6日(土)15時開演
ロメオ・森山京子
ジュリエッタ・平野雅世
テバルド・青柳素晴
カペッリオ・須藤慎吾
ロレンツォ・藪内俊弥

舞台監督・荒牧大道
照明・しもだめぐみ
合唱指導・石塚幹信
稽古ピアノ・神保道子

制作・NPO法人オペラ普及団体ミャゴラトーリ
首藤史織
問い合わせ・shuto@miagolatori.com
070-5553-1742
AD