みっち・ザ・わーるど

棋士高橋道雄のはっぴーだいありー


テーマ:

201701051728000.jpg

 

今日は、将棋界は指し初め式の日だった。

(多分・・・)

 

皆さん、賑やかにやったかな?

 

私には、目下のところ、原稿を書くのが最優先

される。暮れからずっと、そして今日も。

 

書きながら、借りてたDVDもチラチラ。

 

「甲鉄城のカバネリ」第5話。

 

無名が、他の子供たちと、何と山崩しをやってた。

 

まさか、甲鉄城の中に、将棋盤と駒があったとは!

 

これは嬉しい驚き。

 

一昨日、何の気なしにチャンネルを回してたら、

囲碁を英語で紹介してる場面に出くわす。

 

どうやらこれは、放送大学3での放送で、

「英語で描いた日本」という番組らしい。

 

小林千寿さんが、とても流暢な英語で、解説し、

うまく受け答えをしてらっしゃる。

 

自分じゃ、このようにうまくはこなせないな。

 

駒の動かし方や指し方は説明出来ても、

「囲碁の国際性」とか「囲碁に秘められた日本の心」

とか、将棋についてそうした事を話すのは、

自分では、台本でもないと無理。

 

実戦経験が違い過ぎます。

 

きっと、諸外国に行って、それこそ数多く直に

お話をされてきているんだろうな。

 

興味が湧いたので、最後まで見る。

 

「opponent」って、よく出てきた。

囲碁でもやっぱり、そう言うんだね。

 

「敵」って事だと、つい「enemy」を使いたくなるけど、

それは戦争をさせるので、「相手」とした方がいいと

私自身も思っていたところ。

 

チェスと囲碁の違い?

 

チェス=空手

囲碁=合気道

 

なるほどね。

 

「手談(hands discussion」という言い回しがあるのか。

カッコいいな。

 

将棋でも使えるかな?

 

「We can see our pass.」のフレーズも印象的。

 

これは、今までの指し手(石)が盤上に残る囲碁なら

ではの事だね。

 

講師を務めていたのが、ジョン・ブロウカリングさん。

 

どこかで見たな~と思ってたら、随分昔に出させて

頂いたNHKの「トーク&トーク」という番組で、

講師をされていた方だった。

 

試しにググってみたら、驚いた事に、2014年、

4月20日に57才で亡くなられてた。

 

ご冥福を。

 

という事は、今回の番組は、結構前に収録された

ものだったか。

 

日本が大好きな方のようだったので、機会があったら

将棋もきちんと紹介したかった。

 

今年の4月23日に、私も57才になる。

 

娘たちもまだまだ支えてやらなくてはいけないので、

まだまだ頑張らなくては。

 

ちなみに、精神年齢は永遠の25才、です。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

たかみっちさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。