みっち・ザ・わーるど

棋士高橋道雄のはっぴーだいありー


テーマ:

201612121417000.jpg

 

昨日の叡王戦をご観戦頂いた皆さま、ありがとうございました。

 

こちらは、朝からずっと控室にこもりっきりで、最後まで

検討していました。

 

何しろ、別館の造りが、結構入り組んでいて、

むやみに部屋の外に出ようものなら、迷子必至。

 

連盟職員の人からの、ずっとこの部屋のこのイスに

いて下さい、との指示も頷ける。

 

対局室は、凄く広くて、畳もきれい。

 

対局開始、センターの立会人席に座っていた時、

このような素晴らしいところで、将棋が指せる対局者は

幸せだなーと思いつつ、対局者を待つ。

 

谷川会長も来ていた事だし、もし叶うのなら、

あの場所で、谷川ー高橋戦を戦いたかったよ。

 

午前中は角川会長も来ておられて、控室にて、

お昼前まで、ずっとご一緒に検討をさせて頂いてた。

 

角川会長さん、本当に将棋がお好きなご様子で、

将棋界についても、本当にお詳しい。

 

私自身も、職団戦にて、監督としてカドカワチームを

率いている身。

 

今回、ご挨拶の機会が得られてよかった。

 

カドカワチーム、もし優勝出来たら、きっと会長から

お褒めの言葉を頂けるはずです。

 

チームのメンバーにも、はっぱをかけておかねば。

 

昨日の将棋では、私なりの一番の注目ポイントはここ。

 

なにゆえ、△4三金右でなくて、△7四歩なのか?

 

今回観戦記役として来ていた、両対局者に年令が近い、

阿部光瑠六段に聞いてみた。

 

若手の指し手は若手に聞くのが一番。

 

すると、ここで△4三金右は、▲5五歩△同歩▲6六銀と

動かれて、先手に主導権を取られてしまいます、との回答。

 

そうなのかー。

 

ここは金を上げて、矢倉囲いを完成する方が、

自然だけどねー。

 

△4三金右の形は、かえってあたりが強くなるとの

感覚らしい。

 

なので、低く構えたまま、攻め合いの△7四歩(~△

7三桂)を選択したわけか。

 

このあたりは、序盤の研究の核心に触れるところでも

あるので、対局者には、ちょいと聞き難い。

 

故に、感想戦では、このあたりはスルーした。

 

でもね、個人的には、このあたりこそ、一番興味の

あるところでもあるんだ。

 

また先手の作戦にしても、局後、佐藤名人は、

何となく(この指し方を選んだ)、と語っていたけど、

実際には、周到な準備があったと見たね。

 

パッと見、矢倉戦のようだけど、実際、特に後手は

金銀のスクラムで押す、従来の矢倉の戦い方では

なくて、金銀は下に置いたまま、歩を取らせて軽く捌きに

出る横歩取り風の感じだった。

 

矢倉の将棋であって、矢倉の将棋でない、みたいな。

 

これが、新感覚の将棋なのか。

 

勉強になります。

 

今日はこれから、小学校の指導に行った後、

一旦家に戻って、教室に。

 

せっかくなので、昨日の一局を解説しよう。

 

終了後は、忘年会の予定。

 

今日も帰りが遅くなりそう。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

たかみっちさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。