みっち・ザ・わーるど

棋士高橋道雄のはっぴーだいありー

NEW !
テーマ:
201606291954001.jpg201606291954000.jpg

今日の私は棒銀デー。

塚田九段とのVSで、角換わり棒銀、矢倉棒銀と
連載して、1勝1敗。

棒銀もまだまだ捨てたもんでもないです。

しかし、2局とも大熱戦で、頭クラクラ。

先程、夕食を食べた後に、モンブランも食して、
ようやく一息。

1局目は、角換わりから棒銀での速攻を図るも、
うまく切り返されて、以降、ずっと苦しい時間帯に。

でも何とか頑張ってたら、これはもしかしたら、
って流れに。

A図が、本局唯一にして最大のチャンスが来たなって
感じた局面。

▲3三歩成は詰めろだけど、手番はこちら。

△7七歩成▲同金△同銀成▲同玉△6五桂▲6六玉
△5五金▲6七玉まで進めておいて、△7四飛と
桂を取る。

自玉の詰めろを解除しながらの桂の補充。

通常はこれで勝ちの感触。

1五に香もいるし、これは行ったはず。

ところが、30秒将棋の中、直感は詰みと訴えかけて
くるも、その具体的な手順が見えてこない。

本譜は▲7四同歩に、△5八角成▲同玉△6六桂と
迫るも、▲4七玉△4六金▲3八玉と進めた形が、
どうにも際どく詰まない。

参ったね、これは。

感想戦で、これは僅かに詰まないのかと納得しようと
した矢先、詰みがあったと判明。

やっぱりなのか!?

どうやら、△5八角成が敗着らしい。

ここは△7七飛と打ち、▲6八玉△5六桂▲同歩
△5八角成▲同玉△5七金と迫るのが、正手順だった。

以下、▲4九玉△4八金▲同玉△5七飛成▲3八玉
△3七銀▲2七玉△1七香成▲同玉△3八銀不成▲1六玉
△2七竜▲1五玉△1四歩▲同玉△2四竜まで。

プロなら、これくらいは詰まさないとな。

B図は、△5七銀が詰めろ。

迂闊な受けでは、千日手もありそう。

ここで▲6七金が冷静な受け。

対して、△6八銀成▲同角△5九銀とするのは、
今度は詰めるにならない。

角を先に取らせて、金の方を最後に残すのが、
終盤のひとつのテクニック。

実戦は、△5九銀の代わりに△5八銀と来るも、
▲6一銀△同玉(△4一玉には▲6二飛成で勝ち)▲7二金
△5二玉▲6二金△4三玉▲4四銀△5四玉▲5五銀打まで。

以下は△4五玉に▲5七桂がぴったり。

これはまあ、易しい詰み手順だけど、とにもかくにも、
相手玉を即詰みに打ち取って、ひと安心でした。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。