決算賞与による節税対策

テーマ:

決算で利益が出ていると節税対策として従業員に対する決算賞与を利用することも一つの方法です。

 

これを採用しようとする時、経営者の方から支給した方がいいかどうか質問されることがあります。これは、来期も支給できるどうか分からないのに、当期のみ支給したら将来的には従業員のモチベーションを下げてしまうのではないかという心配からきています。

 

この質問に対しては、支給することは会社にとっていいことではないというのが経験的に得た答えです。従業員にとっては、今回限りと聞いていたとしても翌期もやはり期待するものです。

 

また、経費のバランスをくずしてしまうこともあります。成長していく中で会社のバランスをくずしてしまうと将来的に失速することもよくあります。

弊所では、Splendid21の経営分析で、顧問先のバランスを確認しています。

 

 

 

 

 

AD