はじめに


今回はiPhoneアプリ開発だけではなく
プログラミング全般で、効率良い勉強法について解説したいと思います!

プログラミング初心者は最初に
何に取りかかればいいのかわからないことが多いので
今回の記事に目を通すと
効率の良いプログラミング学習法がわかると思います!


プログラミングを学ぶメリット


最初にプログラミング学習のモチベーションを
上げるためにプログラミングのメリットを挙げてみます

将来的に有望な技術を身につけられる


義務教育でも必修科目になる可能性が高く
これからの仕事にとって、ますます必要なスキルになります
プログラミングの知識がない、さらにはPCが使えない方は
確実に仕事が無くなり、時代に取り残されていくでしょう

初期投資がPCだけで、世界中どこでも仕事ができる


インターネットが発達し、PCがあるだけで
世界中どこでも仕事ができるようになりました!

今までの仕事は決まった時間に決まった場所で
働かないといけなかったですが
プログラミングを習得してフリーランスで仕事を
請け負うことができれば
世界中のどこでも仕事ができるうようになりました!

論理的思考力が身に付く


プログラミングは人間が作業していることを
プログラムが替わりに行うという側面もあります
人間の作業を、ロジックとして考えていくことで
「問題解決能力」「倫理的思考力」を身につけることができます!

プログラミングの学習は英語の学習に似ている


プログラミング「言語」なので
英語の学習に似ている部分があります

・単語を覚える
・文法を覚える
・書いたり、読んだりする

上記の部分はプログラミングと英語
どちらも共通した学習法です

おススメのプログラミング言語


プログラミング言語は流行り廃りがあります
2017年度時点でおススメなプログラミング言語を挙げてみます!

Swift


このブログでメインに解説している
iPhone開発でメインに使用するプログラミング言語です

iPhoneアプリ開発以外の用途では
ほとんど使用されていませんが
文法などがスッキリしていて
初心者でもわかりやすいプログラミング言語ですね〜

Ruby


Webアプリの開発でよく使われているプログラミング言語です
わかりやすく、情報も多いので
学習コストが低いプログラミング言語です

Java、C#


JavaはWebアプリ、Androidアプリ
C#はWindowsアプリでよく使われている言語です
両方とも同じような文法になっています

C言語とC++は初心者はあまりおススメでなはい


逆に初心者にはおススメできないプログラミング言語はC言語とC++です
C、C++は多機能でハードウェアの知識なども
必要となってくるので、学習コストが高いと思います

プログラミング学習初心者陥りやすい落とし穴


初心者が陥りやすい落とし穴は
「最初からサンプルプログラムなどを完璧に理解していこうとする」
ことです!

完璧主義者に多いですが
サンプルプログラムを完璧に理解しないと
プログラムを書かないということがあります

完璧主義者はよくありません!
プログラムの意味がわからなくても
プログラムを書いていきましょう!


インプットだけではなくアウトプットも必ず行う


本を読む、サンプルプログラムを読むなどのインプットだけではなく
必ずプログラミングを書いて実行してアウトプットしましょう!

最大のアウトプットは実際にアプリを開発することです
プログラミングを学習する目的はアプリを開発することのはずです!
必ずアプリ開発をしてください
アプリ開発の経験はとても重要で、IT企業への転職のチャンスも開かれます!

プログラミング学習法


プログラミング学習法はいろいろあります
そこでいろいろな学習法のメリットとデメリットを考えてみましょう

書籍から学習する


初心者は先ず書籍から学習するのがいいです
プログラミングに対する体系的な知識が
身に付くのが書籍で学ぶメリットです

しかし書籍は初心者から中級者向けの本がほとんどで
アプリ開発で必要な実践的な知識は
なかなか本では身につきにくいのがデメリットです

ウェブサイトから学習する


ウェブサイトからの学習はは実践的な
サンプルプログラムから学べるのがメリットです

実際にアプリ開発を行う時には、ウェブサイトから
サンプルプログラムを読むことが多くなると思います

ただ書籍のような丁寧な解説はほとんどないので
サンプルプログラムの内容がわからないことがあるのがデメリットです

書籍で一通り基礎を身に付けてから
アプリ開発はウェブサイトから
サンプルプログラムを探して行きましょう

エンジニアから学ぶ


プログラミングを習得する一番の近道が
実際にアプリ開発の経験者である
エンジニアから学んだほうが最も効率が良いです

なかなかエンジニアから学ぶチャンスは少なく
プログラミングスクールでエンジニアから学べますが
その場合はお金がかかるのが難点です

まとめ


今回のプログラミング学習法は参考になったでしょうか?
今回の記事を参考にガンガンアプリを開発していきましょう!

もし本を読んだり、ネットで調べたりしても
さっぱりプログラミングの意味がわからない
という場合は↓のページを参考にしてください
初心者が最速でプログラミングを学習してマスターするには?
AD


はじめに


iPhoneアプリ開発で
「iPhoneアプリ開発で稼ぐことはできるのか」?
と気になる方は多いと思います

そこでiPhoneアプリで稼ぐことは
できるのか私が調査してみました!

ある電卓アプリの場合


↓の記事は電卓アプリで3年間で1180万円稼いだそうです!
「約3年間で1180万円稼いだ、いま広告収入は月100万円ぐらい」地味だけど寿命は長い「電卓アプリ」実際に効果が合った5つの施策

電卓アプリは簡単に作れそうですけどね〜

アプリ開発であまり稼げなかった例


↓の記事はあまりアプリ開発をおススメしていません
副業でアプリ開発してどれだけ稼げるか?アプリ開発をオススメしない理由

おススメしない割には何とか生活できるぐらいの
お金を稼いでいるみたいです

アプリをたくさん開発した例


↓アプリ開発5ヶ月目で15万稼いだと記事に書いています!
アプリ開発ってどれくらい儲かるの?

このサイトはiPhoneアプリ開発で稼ぐ方法も
わかりやすく述べられているので
稼ぎたい方は↑の本を一読するのがおススメですね〜

初心者が1ヶ月でiPhoneアプリを開発した例


↓の記事は初心者1ヶ月で、稼げるiPhoneアプリがつくれるか?に挑戦しています
プログラミングド素人がたった1ヶ月で稼げるiPhoneアプリをつくれるか?

1ヶ月でiPhoneアプリ開発ができるようになったそうです
だけど、iPhoneアプリであまり稼げなかったそうです
全くの初心者が1ヶ月でiPhoneアプリで収益を得るのは厳しいですね^^;;

大学生がiPhoneアプリを開発した例


↓大学生がたくさんアプリを開発して、収益が出るか挑戦してみた記事です
大学生が約3年間WebアプリとiPhoneアプリを合計16個リリースして感じた10のこと

このブログでもあまり稼げないと言われていましたが
その割には結構稼いでいるような気がします


夫婦でiPhoneアプリ開発を行っている例


↓は夫婦でiPhoneアプリ開発を行っているブログです
情熱の彼方 熱狂の果て

↓アプリ開発とアフィリエイトはどちらか稼げるか?
という記事が大変興味深いですね〜
「アプリ開発」と「ブログ運営」儲かるのはどっち???

結論としてはアプリ開発の方がブログ運営より稼げるみたいです

まとめ - iPhoneアプリで稼ぐポイント


いくつかのサイトを見て、iPhoneアプリで稼ぐポイントをまとめてみます!

・アプリをいくつか開発すれば、ほぼ必ず稼げる
・アイコンのデザインは重要。できればプロのデザイナーにアイコンをデザインしてもらう
・アプリを多言語に対応する
・地道にユーザーからの要望に応え、アップデートを続ける
・シンプルな内容にする

アプリ開発以外にアフィリエイトなどの稼ぐ方法がありますが
アフィリエイトは誰でもできるので競争が激しいですが
アプリ開発はプログラミングのハードルが高いので
差別化で収益を得られそうな分野がまだありそうです

アフィリエイトはブログなどの数を
つくれば収益が必ず発生するのと同様に
アプリ開発も数をつくれば、必ず収益が発生しそうですね!

アプリ開発者はせっかくアプリを開発できるので
アプリをたくさん作って、収益を得てみてはいかがでしょうか?
AD


はじめに


前回はゲームアプリでソリティアを作ることに決定しました!
いよいよ開発に取り掛かるわけですが…
その前にゲームを作る前に、ゲームアプリを作るための
ゲームエンジンを決定しなけばいけません
ゲームエンジンとはゲーム開発を効率良くするために
いろいろな機能をあらかじめ提供されています

調べてみると以下のゲームエンジンがあるので
どれがいいのか調べてみました!
iPhoneアプリ向けのゲームエンジンについて初心者が調べてみた


SpriteKitを利用する


SpriteKitとはApple純正の2Dゲーム用のゲームエンジンです
比較的初心者向けで使いやすいらしいです
ソリティアは2Dゲームなのでこれが一番良さそうです!

初心者のためのSprite Kit入門

SceneKitを利用する


SceneKitはApple純正の3Dゲーム用のゲームエンジンです
ソリティアは2Dゲームなので、今回これは必要なさそうです

iOSでSceneKitを試す(Swift3)その1

Unityを利用する


本格的なゲーム開発でよく使われるゲームエンジンみたいです
本格的なゲームを開発するならいいと思いますが…

ただUnityの開発ツールの使い方や
C#の使い方も覚えなければならず

学習コストがSpriteKitより高いので
今回はパスですね〜

はじめてのUnity

cocos2d-xを利用する


cocos2d-xもUnityと同じように
本格的なゲーム開発で使われるみたいです

これもUnityと同様に学習コストが
高そうなのでパスですね〜]

初心者のためのCocos2d-xゲームプログラミング入門

まとめ


とりあえず2Dゲームを簡単に作れそうな
SpriteKitを使用することにしました!

ただこれは調べた推測で決定しただけなので
プログラミングの段階で他のゲームエンジンに
変わる可能性は十分にあります

とりあえず体系的に学ぶためには
ネットより書籍で学んだほうがいいですね
以下の本が良さげなので、サンプルプログラムを
書いて実行していきたいと思います!

SpriteKitではじめる2Dゲームプログラミング Swift対応





・初心者が最速でiPhoneアプリ開発したい!
・未経験だけど、最速でiPhoneプログラミングをマスターしてIT企業へ転職したい!
という場合は↓のページを参考にしてください
初心者が最速でプログラミングを学習してマスターするには?
AD


はじめに


iPhoneアプリの学習法でとてもいい記事を
見つけたので紹介したいと思います!

iOSアプリ開発の勉強法「サンプルドリブン勉強法」と挫折しないコツ

上記の記事は一通り目を通すことをオススメします!
プログラミングの学習はとにかく挫折する人が
多いので上記の記事を参考に学習しましょう!

今回は上記の記事から挫折しないポイントを解説していきます!
「サンプルドリブン勉強法」とは効果的なのでしょうか!?

入門書の選び方


入門書の選び方について、とても参考になる基準が書かれています


上記の経験をふまえつつ、個人的に入門書を
選ぶ際の観点としては以下をオススメしています。

・自分がつくりたいアプリに近いサンプルが載っている
・出版年月が新しい
・古いと、サンプルが動かない可能性がある
・動かないサンプルを動くようにするのは入門者には厳しいかも
・パラパラとめくって、自分にとって説明がわかりやすそうか?


入門書を選ぶ基準は上記の基準で選べば間違いないと思います!

意外とサンプルプログラムで入門書を
選ぶ基準は抜けがちなので注意!

自分が作りたいアプリに近いサンプルプログラムが載っている
たくさんのサンプルプログラムが載っている入門書を選びましょう

入門書のサンプルプログラムをとにかく書いて実行する



スクリーンショット付きで本に載っていた手順通りにXcodeでプロジェクトをつくって、本に書かれているプログラムをそのまんま(3行ぐらい。意味は理解してない)打ち込んで、本に書いてある通りにビルドのボタンを押すと・・・シミュレータで「ブラウザアプリ」が動作したのです。当時の自分はUIKitの何たるかなんて当然理解してなくて、ブラウザなんてめっちゃ難しそうって思ってたので、これはちょっとした感動でした。


自分に合った入門書を購入しても
サンプルプログラムは読むだけでは意味がありません
必ずサンプルプログラムは書いて、実行しましょう!

プログラムの意味は理解していなくてもかまいません
プログラムを書いているうちに、点だった知識が
線となって繋がり、プログラムの意味が理解できる時が必ず来ます!

サンプルコードをベースに改変して利用する



その後「ビルドして実機で動作させる」手順まで
覚えた僕が次にやったのは
本の通読・・・ではなく
本質を理解・・・しようとすることでもなく

・手元にある書籍のサンプルコードを一通りビルドして試してみる
・そのサンプルコードからの改変でつくれそうなアプリを考えてみる

ということでした。

アプリ開発でこの機能はどうやってプログラムで
書くのかわからないということがよくあります

この場合はまず自分が実現したい機能の
サンプルプログラムを入手することが第一です

本、ネットなどからサンプルプログラムを
入手してそれを試行錯誤で改変して
自分が開発しているアプリに組み込んでいきます


(挫折しないコツ1)わからないことはとりあえず置いておく



Xcodeプロジェクトを新規作成するだけで
わらわらとわけのわからないファイルがたくさん生成され
実際にプログラムを書くファイルである xxxx.h や xxxx.m (今だと xxxx.swift)にも
最初からわけのわからないことが色々と書かれています。

そういうのを 全部理解しようとしなかった、のが途中で挫折しなかった秘訣かなと。

プログラミング学習は一度で全部理解しようと
すると必ず挫折します

わからないことは心に留めといて
とりあえず置いておきましょう

心に留めといて置くことで
自分のアンテナが敏感になり
プログラミングで調べ物をしている時に
ふと、わからなかったことの解決法が浮かんだりします


(挫折しないコツ2)できないことはあきらめる



プログラミングにおいて、的確にトラブルシューティングを行うことは
(ものにもよりますが)しっかりした理解と経験を
必要とするわりと高等な技術だと思っています。
ここで挫折して二度とプログラムをやらないよりは
あきらめて別のできそうなことを探す、というのもひとつの手かと。

動かないプログラムを動くように改変したり
不具合のあるプログラムのトラブルシューティングは
高度な技術で初心者には難しいです
これもとりあえず置いておきましょう!

ただIT企業で職業でプログラミングをする場合は
トラブルシューティングの技術は必要になってきます

トラブルシューティングの技術は開発現場や
プログラミングスクールなどで
エンジニアから直接学ぶことが多いですね〜

(挫折しないコツ3)サンプルドリブン勉強法



最初からある程度機能があって、動くコード、つまりサンプルコードから始めて
そこに書いてある色んなわけのわからないことには目を瞑りつつ
画像を入れ替えてみるとか、計算の足し算してるところを
引き算にしてみるとか、そういう わかること/できることだけでまずはやってみる
というのも、挫折せずにプログラミングの楽しさを知る=入門するためのひとつの方法かなと、僕の経験から思います。

サンプルプログラムからわかる範囲で改変している
サンプルドリブン勉強法という考え方はとても重要ですね

初心者が一からすべて自分でプログラムを考えて
書いて行く方法は間違いなく挫折します

初心者はまず自分が実現したい機能の
サンプルプログラムを入手することから始めて
そのサンプルプログラムを自分ができる範囲で
改変していき、自分のアプリに組み込んでいくのが
挫折しないプログラミング学習法だと思います!


まとめ


挫折しない勉強法は参考になったでしょうか?
このブログで何度も言っていますが
プログラミングの学習法は以下の点が重要です!

「プログラムの内容を理解できなくてもいいので
とにかくたくさんのプログラムを書いて動かす」




・最速でプログラミングをマスターしてiPhoneアプリを開発したい!
・本気でIT業界へ転職したい

という方はプログラミングスクールを検討してみてはいかがでしょうか?
初心者が最速でプログラミングを学習してマスターするには?


はじめに - いよいよiPhoneアプリ開発


今回からいよいよ、私がiPhoneアプリ開発に挑戦します!
さて先ずはiPhoneアプリ開発に取り掛かる前に…
どのようなiPhoneアプリをつくりたいか考えて見たいと思います!

今までやったことがない分野に挑戦!


実は既にあるiPhoneアプリを開発して
AppStoreに公開したことがあります
その時は実質1ヶ月で開発・公開まで行いました

なので今回はただのiPhoneアプリではなく
新しい分野に挑戦するために
ゲームアプリを開発することを決定しました!

私はゲームアプリの開発は全く経験がありません!
果たしてゲームアプリ開発ができるのでしょうか!?

ゲームアプリに挑戦決定!どんなゲームをつくるのか?


ゲームアプリ開発が決定しましたが
どのようなゲームを開発するか悩みました

アプリのアイディアは

・自分が欲しいと思うアプリをつくる
・あるアプリのマネをしてみる

というのが最初は良いと思いますので

私がよくプレイする「ソリティア」の
ゲームアプリを作りたいと思います!



ソリティアはWindowsの代表的なゲームアプリですね〜
仕事を密かに怠けれいる人がよくやるゲームというイメージですね(笑)

まとめ


iPhoneゲームアプリで「ソリティア」をつくることに決定しました!
次回は「ソリティア」のゲームに必要な機能を挙げて
その機能に必要な技術要素を考えてみたいと思います

・初心者が最速でiPhoneアプリ開発したい!
・未経験だけど、最速でiPhoneプログラミングをマスターしてIT企業へ転職したい!
という場合は↓のページを参考にしてください
初心者が最速でプログラミングを学習してマスターするには?


はじめに


はじめまして!このブログをご覧いただいてありがとうございます!

このブログは全くの初心者でも
iPhoneアプリ開発ができるように解説しています

iPhoneプログラミングを習得することはラクではないですが
全くの初心者でも粘り強くコツコツ継続すれば
必ずプログラミングはマスターすることができます!

プログラミングをたくさん書いて実行する
ことによって必ず習得することができます!

このブログはiPhoneアプリ開発の際に参考になるような記事を書いていきます
微力ながらiPhoneアプリ開発に挑戦する人が増えていけば幸いです

さあ!私と一緒にiPhoneアプリ開発に挑戦しましょう
iPhoneアプリを開発した達成感は格別ですよ!

このブログでiPhoneアプリ開発に役に立つ記事


このブログはでiPhoneアプリ開発に
役に立つ記事を役に立つ記事を紹介したいと思います!

先ずは↓の記事でiPhoneアプリ開発の概要を把握しましょう!
初心者がiPhoneアプリを開発するまでの手順

↓アプリ開発の第一歩!Xcodeの基本的な使い方を身につけましょう!
iPhoneプログラミング入門 - Xcodeの基本的な使い方

↓習うより慣れろでとにかく以下の記事を参考に簡単なアプリを作ってみましょう!
iPhoneアプリ開発入門!初心者にもわかりやすいiPhoneアプリ開発サイトまとめ

↓簡単なアプリを作れるようになったら、プログラミング言語Swiftの基本を学習しましょう!
プログラミング言語Swiftとは?役に立つSwfit学習サイトまとめ

↓いよいよ自分のアプリ開発に挑戦!壁になる部分と乗り越える方法を解説しています
初心者がプログラミングを独学で学習する際の壁の乗り越え方


iPhoneアプリ開発にオススメの書籍


iPhoneアプリ開発にオススメの書籍をここで紹介します
ただ読むだけでなく、必ずプログラミングを書いて実行してください!

↓初心者でもすんなりiPhoneアプリ開発に入っていくことができ
結構本格的なサンプルアプリも作れるようになるので
これ1冊だけで初心者でもかなり実力がつきます!
結構難しいAppStoreへの登録方法も載っているのもとても大きいです!

絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門 増補改訂第5版【Swift 3 & iOS 10.1以降】完全対応




↓ゲームアプリ開発に役に立つ本です!
ゲームエンジンUnityについて初心者におわかりやすく解説されています
ただサンプルプログラムがC#というプログラミング言語なので
全くの初心者は別にC#の入門書で勉強しないといけません
Swiftの基本をマスターしていれば、C#もSwfitと似ている言語なので
C#の学習はそれほど難しくないですね〜

Unity5 3D/2Dゲーム開発実践入門 作りながら覚えるスマートフォンゲーム開発




↓iPhoneの基本機能をサンプルプログラムで網羅している本です
実際にアプリを開発する際に
「こういう機能はどうプログラムで書くのか?」
という場合に大変参考になる本です

ただ内容が若干古くサンプルプログラムは
Objective-Cで書かれているので
Swiftに翻訳しないといけないですが
それでもこの本は役に立つと思います!

Swiftに対応した新板を早く発売して欲しいですね〜

iPhone/iPad 開発ポケットリファレンス

新品価格
¥3,002から
(2017/7/13 01:36時点)




最短でiPhoneアプリを開発したい!最速でアプリ開発するには!?


プログラミングはコツコツある程度の期間、継続することが大事ですが

・最速でプログラミングをマスターしてiPhoneアプリを開発したい!
・本気でIT業界へ転職したい


という方はプログラミングスクールを検討してみてはいかがでしょうか?
初心者が最速でプログラミングを学習してマスターするには?


はじめに


この記事ではiPhoneプログラミングに限らず
初心者がプログラミングを独学で学習する時に
ぶち当たる壁の乗り越え方を解説したいと思います

WindowsとMacはどちらがいいのか?


結論から言うと作りたいアプリによって決まります
作りたいアプリによって以下のようになりますね〜

・Windowsアプリを作りたい → Windows
・スマホ(iOS/Android)のアプリを作りたい → Mac
・WebサービスやWebアプリを作りたい → どちらでもOK

作りたいアプリが決まらない


自分があったら欲しいな〜 というアプリを作りましょう
どうしても自分で作りたいアプリが思いつかない場合は
自分がよく使っているアプリをマネてみてもいいと思います

どのプログラミング言語がいいのか?


これも作りたいアプリによって決まりますね〜

・Windowsアプリを作りたい → VisalBasic、C#など
・スマホ(iOS/Android)のアプリを作りたい → Swift(iOS)、JavaまたはKotlin(android)
・WebサービスやWebアプリを作りたい → HTML、CSS、PHP、Rubyなど

プログラムの意味がわからない


最初はプログラムの意味がわからなくても
ある処理をしたいのであれば、おまじないみたいな感じで
こう書けば良いと覚えておけばいいです

最初からプログラムの意味を完全に理解しようとすると
プログラミング作業がなかなか進まず挫折の原因になったりします

最初は意味がわからないけどとりあえず
プログラムは動いたからOK!という考え方でいいと思います
完璧主義はやめましょう
完璧主義はプログラミング学習で挫折する原因です


アプリ開発で自分が考えた機能をどうやってプログラムで書けばいいのかわからない


この部分がアプリ開発の最大の壁となります
自分でプログラムを書こうと考えずに
サンプルプログラムを探してきて、自分のアプリに組み込むのがポイントになります


例えば以下のアプリを作りたいけど、プログラムの書き方がわからないとします
・一度に複数のSNSにつぶやくアプリ

先ずは上記のアプリで絶対に必要な機能ごとに分割します
・一度に複数のSNSにつぶやくアプリ

・Twitterにつぶやく
・Facebookに投稿する
・Lineに投稿する

このあとはググる能力が重要です
上記の機能のサンプルプログラムがないか、例えば下の例で検索します

・Twitterにつぶやく → 「ios twitter つぶやく プログラミング」で検索
・Facebookに投稿する → 「swift facebook 投稿」で検索
・Lineに投稿する → 「swift line 投稿」で検索

上記は一例ですが検索をすると、サンプルプログラムが見つかります
まずはそのサンプルプログラムを実際に書いて実行して
自分のアプリに使えそうだと判断したら
そのサンプルプログラムを自分のアプリに組み込みます

いろいろ検索キーワードを変えてみて
自分のアプリに使えそうなサンプルプログラムをひたすら探します

例えばSNSの場合だと開発者向けのページがあるので
以下のキーワードで検索する方法もあります
「twitter developer」
「facebook developer」
「line developer」

上記のようにキーワードを工夫して
自分のアプリに組み込めそうな
サンプルプログラムを探します

なので意外とアプリ開発にはプログラミング能力よりも
ググる能力の方が重要になってきます

まとめ


初心者がプログラミングを習得するのは結構厳しいです
でもコツコツと継続すれば必ず習得できます!

プログラムの意味がわからなくてもいいので
ひたすらたくさんプログラムを書いて実行しましょう!
プログラムを書いていくうちに意味が徐々にわかってきます!


・初心者が最速でiPhoneアプリ開発したい!
・未経験だけど、最速でiPhoneプログラミングをマスターしてIT企業へ転職したい!
という場合は↓のページを参考にしてください
初心者が最速でプログラミングを学習してマスターするには?


Swiftとは?


iPhoneアプリ開発で必要になるプログラミング言語
Swiftを紹介したいと思います!

SwiftとはAppleが2014年に初登場した
iOSとMac OSX向けの端末の
アプリを開発できるプログラミング言語です

以前はObjective-Cというプログラミング言語が
使用されていましたがSwiftが主流になっています

Swiftの方がプログラミングが簡単に書けて
プログラミング初心者でも理解しやすいので
今から学習するにはObective-Cより断然Swiftの方がオススメです!

それではSwiftを学習するために参考になるサイトを紹介します
これらのサイトで学習すれば
iPhoneアプリ開発に必要なSwiftの知識が身につきます!

10分で試せる!Swiftを使った初めてのiOSアプリ開発入門


10分で試せる!Swiftを使った初めてのiOSアプリ開発入門
とりあえずSwiftを試してみたいという方には、このサイトがオススメです
全くの初心者でも短時間で、とりあえずサンプルアプリがつくれると思います!

初心者のためのSwiftプログラミング入門


初心者のためのSwiftプログラミング入門
Swiftの基本部分を解説しているサイトです
初心者がSwiftの基本部分をマスターしたい場合に最適です

逆引きSwift


逆引きSwift
このサイトはSwiftの学習だけではなく
iPhoneアプリ開発にも役に立つので
必ずブックマークに登録しておきましょう!

ラベル、ボタンの使い方やMapの表示など
iPhone開発で必要なプログラムが全て記載されています

速習 Swiftプログラミング言語



Youtubeの動画でSwiftプログラミングについて解説しています
動画なので全くの初心者でも断然わかりやすいです
プログラミングに初めて挑戦する方は
この動画から取り組むといいでしょう〜

The Swift Programming Language 日本語訳


The Swift Programming Language 日本語訳
Apple公式ドキュメントの日本語訳です
全くの初心者にはとっつきにくいですが
Swiftの全てが記載されています

いくつかのプログラミングを書いて動かして
何となく感覚を掴んで来たら
このドキュメントを参考にするといいでしょう〜

iOS Development with Swift Tutorial



Swiftを使ってシューティングゲームをつくるまで解説している動画です
英語で喋っているので、何を言っているのかわからないですが
Xcodeの画面が表示されているので
マネて入力すれば、大体わかってきます

シューティングゲームまで作りきれれば
実力はかなりついていますよ!

codebelle


codebelle - スキマ時間で学ぶプログラミングを AppStoreで
iPhoneでSwiftが学ぶことができるアプリです
プログラムを書いて試すことができませんが
スキマ時間でSwiftを学びたい場合に最適なアプリです

まとめ


とにかくプログラミングの学習は書いて実行することが大事です!
上記のサイトのサンプルプログラムは全て書いて実行する心構えが大事です!
上記のサイトで必ずSwiftはマスターできるので、どんどんプログラムを書いて実行しましょう!


・初心者が最速でiPhoneアプリ開発したい!
・未経験だけど、最速でiPhoneプログラミングをマスターしてIT企業へ転職したい!
という場合は↓のページを参考にしてください
初心者が最速でプログラミングを学習してマスターするには?


はじめに


今までこのブログは、参考サイト、参考書籍、勉強方法などの記事が多かったですが
これからは実践的な記事も書いていきたいと思います!

最初にiPhoneアプリ開発に避けて通れない
Xcodeの基本的な使い方を解説したいと思います!

Xcodeとは?


XcodeとはAppleが提供する、MacOSX向けの統合開発環境です
iPhoneアプリ開発には必須のツールになります
画面の構成を決めたり、プログラミングを書いたり
iOSシミュレーターで動作が確認できたりします

Xcodeのインストール


MacのAppStoreから無料でダウンロード、インストールできます
AppStoreからダウンロードするとインストールの自動的に行われます


Xcodeの基本的なアプリ開発手順


Xcodeの基本的な開発手順を解説します

Xcode基本的な開発手順は

1.プロジェクトの作成
2.画面構成の決定
3.プログラムを書く
4.作ったアプリをiOSシミュレーターで動かす

という手順になっています
ここではそれぞれの手順を解説しますね〜

プロジェクトの新規作成


Xcodeを起動すると以下の画面が表示されるので
「Create a new Xcode project」を選択します


今回は簡単なアプリを作成するので
「Single View Application」を選択します


以下のように入力します
・Product Name → アプリケーションの名前を入力します
・Organization Name → 組織やチームの名前を入力します
・Organization Identifier → とりあえず空白でもいいです 自分が所有しているサイトなどのドメインを入力するのが通例です
例えば「hogehoge.co.jp」のサイトを持っている場合は「jp.co.hogehoge」と入力したりします

・Language → プログラム言語を選択します Swiftを選択します
・Devices → 開発対象の機器を選択します 今回はiPhoneを選択します


これでプロジェクトの作成が終了です!

画面にラベルを追加する


左側のツリーから「Main.storyboard」を選択します


画面右下にあるツール一覧から「Label」を
選択して中央の画面にドラッグします
これで画面にラベルが配置されます


右上の輪っかになっているボタンを押すと、プログラムが表示されます
その状態でラベルを「control」キーを押しながら
プログラムが書かれているところにドラッグします
名前を「MyLabel」に設定して「Connect」を選択します


これで画面にラベルを配置して、プログラムを書く準備ができました!

プログラムを書く


「ViewController.swift」を選択します
ここから簡単なプログラムを追加していきます
右側の表示を消すには右上のアイコンをクリックします


「override func viewDidLoad」書かれている部分で
{}で囲まれている中に以下の1行を追加しましょう!
「MyLabel.text = "ハローワールド!ようこそiPhoneプログラミングへ!"」


これで簡単ですがプログラミングは完了です!

作ったアプリをiOSシミュレーターで動かしてみる


いよいよ動かしてみましょう!
動かすのは簡単で右上の三角ボタンを押すと
iOSシミュレーターが起動してiPhoneの画面が表示されます


エラーが発生せず以下の画面が表示されれば成功です!



うまく文字が表示されない場合は「Main.storyboard」でラベルの幅を調整しましょう


まとめ


Xcodeの基本的な使い方はわかりやすかったでしょうか?
ここで解説したことはXcodeの基本中の基本なので覚えておきましょう!


・初心者が最速でiPhoneアプリ開発したい!
・未経験だけど、最速でiPhoneプログラミングをマスターしてIT企業へ転職したい!
という場合は↓のページを参考にしてください
初心者が最速でプログラミングを学習してマスターするには?


はじめに


最近はiPhoneプログラミングが人気が出てきました
初心者向けの本もたくさん販売されています

ただ効率良くiPhoneプログラミングをマスターしたい方も多いと思います
そこで1ヶ月でiPhoneアプリを開発してAppStoreに公開した私が
行った最速の学習法を紹介したいと思います!


iPhoneプログラミングの学習を始める前に…


iPhoneプログラミングの学習を始める前に
以下のポイントを抑えておいてくださいね〜

言語はSwiftがオススメ


iPhoneアプリ開発で使用するプログラミング言語は
Swiftの他にObjectvie-Cという言語がありますが
断然Swiftがおすすめになります

Swiftの方が習得が簡単で、プログラミングが読みやすく
プログラミングを書く量もSwiftの方がすっきり書けます!

プログラミングの心構え


正直言ってプログラミングは簡単ではありません

ただ一つのプログラミング言語でアプリ開発できるまでの
レベルに達すれば、他のプログラミング言語の習得は格段にラクになります
そのレベルに到達するまでに挫折する人が多いです

とにかくプログラミングは意味がわからなくても書くことが大事です!
プログラミングを書いていくうちに、徐々にわかってきます
そこまで諦めずに粘り強く、本やネットのサンプルプログラムを
たくさん書いてみてプログラムを動かしていきましょう!

iPhoneプログラミングの学習順番は?


以下の順番でiPhoneプログラミングを学んでいきましょう!

Xcodeを使いこなす


先ずはXcodeの基本操作を覚えましょう

プロジェクトの新規作成
画面レイアウトの変更
プログラミングの書き方
iOSシミュレーターの動かし方

このあたりを覚えましょう

Swiftの基本文法を学ぶ


次にSwiftの基本文法を覚えましょう
Swiftの全てをマスターしようとすると時間がかかり過ぎるので
以下の基本部分を抑えておきましょう!

変数の宣言
文字列の扱い方
配列、コレクション
四則演算
論理演算
制御構文
繰り返し文
関数

それ以外の部分は実際にアプリ開発で学んでいきます

iPhoneアプリ開発の基礎を学ぶ


Swiftの基礎を抑えたら、iPhoneアプリ開発の基礎を学びます

テキストボックス、ボタンなどの配置法歩
AutoLayoutの設定
画面遷移の方法(セグエ)

以下にiPhoneアプリ開発に必要な基本機能が
まとめられているので必要な部分だけの
プログラミングを参考にしましょう

逆引きSwift

Appleのドキュメントを読む


Appleの公式ドキュメントを読めるようになっておきましょう
意味がわからなくてもまずは目を通して
こういうドキュメントがあるんだな〜ということを覚えておきましょう

日本語ドキュメント - Apple Developer

簡単なアプリからどんどんつくる


本やネットなどで載っているサンプルアプリをどんどんつくっていきましょう!
プログラミングの詳細がわからなくても
数稽古だと思ってたくさんつくりましょう!
たくさんプログラミングを書いて動かすことが大事です!

iPhoneプログラミングの効率的な学び方


iPhoneプログラミングの学び方は以下の方法があります
メリット、デメリットがあるので
それを把握した上で効率良くある学んでいきましょう!

本で勉強する


初心者は最初に本で勉強することがおすすめです
本は体系的な内容になっているので、取っ付きやすくなっています

ただ本は初心者向けの内容に終始している本が多く
本だけの知識では実際に自分のアプリ開発を行う時に
どう作っていいか戸惑うことが多いです

ネットで調べながら勉強する


実際にアプリ開発を行うとネットで調べることが多くなります
本みたいに体系的な内容になっているサイトはほとんどありませんが
自分がプログラミングしたい機能のサンプルプログラムが見つかったりします

ただ自分でどういうキーワードでググるか
Googleで検索できる能力が必要になります

勉強会に参加する


勉強会は一緒に勉強する仲間が見つかり
講師もiPhone開発のエンジニアであることが多いので
わからないことがあれば、質問してすぐに解決できることが多いです

勉強会に参加する時はわからないことは
まとめて質問するといいと思います

まとめ


iPhoneプログラミングの勉強法はいかかでしょうか?
私はこの内容を実践して1ヶ月でアプリを開発できました

私の場合は他のプログラミング言語での経験がありましたが
プログラミング言語の経験がない方でも
3ヶ月〜6ヶ月ぐらいでアプリ開発ができるようになるので
諦めずにコツコツと上記の内容を実践してみてください


・初心者が最速でiPhoneアプリ開発したい!
・未経験だけど、最速でiPhoneプログラミングをマスターしてIT企業へ転職したい!
という場合は↓のページを参考にしてください
初心者が最速でプログラミングを学習してマスターするには?