アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターの日記

広島にアメカジを!アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターが 商品やその日の出来事を紹介します。


テーマ:

 

ヴィインテージの資料が見つかった事から、昨年より東洋エンタープライズが実名復刻として再現した1920年代のハワイのワークブランド「UNION SUPPLY 」のオーバーオールをご紹介しましょう。



1868年(明治元年)日本発の移民として多くの人々が海を越え、ハワイへと渡りました。


ハワイに移り住んだ人々は持っていった作業着だけでは間に合わず、やがて現地で調達した生地を使い、作業着を仕立てることなります。


そして移民の方達の増加と共にワークウェアの需要も増え、仕立屋だけでなく量産に対応したメーカーも参入するようになりました。


そんな状況の中、1922年創業のUNIONSUPPLY(ユニオンサプライ)は、ハワイの衣料品メーカーとして大きなシェアを誇るようになります。


作業時に硬く鋭い葉から身を守るためには頑強なワークウェアを必要とし、手に入る生地でハワイアンワークウェアの基礎を作っていきました。


そのひとつがAHINAです。


アヒナとはハワイ語で「藍染め」を意味し、藍で染められた木綿生地、つまりデニムの原点の事を指しています。


今からご紹介するのは、そんな12オンスのアヒナ(デニム)を使用したオーバーオールです。


ネップ感が強く独特の青みのある12オンスのアヒナ生地を再現して作られた、現代に蘇ったヴィンテージです。


移民時代のハワイの農園の風景や、人々の暮らしが浮かんでくるようですよ。


ユニオンサプライ 12oz. AHINA OVERALL  US41491A-421 ネイビー  です。






ネップ感があり青みが強いのが特徴です。


オリジナルを元に再現されたこの生地感も魅力です。


ハワイの暑い太陽の下で、当時穿かれたワーク生地の再現です。


現代のデニムと違うネップ感や青さがリアルで、そして味わい深いです。





ウォッチポケットとペン差しの付いたセンターのポケットの形状も独特ですね。


懐中時計のチェーンを掛けるホールも付いていますが、色々な物を入れたと思われます。






      

金具もヴィンテージの実物を見ながら再現していますよ。



      

左右にポケットがあり、片方にはコインポケットが付いています。






      


コインポケットの中にはセルビッチが付いています。


ここに生地の端を使っていたという事です。




      

ボタンも当時のボタンを再現したボタンです。



フロントは二つボタンのボタンフライです。



後ろです。


ハイバックな感じが、白黒の写真で見る当時の農場のオーバーオール感が滲みますね。



 

大きなツールポケットが付きます。





再現されたラベルも見どころです。






東洋エンタープライズの実名復刻は商札も当時の物を再現していますよ。





ジェラードの同時代をモデルに作ったヘンリーネックと合わせてみました。


もう少しヤレてきたら、さらに味わい深くなりそうです。


少し黄ばみが出て首元もクタッと感が出たくらいで、さらに穿き込まれたこのオーバーオールを合わせると、当時の写真や映画のようです。


     



     


オーバーオールにスカジャンもいいですね。


古着のオーバーオールに基地周りで買ったスカジャンを何気に羽織ったような雰囲気でもありますし、今年は特にクラッチマガジン等でカッコいいモデルさんのスナップ写真でありそうですね。



    


このテーラー東洋のスカジャンも、ハワイで売られていたヴィンテージのスカジャンの復刻です。



    



およそ100年の時間を超えて再現された日系移民の人達のワークウエアです。

希少なオリジナルを元に再現された、正にヴィンテージの存在感が漂っています。


そこを活かしながらアレンジを加えて自分なりの着方を考えるのも、また楽しいですね。



是非、実物をご覧ください。



19800円 + TAX です。



http://t-w-wolf.jp/?pid=114624492


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

マスターさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります