アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターの日記

広島にアメカジを!アメカジショップ「ザ ホワイツ ウルフ」のマスターが 商品やその日の出来事を紹介します。


テーマ:

 


テーラー東洋のスカジャンをご紹介しましょう。


2017年の春スカジャンです。


アセテートの通常ラインは4型作られていますが、3型はご紹介しましたのでこれが最後の一型です。


このモデルは渋い色合いと図柄の画風に特徴があります。



テーラー東洋 スカジャン ホワイトドラゴン×ランドスケープ TT13756-149 です。


まずは渋い色のオリーブ面からどうぞ。


写真に映りにくい色ですが、スカジャンとしても珍しい色合いです。






オリーブ色に単色でドラゴンが刺繍されています。


顔やたて髪、鱗や雲がボリューム感のある刺繍で施されています。


目や舌だけ色を変え、他の部分はシルバーの単色というのも渋い配色です。




目を見開いた迫力のある顔ですよ。


      




      



前面です。


竜と虎が左右で睨みあっています。


前は左右同じ柄が多いですが、このパターンは珍しいです。


同じ高さではなく虎が少し高めの位置にあるのも、デザインに奥行きが感じられます。









     


肩には単色のパイピングが入り、リブはボディーに合わせてグリーンを使っています。



      




いい感じで落ち着いた雰囲気ですよ。


スカジャンらしさを保ちながらギラギラした感じがなく、しっとりとした雰囲気です。



     



    



リバーシブルの逆面です。


こちらはスカジャンらしい配色です。


デザインもオーソソックスな日本的な風景ですが、画風が一味違います。


全体で水墨画のような、または屏風に描かれた日本画のようです。


さらにバックパネル一杯を使いながらの、バランスが良いデザインになっています。






金糸銀糸で塔や橋、松や滝を浮かび上がらせています。


バックがブラックですので、とてもよく映えています。



     




    







前です。


左右に富士山が刺繍されています。





金糸銀糸の富士山は縁起が良さそうですね。






袖は配色になり、イエローのパイピングが入ります。


それに合わせてイエローのラインが入ったリブが付きます。



      



オーソドックスなようで柄の雰囲気が違いますので、こちらも大人感がありますね。



    




    



どちらの面もスカジャンらしさを持ちながら、落ち着いた雰囲気を感じさせます。


スカジャンを着てみたいけど、派手過ぎるのは抵抗があるといわれる方は、これくらいのデザインは如何でしょうか。


是非実物をご覧ください。


42000円 + TAX です。



http://www.t-w-wolf.jp/?pid=111640331

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

マスターさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります