”初診料”の考え方

テーマ:

皆さんこんにちはニコニコ。私たち家族は3月29日に横浜から徳島へ引越しを行う予定です。ですので、引越し業者に見積もり金額を出してもらいました¥。A社:84万円、B社58万円、C社70万円でありました。結構かかるもんですね。2日がかりの引越しですし、確かに戸建なので荷物も多い。今から少しずつ箱詰め作業を開始しようと思っています。


さて、今日のブログの内容は、初診料について書こうと思います。

初診料とは、患者さんがその医院に始めて来院して、診察をうけたことに対して支払う料金ということですね。

この初診料は実は、保険治療と自費治療では違うのです。


保険治療と自費治療の違いを説明しましょう。保険治療の点数(料金)は国が決めており、何をしたときは何点、これをしたら何点と決めているわけです。

日本中どこへ行っても同じ内容の治療を受けたら同じ料金というわけです。

患者さんからみると非常に明快な、公平な料金設定が日本の保険治療の特徴というわけです。


しかし、医療提供者側からみると、料金が決まっているため、いくら上質の医療を行えども、雑に行われた医療と同じ料金になって、努力が報われないという問題を抱えているわけです。つまり治療結果は評価されないわけです。


また保険治療では、どんなに上質の医療といえども、保険が使える医療として国が認めていなければ、国民はその医療を保険では受けられないのです。そこで自費治療の意義がでてきます。自費治療は、保険が使えないけれども上質の医療を受けたいという意志の人に行う医療というわけです。


ここまでで、保険医療と自費医療の根本的な違いがおわかりいただけたかと思います。


次に初診料の金額のお話に移りましょう。

歯科の保険治療なら、初診料は182点、これは医院収入は1820円ということです。1点10円というわけです。

保険は基本的には国が7割負担しますから、患者さん負担は3割で540円ほどです。

これが自費診療ではいくらになるのか。これは各医院が独自に設定する価格で、国はまったく関与しません。

つまり、ぶっちゃけいくらでもかまわないということです。


ご存知のように、矯正治療はほとんどの方が自費治療(先天異常などがある方は一部保険が認められています)です。

今勤務している横浜市青葉区近隣の矯正治療専門医院の初診料をみると、0円~4000円の範囲でした。

最多価格は3000円。


しかし、新規に開業している先生方は初診料無料が増えてきています。やはり、後発で市場に食い込むためには初診料を無料にして、少しでも多くの新患相談をこなさないといけないという気持ちなんでしょう。


患者さんの立場なら、無料でいろいろ相談にのってくれて、専門的な医療の情報を与えてくれるなら、それはありがたいと思うでしょう。


でもよく考えなければいけないのは、医療者側は、30分~1時間もかけて初診相談行うのに、それに対する医療報酬を得られないということは、医院にとっては損失であり、その分の損失は矯正治療費を払っている、通っている患者さんたちからのお金で埋め合わされるわけです。


相談は無料だからと相談だけで終わる人も多いはずです。その相談だけの患者さんのために、受付や衛生士さんやドクターたちは多くのサービスを時間をかけて提供して、それが利益を出さず、その分の労働費用というものは、今通院している患者さんのお金でまかなわれているということです。これがいけないことなのです。


それじゃあ1時間ほど初診相談をして、医院として損がない価格というのはいったいいくらなんでしょう・・・。正直申しましてそれをはじき出すのは私にとっては不可能ではありますが、決めなければなりません。ずばり当医院では、初診相談料:3150円(税込み)としようと思っています。いかがでしょうか。決して安い価格ではありません。ですから本気で矯正治療について悩んでいる人しか受診されないとも思います。受診された方が、この価格は十分妥当だったとか、価格以上の情報をもらえたと思ってもらえるように心がけて初診相談を行いたいと思っています。


最初に話題に出た引越し業者の見積もりは、どの業者も無料でしたが、各部屋ざっと見て10~20分ぐらいです。

初診相談は、患者さんからみると、専門的な情報を得るだけでなく、その医院の環境やスタッフ、院長が信頼できるかどうかをも見抜かなければいけないと思います。私たち医療提供者側も患者さんの考え方などを知る貴重な時間なのです。無料の短時間の相談でそれはお互いにできないことだと思われないでしょうか。


全身の健康と密接に関わっている咬み合わせについて、検査所見なく単に患者さんの顔と口の中を見ただけとはいえ、診断、治療方法、期間、料金、予後などについて専門的な所見を述べ、その一つ一つに他の選択肢や利点欠点について説明を行い、患者さんの疑問質問にお答えするわけです時にはよく似た治療例などもお見せしたりして高度な専門知識を提供するわけです。引越し業者のあっという間の無料見積もりと同等に扱うわけにはいかないことをご理解いただきたいと思います。本日は以上です。それではおやすみなさい。



徳島の歯列矯正治療専門医院 藤崎矯正歯科クリニック

AD

コメント(4)