一般的な矯正歯科治療のご紹介

テーマ:

皆さんこんにちは。今日は寒いですね。今日も年賀状と格闘している私です。

さて今日は、タイトルにも書いたように、開業準備から少し離れまして、矯正歯科治療というものについて書こうと思います。世に矯正歯科治療を行っている先生は多くいらしゃいます。ホームページなどでも色々な情報が出ています。しかし、全てが正しい情報でもないようです。私はこのブログを通して、私の矯正歯科治療というものについても情報発信できれば素晴らしいことだと思っています。今日はまず一般的に多く行われている典型的な矯正歯科治療をご紹介しましょう。

患者さんは13歳の女の子、上顎前歯の前方傾斜と乱杭歯を訴えていました。


徳島の矯正歯科治療専門医院-初診時正面顔

徳島の矯正歯科治療専門医院-初診時横顔

徳島の矯正歯科治療専門医院-初診時セファロ

横顔を見ると口元が前に出て、口を閉じづらい状態で、本人も上の前歯が目立つのを気にしていました。


徳島の矯正歯科治療専門医院-初診時正面

徳島の矯正歯科治療専門医院-初診時右側

徳島の矯正歯科治療専門医院-初診時左側
徳島の矯正歯科治療専門医院-初診時上顎

徳島の矯正歯科治療専門医院-初診時下顎

奥歯は横から見ても綺麗にかんでいますが、前歯はでこぼこでした。この患者さんでは、すべての歯を並べるにはスペースが足りず、歯を4本抜歯することとなりました。それでは治療の経過をご覧ください。


徳島の矯正歯科治療専門医院-04.12.8正面

徳島の矯正歯科治療専門医院-04.12.8左側
上顎に装置をつけたところです。まだ細く柔らかなワイヤーからスタートです。


徳島の矯正歯科治療専門医院-05.5.28正面

徳島の矯正歯科治療専門医院-05.5.28左側
下顎にも装置をつけ、前から数えて3番目の歯の犬歯を少しずつ後方へ移動させている段階です。ワイヤーも少し太くなっています。


徳島の矯正歯科治療専門医院-06.6.17正面

徳島の矯正歯科治療専門医院-06.6.17左側
犬歯が下がりきりました。今度は前歯を4本まとめて後方へ移動していく段階です。横のかみ合わせは崩していません。これをずっとキープするのはなかなか難しいのですよ。


徳島の矯正歯科治療専門医院-07.7.7正面

徳島の矯正歯科治療専門医院-07.7.7左側
無事前歯が下がりきった状態です。かなり太いワイヤーになっています。


徳島の矯正歯科治療専門医院-術後正面
徳島の矯正歯科治療専門医院-術後右側

徳島の矯正歯科治療専門医院-術後左側
徳島の矯正歯科治療専門医院-術後上顎

徳島の矯正歯科治療専門医院-術後下顎
矯正治療が終了した段階です。抜歯スペースは完全に閉鎖され、横のかみ合わせも崩れていません。でもぼこも改善されています。

徳島の矯正歯科治療専門医院-術後正面顔

徳島の矯正歯科治療専門医院-術後横顔
口元がすっきりして、口が楽に閉じられるようになり、患者さんも満足です。


徳島の矯正歯科治療専門医院-初診時セファロ 治療前

徳島の矯正歯科治療専門医院-術後セファロ 治療後

治療前と治療後のレントゲンの比較です。伸びだしていた上下の前歯がきれいに後方へ入ったのがおわかりいただけるかと思います。
徳島の矯正歯科治療専門医院-重ね合わせ

これはわかりやすく色を変えて重ね合わせたものです。


徳島の矯正歯科治療専門医院-初診時横顔拡大 治療前

徳島の矯正歯科治療専門医院-術後横顔拡大 治療後


横顔の拡大で変化を実感できるかと思います。いかがですか。これが典型的な抜歯を伴う矯正歯科治療です。


矯正歯科治療の目的は、歯を動かして正しい咬みあわせを作ることです。これは皆さんご存知のことでしょう。しかし問題はその咬みあわせが80歳、90歳になっても元気に機能する場所に位置づけられているかということです。この答えは残念ながら矯正学の教科書には記載されてはいません。それを見抜くのは簡単ではありません。単に歯を並べて終わり、これは矯正治療とはいわない。その患者さんの理想の位置に全ての歯を動かすことが重要。このことを忘れないようにしていただきたいと思います。私もいつも追求していることなんです。今日はこれまでです。まだ年賀状が仕上がっていません。これから続きを頑張ります。
それでは。



徳島の歯列矯正治療専門医院  藤崎矯正歯科クリニック

AD

コメント(5)