皆さん、こんにちは。 寒い日が続きますが、体調は大丈夫でしょうか。

さて、今回の院長ブログは、中学時代のブラスバンド部で同級生だった住友紀人君の音楽プロデュースの綾瀬はるか主演の映画「今夜 ロマンス劇場で」が封切られましたので、それを観に行った内容です。

 

住友君は、徳島の皆はよく知っているように、徳島県が生んだ音楽界のスターです。日本アカデミー音楽賞を2度授賞など、同級生の誇りです。同窓会でも気軽に参加してくれて、偉そうな態度などみじんも無く、いつも昔話に花が咲きます。

 

映画館はフジグラン北島の3階のシネマサンシャインでした。北島に開業以来実は映画は見ていませんでした。初めての一歩でした。

 

入場券も人がいるのかと思えば、機械が並んでいるだけ。思わず近くのスタッフに声をかけ一から操作を教えてもらいました。

 

指定席でしたが、平日という事もあり5名の観賞でした。もう貸し切りです。私は2階席の最前列でしたが、他の人は私の後ろ側なので、前はだれもいないという状況。

 

さて、映画ですが、本日の徳島新聞にも偶然に記事がのっていました。

映画の中のお姫様に恋した純情な青年と、スクリーンから飛び出してきたお姫様との甘くて切ない恋物語です。ラストの部分は感動で涙腺緩みっぱなしでした。この年になって映画で泣けるのには自分自身も驚きましたが、こういう感情も悪くないですね。たまには映画もいいですね。恋愛物は昔の純粋だった頃を思い出しますね。皆さんも是非見てください。お勧めです。

 

それでは、今回の院長ブログはこれまでです。皆様お元気にお過ごしください。

 

徳島の歯列矯正治療専門医院 藤崎矯正歯科クリニック

当院のホームページ http://fujisaki-kyousei.com もご覧ください。

AD

皆さん、こんにちは。この冬は徳島でも雪が多いですね。足元の寒さはこたえますね。

 

さて、この寒い中、矯正の専門医院開業の3名が徳島の私の診療所で勉強会を行いましたので、そのご報告です。

いきなり刺身の盛り合わせの写真ですが、神奈川から高橋先生ご夫妻が朝一便の飛行機で徳島に来て頂き、尼崎の朝井先生も駆けつけてくれました。朝からやっているびんび家で朝食となったわけです。3連休の真ん中の日で、朝から混みこみでした。 

 

お腹をいっぱいにして、勉強会の開始です。

3名がそれぞれテーマを持って自分の症例について発表というか披露して、他のドクターの意見を聞きます。普通の学会等の発表では他の人の目もあり、当たり障りのない質疑が多く、時間の制約もあり、なかなか本音で聞けないことも多いんです。しかし、こういう内々の勉強会は、ぶっちゃけトークが出来て、症例の裏側のことまで話しあえます。今回私は、苦戦している症例の原因や打開策などの意見を聞くことがテーマでしたが、さすが思いもつかない解決案を提示してくれたりで、収穫は大でした。昼食を食べずに6時間余りを矯正のことだけ話しあっていました。まったく矯正おたくの集まりといえます。でもこれがとても大切な機会なんです。

 

お勉強の後は、美味しい徳島の食べ物を堪能していただきました。

朝井先生の弟君も参加して、鳴門のお鮨屋さんでの懇親会でした。徳島の魚介類に舌鼓を打ってもらえました。

 

年に2回行っている勉強会ですが、今度は夏の予定です。臨床は一生勉強です。ハイテク機器の登場で、歯科の資料類にもどんどん変化が起きており、ついて行くのが大変です。貴重な勉強会を長く継続したいと思っています。それでは、今回の院長ブログはこれまでです。皆様体調管理には万全を期してください。

 

徳島の歯列矯正治療専門医院 藤崎矯正歯科クリニック

当院のホームページ http://fujisaki-kyousei.com もご覧ください。

AD

皆さん、こんにちは。2月に入りました。寒さもピークでしょうか。本当に毎日冷えますね。インフルエンザも流行っていて、手洗いうがいはかかせませんね。

 

さて、今回の院長ブログは、先日徳島市の佐古駅の裏側にあるJA徳島で、徳島県主催の第2回食育フェスタが開催され、その歯科相談に参加しましたので、そのご報告です。

 

昨年も開催されましたが、同じ場所です。

 

当日は、寒波来襲で雪でした。幸い昼ごろから晴れて雪も溶けましたが、最初は帰れるのか皆心配したほどでした。

 

まだ始まる前に写真撮影したので、写真は閑散としていますが、ご容赦ください。本館と別館に分かれての開催でした。

 

こちらが別館の歯科ブースです。

 

歯周病検査や、

 

細菌数の測定があったり、

 

口臭測定も行いました。

 

歯科衛生士会はその人に合った歯ブラシを指導します。

 

参加者には、歯みがき剤のプレゼントやハブラシのプレゼントがあります。

 

私は歯科相談でこんな感じで担当しました。

 

その他には、調理実習みたいなイベントもありました。

 

本館では野菜のクイズや直売も行われます。

 

子供たちが野菜でアートしていました。

 

その他には、料理研究家の講演やシンポジウム、キッチンカーを使ったスープの提供などもありました。

 

徳島県は海の幸、山の幸が豊富ですが、県民はなぜか野菜を食べないそうです。糖尿病も依然多い県なので、食の大切さを県民に訴えていこうという趣旨で行われました。私も先日血液検査で中性脂肪が適正範囲を超えてショックを受けましたが、思えば甘いものを食べることが多かったと思います。数値は説得力があります。その結果を見てからは、甘いお菓子はやめて、せめてフルーツにしようと頑張っています。今度の血液検査では、適正範囲に戻したいですね。

それでは、皆さん寒さに負けずに元気に過ごしていきましょう。

 

徳島の歯列矯正治療専門医院 藤崎矯正歯科クリニック

当院のホームページ http://fujisaki-kyousei.com もご覧ください。

AD

皆さん、こんにちは。平成30年となりました。来年は元号が変わる年となります。平成として1年があるのは今年だけという事です。あっという間に、3週間になろうとしております。皆様にとりまして、どのようなお正月でしたでしょうか。

 

昨年は当院には、1年間で202名の方が初診相談で来院いただきました。ありがとうございました。治療開始は130名でした。毎月400名以上の患者さんの治療を行い、1年間トータルは5284名と、今までで最大人数となっています。多くの患者さんに来院いただき、本当にありがとうございました。今年も私はもちろんのこと、スタッフ全員で一丸となり全力で治療を行っていく所存です。

 

今年はどのような年になるのでしょうか。国際的にはアメリカ大統領の言動が色んな方面に影響を与えており、目が離せない状態ですし、北朝鮮の軍事行動も偶発的に現実にならないか心配です。中国の軍事活動や経済活動も活発になってくると思われます。自国の利益のみを考えずに、世界的な見地に立って、各国のリーダーは行動してほしいと切に思います。核爆弾の唯一の被爆国である日本が、率先的に核の問題には取り組んでほしいですが、いままで核の傘に頼っている政府には、土台無理な話なのでしょうか。過去のしがらみを払拭して、改革断行とは、選挙の時にはよく聞くフレーズですが、当選してしまうとどうなった?という気がします。

 

日本国内は、消費税の増税が来年に控えており、増税後の不況が心配です。景気は回復していると経済指標の数字を語るニュースでは聞くものの、ITやAIの普及により便利になることも多そうですが、産業構造に大変革の波が押し寄せて来て、現状の産業、自分の仕事がどうなるのか、漠然とした不安も世間を覆っているような気がします。仮想通貨に関するニュースも毎日のように聞きます。今までの常識や知識が役に立たなくなる未来が来るのかもしれません。急速な変化に対応できなければ、取り残される不安でしょうか。

 

でも、今まで日本人は、鎖国をやめて西洋文化を取り入れて、近代国家へ生まれ変わる明治維新の大変革を乗り越えてきて、また第二次世界大戦の敗北で焦土と化した状態から、想像もできない回復発展をとげてきました。その伝統・精神を受け継ぐ我々にできないことはないと信じています。一人ひとりがやるべきことをして、皆で協力して、知恵を働かせて、一途に行動をすれば、必ず明るい未来がくるように世の中できていると信じています。平成30年が、後から振り返ればいい年だった、と思い返せるような年にしたいと切に思います。

 

さて、ここでお知らせです。

人手不足が叫ばれる昨今、歯科界では歯科衛生士が不足しております。歯は人々の健康を握る重要なパーツです。それを守り抜く仕事が歯科衛生士の仕事です。徳島県の4つの専門学校が合同で相談会を行う予定です。将来の仕事を何にしようかと思っている人は是非ご参加ください。高校生のみならず、中学生や小学生の方もOKです。ご都合の合う方は是非ご参加ください。

 

それでは、今回の院長ブログはこれまでです。今年も藤崎矯正歯科クリニックを宜しくお願いします。

 

徳島の歯列矯正治療専門医院 藤崎矯正歯科クリニック

当院のホームページ http://fujisaki-kyousei.com もご覧ください。

皆さん、こんにちは。いよいよ平成29年も終わりですね。今年最後のブログとなりました。治療終了の患者さんの報告となります。

 

35歳女性で、上顎前突と咬むところがわからないということで来院されました。

口元は盛り上がって閉じにくそうでした。

 

かなり人工物が多くて、上顎前歯が前方へ傾斜しています。

 

下から見た写真でも上顎が横幅も大きくて、右でも左でも前でも咬めるような状態でした。

 

神経の無い歯も多い状態でした。

分析の結果、小臼歯を上下2本ずつ、右側の上下の親知らずを抜歯して、ミニスクリューも用いながら、マルチブラケットで進めることとなりました。

 

治療期間3年8カ月で終了となりました。以下に治療前後の写真を供覧します。

         治療前               治療後

正面と下からの写真です。

治療後僅かに前歯部の接触は無いのですが、時間の経過とともに接触してくると考えています。

 

         治療前               治療後

横の歯の写真です。こちらは内外側の位置関係も適切になりました。

 

         治療前               治療後

上下の面です。抜歯スペースは完全に閉鎖して、奇麗に並びました。

 

         治療前               治療後

正面からの写真です。前歯が下がって口も楽に閉鎖できるようになりました。

笑顔もとても良い感じです。

 

     治療前          治療後

斜めも横も、とても奇麗にバランスのとれた状態になりました。

 

治療前

 

治療後

パノラマ写真です。根の吸収なども見られませんでした。

 

         治療前               治療後

横顔のレントゲン写真です。前歯が大きく後退して、口元がとても奇麗に変化しました。

 

感想を書いて頂きました。

治療終了おめでとうございます。4年ぐらいかかるかとお話ししておりましたが、想定範囲内で終われてよかったです。最初は咬む位置が大きくずれていたので、確かに大変だなとは思いましたが、少しずつ良くなって、今日の日を迎えられて私も嬉しいです。驚くほど咬み合わせが良くなったと感じてもらえるのは、私にとっても喜びです。まだこれから被せものの治療や、インプラント治療になっていくと思いますが、しばらくはリテーナーで頑張っていきましょう。お疲れ様でした。

 

今年も多くの患者さんに来院して頂き、ありがとうございました。私も精一杯治療をしてまいりました。来年も全力で頑張る所存です。どうか藤崎矯正歯科クリニックを来年も宜しくお願い致します。年末は12月29からお休みに入り、1月5日から診療開始となります。皆様よいお年をお迎えください。それでは失礼します。

 

徳島の歯列矯正治療専門医院 藤崎矯正歯科クリニック

当院のホームページ http://fujisaki-kyousei.com もご覧ください。

皆さん、こんにちは。クリスマスが目の前ですね。我が家は子供も大きくなって、ケーキも無くなりましたが、あの頃が懐かしいですね。皆さんは、どんなクリスマスをお過ごしなさるのでしょうか。

 

さて、今回の院長ブログは、久々に症例報告です。成人女性で、受け口が主訴でした。上顎の犬歯を2本と下顎の前歯を1本すでに抜歯で無い状態でした。

口の中のお写真です。後方の歯は奇麗に咬めています。ただ犬歯から前方は連続してひと固まりで受け口です。

咬み合わせの面です。上顎は犬歯が無いのですが、前歯の4本が内側にズレ気味の程度でした。下顎は前歯が1本無いのですが、時間の経過とともに閉鎖され奇麗に並んでいました。ただ黄色の矢印の歯の根っこが虫歯でやられていて、歯茎に膿がでてきている程でした。また緑色の矢印の歯も、根っこの状態は悪い事が分かりました。

 

お顔の写真です。下顎前突の特有の顔つきでした。笑顔でも下の前歯が大きく見える状態でした。

 

レントゲン写真です。矢印の歯に問題があり、長期保存は厳しいと判断し、抜歯をしてまだ生えていない親知らずを利用することとしました。

また下顎の前歯が1本欠損なので、左右の対称性を得るために前歯ももう1本抜歯させていただきました。上顎は非抜歯で進めることとしました。

抜歯をして、初めて装置をつけた時です。矢印の所が抜歯をした部位です。下顎の前歯は目立つので、ダミーの小さな歯を貼り付けています。治療の経過で下の抜歯のスペースが変化したことをお示しします。

先ほどの装置をつけた時です。

1年後です。矢印の部分のスペースは大分減少し、後ろから親知らずが出てきました。下顎の前歯部のスペースは詰め切りました。

2年後です。スペースは無くなり親知らずにも装置がついています。

 

トータル3年4カ月の治療期間で治療が終了しました。治療前後の写真を供覧します。

 

        治療前                 治療後

正面写真では、上下の真ん中は一致しました。横の写真でも受け口は適切に直っています。

        治療前                 治療後

上顎も奇麗なアーチとなり、下顎も抜歯スペースは閉鎖され、親知らずもきちんと並びました。

 

これは治療後のみですが、下から見ても内外側的にも適切な位置関係となっています。

 

        治療前                 治療後

顔の写真です。とてもバランス良くなり、笑顔での歯の見え方は全然違います。

 

     治療前          治療後

斜めも、横顔もとても奇麗になりました。

 

治療前

    

治療後

    

パノマラレントゲン写真です。治療前に横向いていた親知らずも奇麗に並びました。

 

        治療前                 治療後

横顔のレントゲン写真です。前歯の位置関係が良くなり、軟組織の横顔も奇麗になったと思います。

 

感想を書いて頂きました。おうちに帰って作成して、メールで送って頂いたものです。

受け口だった頃の面影が一切ない歯並びに大満足しております。

振りかえれば矯正前は、歯ぎしりや虫歯が頻発しており、歯を見せて笑うことにも非常に抵抗がありました。

何をするにもストレスの種になっていた日々と今とを比較し、口内環境を整えることが、どれだけ生活に安定をもたらしているかを実感する毎日です。

矯正中の歯が動く痛みや、器具の煩わしさもありましたが、今後の長い健康の基盤をつくる為と断念せず耐えてきて本当に良かったです。

またそれは、信頼をおける先生と丁寧で親切な衛生士の皆様があ ってこそのことと感謝しております。

初対面の際に同行した彼とは、今は夫婦となりました。疑い深い(笑)彼もずっと信頼を寄せていますが、明確で分かりやすい説明も非常に助かりました。

今後もよろしくお願い致します。

 

治療終了おめでとうございます。彼と一緒に初診相談に来られる患者さんも少ないですが、なんと言っても彼がお金を払うと聞いた時は相当驚きました。そんな人は未だかつていませんし、これからも出ないような気がします。非常にインパクトありましたので、よく覚えております。でももう結婚することは決めていたんでしょうね。とはいえ、若いうちに、なかなかできることではありません。とても良い人とご結婚されたと思います。治療前は悩まれていたことも、今は頑張ったお陰で、最高の結果が得られたと思います。あとは、メインテナンスをしっかりとすれば、歯科の病気に悩まされることもなく、思いっきり笑顔も作れます。これからも一緒に守ってい行きましょう。お疲れ様でした。

 

今回の院長ブログはこれまでです。皆さん素敵なクリスマスをお迎えください。あともう一回ブログ更新したいとは思っていますが、できないこともあるので、今年も色々ありがとうございました。良いお年をお迎えください。それでは。

 

徳島の歯列矯正治療専門医院 藤崎矯正歯科クリニック

当院のホームページ http://fujisaki-kyousei.com もご覧ください。

皆さん、こんにちは。12月になりました。日頃お世話になっている方々へのお歳暮をお送りする時期です。それぞれへのメッセージカードが何とか書き終わりました。

 

さて、今回の院長ブログも、旅行です。毎年ブログでも報告しています、中学時代の同級生と顧問の先生ご夫妻との1泊旅行に今年も行きましたので、そのご報告です。

 

今年で5回目、5年連続です。今年は名古屋でした。徳島からのメンバーは、車で新神戸へ向かい、そこから新幹線にのり、名古屋駅へ12時ごろ到着しました。

さっそく駅地下にある、ひつまぶしのお店に並び、いただきました。すごく香ばしくて、皮がパリッとして凄く美味しい。

そのままで食べて、ねぎとワサビを混ぜて食べて、最後にダシをかけて茶漬け風にしてと、3分割して食べます。皆感動でした。

 

それから名古屋駅すぐにあるホテルに一度チェックインして、すぐに徳川美術館へ行きました。

源氏物語絵巻の本物が見れました。国宝です。写真は撮れませんが、保存のため巻物状態ではなく、額に入れられています。でも色が薄くなって、破れや、虫食いの様なあとや染みのような部分もありました。今は湿度も温度も管理された状態ですが、鎌倉、室町、江戸時代と、自然に倉庫のような環境で保管していたとすれば、仕方ないです。まだ残っていることが奇跡的なんですね。その後の時代の模写もあります。それは色も奇麗で、破れず巻物だったりします。恐らく現物もこれとそっくりだったのかな、とか想像しながら見ました。とはいえそれも室町や江戸時代です。公家、貴族、大名たちがこぞって奪い合っていたそうです。いつの時代も美術品は権力者たちの餌食になるんですね。

 

夜は、愛知県在住の同級生も合流し、名古屋コーチンの専門店で同窓会です。

焼き物や、刺身、燻製、鍋、もうそれは鳥尽くしのコースで大満足、懐かしい中学時代の話も飛び出し、盛り上がります。

 

愛知に住む同級生のお勧めで、名古屋駅のそばに立つビルの上からの夜景を見に行きました。

さすが名古屋は大都会でした。美しい夜景にうっとりでした。名古屋城もライトアップされて素敵でしたよ。

 

ホテルで1泊したら、次の日は朝からジャンボタクシーを借り切って、国宝犬山城へ向かいました。

1500年代後半に、織田信長の叔父さんに当たる人が築城しました。震災などもありながらも、天守が現存する城では最古の城とのことです。名古屋城や姫路城のような豪華絢爛ではなく、質実剛健の形容がぴったりの、気が引き締まるようなお城でした。豊臣秀吉もこの城に合戦の時にも入っています。それを想像すると、廊下や階段、柱、壁をみるのもワクワクします。秀吉が生活した城が現存していて、その城に入っていると思うと、なんか時間というものの不思議を感じます。よく残っているもんだと思います。江戸時代の一国一城令でも、名古屋城があるにもかかわらず、この城は、二の丸などは破壊されても天守は残されたそうです。壊すには惜しい城だったんでしょうね。

 

階段は狭くて急傾斜です。昔の武士はここを、駆け上がって降りてを繰り返したんですね。廊下も柱も、天井の梁も、年代や風格を感じさせます。本物の日本の城を体感した気がしました。

一番上の4階天守閣部分です。眺めは最高です。外は外周がぐるっと回れますが、写真のように手すりが低すぎます。よくこれで観光客落ちた人がいないなとびっくりするぐらいです。でもリアル感は凄かったです。

 

その後は、明治時代に建てられた建物を移築した、明治村へ行きました。

昔のNHK朝の連ドラのハイカラさんが通るを思い出させる町並みでした。

製糸工場で使用していた機械類も保存展示されていました。

蒸気機関車も実際に走っており、乗車もできます。子供にはたまらないでしょうね。

お昼は、みそかつ丼をたべました。きしめんを食べてる人もいました。

夕方には名古屋駅に戻ってきて、新幹線、車を乗り継ぎ徳島へ戻りました。名古屋駅ではお土産を買ったりしました。

顧問の先生ご夫妻も、元気一杯で私達よりもしゃきしゃき歩いている気がしました。

今回も愛知県を満喫した充実旅行でした。来年はより多くの同級生に参加してもらうため東京を考えています。

今回も自分たちで情報を集め、企画して、実際に予約・手配など綿密な計画を立て臨みましたが、大成功で満足しております。

毎年この旅行が楽しみになってきました。来年のご報告も楽しみにしておいてください。

 

それでは、今回の院長ブログはこれまでです。インフルエンザの流行ニュースもでてきました。皆さんお気を付けください。

 

徳島の歯列矯正治療専門医院 藤崎矯正歯科クリニック

当院のホームページ http://fujisaki-kyousei.com もご覧ください。

皆さん、こんにちは。だんだん年の瀬が迫ってきました。院内もクリスマスの飾りつけが始まりました。今年も最後までしっかり頑張りましょう。

 

さて、今回の院長ブログは、10月末から11月の初めにかけて行われた、第12回日本ツイード矯正歯科研究会大会と、プレツーソンコースへインストラクターとして参加したので、そのご報告です。

 

私は日本ツイード矯正歯科研究会の庶務を担当しています。このプログラムも私がデザイン考えて、作成しました。大変ですが、今年はどんな感じにしようか~と楽しみながらやっています。今年は紺を基調に、シックでクールな雰囲気で作成しました。

写真でもわかるように、アメリカ本部からナンバー1&2を招待しての特別講演がメインです。

 

会場は千代田区神田駿河台の総評会館でした。ここは自分たちで机を移動したり、セッティングを行わなければいけません。会員や日本大学の矯正科の先生方と協力して会場設営を行いました。前方は講演を聞く部分で、後方は自分たちの症例を展示して、腕の見せあいをしながらディスカッションを行ったりします。

 

私は当日は司会進行も担当しました。

 

特別講演には両先生ともに熱が入ります。とても刺激的で、勉強になります。

 

お勉強の後は、懇親会で楽しみながら親睦を深めます。今年も山の上ホテルのレストランを貸し切って行いました。

パーティーの余興で、今年は高円寺阿波踊り連の菊水連にきていただき、踊りを見せて頂きました。これも私が企画して、連長さんと個別にお会いして、着替え場所や進行など打ち合わせなども担当しました。

華麗な演技で、会場もお祭りムードとなりました。

 

踊りの披露が終わると、皆で踊りのミニレッスンを受けて、総踊りとなりました。

招待のお二人にも特注の法被を着て頂き、踊ってもらいました。これも私がデザインして、オーダーメイド法被作成業者に発注しました。

ツイード理論を理解していないとできないものですから、世界に二つとない名前入りの法被です。お二人にはとても喜んでいただけました。

頑張ったかいがありました。自分がデザインして発注したと言うと、もう力強く満面の笑みで握手してもらいました。記念写真も一生の思い出です。

 

次の日は、予定が日中空いていたので、先生たちと東京観光に行きました。

まずは皇居です。恥ずかしながら私は初めて二重橋を真近でみました。車から遠くからは見たことは何度もありましたが、歩いてすぐ目の前までは初でした。天気も最高で楽しい雰囲気でした。

 

次は浅草浅草寺です。多くの人がいました。

 

人形焼きが次々出来上がるのを面白そうに見ていました。

 

最後は、スカイツリーに登って東京を一望しました。富士山もうっすら見えておりました。

レストランでの昼食、日頃話さない内容も聞くことができました。

 

その後先生たちは、東京医科歯科大学での講演に行かれました。

実はこの大会には当院のスタッフも参加しており、医院旅行も兼ねていました。夜はスタッフと合流して、銀座のイタリア料理のお店で食事をしました。東京タワーが見える夜景も素敵で、料理もとても美味しくてスタッフも満足してくれて良かったです。

 

次の日からは、若い矯正の先生方にワイヤーベンディングを教えるプレツーソンコースが始まりました。

お二人が日本人インストラクターにデモンストレーションをして、インストラクターは受け持ちの各テーブルに戻って、生徒さん達へデモを行い、進めていくわけです。私も出来るだけ丁寧に心がけて行いました。

 

3日間のコースでしたが、今年も全国から集まった42名の参加者で盛況に終えることができました。

最近はワイヤーを曲げないで済む、簡単な装置で治そうとするドクターが増えてきており、ちゃんと治らないことで問題になるケースが増加しています。患者さんの負担の少ない、ドクターが手間のかからない装置でほとんどの症例が治るなら、この講習会は必要ありません。残念ながらそんな魔法のような装置はないんです。患者さんも大変だし、ドクターも凄く頑張らないと、ちゃんとは治らないケースがほとんどなんです。咬み合わせがちゃんと治らないと、将来健康で生きることが難しいことが、最近の研究で明らかになってきています。技術を身につけることは確かに楽ではありませんが、これがないと患者さんの咬み合わせはきちんと治せないことを、矯正医として一人前になろうとする若い先生たちにも、是非肝に銘じてもらいたいと思います。

 

今回は、両先生とかなり親密になれた気がしました。もっと英語が喋れれば良かったんですが、まだまだなので、英会話の勉強も励もうと思います。それでは、皆さん、お元気にお過ごしください。

 

徳島の歯列矯正治療専門医院 藤崎矯正歯科クリニック

当院のホームページ http://fujisaki-kyousei.com もご覧ください。

皆さん、こんにちは。秋も深まり暖房が欠かせなくなってきましたね。

今回の院長ブログは、徳島大学が主催の、糖尿病フォーラムに参加したので、そのご報告です。

場所は、徳島県医師会館で開催されました。徳島県は糖尿病罹患率ワースト1位を長く守っていた糖尿病県です。

そこで、医療関係者は改善に向けたフォーラムなどの各種活動を行っているのです。

歯の病気である歯周病が、糖尿病と悪のコラボをして、どんどん状況を悪化することが最近の研究で明らかとなりました。そこで、県歯科医師会もブースを出して、歯周病検診などを行ったわけです。

 

会場の写真です。歯科衛生士会の協力も得て、開催しました。

 

まず、20項目の問診票を記入します。

 

私も患者としてやってみました。ガムを噛んで、唾液をとります。唾液を分析して判定を行います。

化学分析業者に送って結果が郵送されるものと、試験紙みたいなもので出血の有無をみて、歯周病かどうかの判定を行います。

問診結果の入力を行います。ここが時間がかかって、改善が必要な感じでした。

問診結果や、唾液検査の結果を見ながら、衛生士さんが食生活や口腔衛生指導を行ってくれます。

 

これが歯科の部門の流れです。今回は私は歯科部門のスタッフではなく、見学者みたいな立場でしたので、医科の検査各種を受けてみましたので、そのご報告も。

 

 

 

無料で色んな検査が受けられました。県民も多くの方がいらして、私も椅子に並んで順番を待ちながら進めました。

 

指から血を取って血糖値を測定したり、 

体重計に乗って、体脂肪率や握力、足の力など計測しました。

その他にも、頚動脈のエコー検査で、血管の厚みなどを計測し流れやすいかどうかなどもわかります。

 

各種検査データを最後は医師にみてもらい、解説してもらいました。私は血糖値は正常で、血管の壁の厚さも大丈夫でした。

筋力も平均でしたが、内臓脂肪がやや過剰(でも過剰に近い)で、肥満型に分類されました。ショックですが、運動をして、糖分摂取を控えるなど心がけようと思います。

 

各種の啓発本ももらえ、健康食品のサンプルもいっぱいもらえました。

健康を考える楽しい一日となりました。

 

それでは今回の院長ブログはこれまでです。皆さん、風邪などにご注意ください。

 

徳島の歯列矯正治療専門医院 藤崎矯正歯科クリニック

当院のホームページ http://fujisaki-kyousei.com もご覧ください。

 

皆さん、こんにちは。ちょうどこのブログを書いている時は、巨大台風が接近中で、徳島市も雨風が凄い状態です。大きな被害をもたらさずに、離れてほしいです。

 

さて、今回の院長ブログは、秋の北海道へ学会で4日間行ってきたので、そのご報告です。

まず朝、徳島から羽田に飛び、そこから新千歳空港へと向かいました。

ちょうどお昼に着いたので、いきなり空港で

ウニいくら2色丼をいただきました。新鮮でプリプリでとろける甘さ、まずは北の大地へ来た実感をかみしめました。

 

その後ホテルへ入り、休憩して札幌駅周辺のショッピングをして、紳士物の手袋を札幌記念に購入しました。この日は夜に所属する専門医委員会の先生方との食事会でした。

うに、えび、たらば、かき等、海の幸を堪能しました。北海道発祥のラーメンサラダも出てきました。ホストの先生がわざわざ余市まで行かないと購入できない、貴重なウィスキーもでてきました。別々の樽で熟成して香りや味が違います。

 

次の日、いよいよ学会場へ入ります。

今年は隣接する3つの建物に分かれての開催でした。本州は雨が続いていましたが、札幌は奇麗に晴れて、実に気持ち良い気候でした。最高気温も13度ほどで、徳島より少し寒い程度でした。しかし、夜は5度まで下がるので、真冬のコートが必要でした。

 

会場で講演を聞いたり、

 

商社展示場では、新製品の説明を聞いたり、注文したりします。ハイテク製品の説明はいつも驚かされます。歯科用CTも欲しいのですが、価格が・・・。機能が向上するほど欲しくなりますが、価格は下がってこないのが悔しいです。

 

二日目の夜は、友人とすすきののおすし屋さんへ行きました。

これもとても満足でした。久しぶりに会う人達と、おいしい食べ物で、幸せな時間を過ごしました。

 

三日目の夜は、ツイード研究会の先生たちとフレンチに行きました。

味はもちろん、盛り付けも奇麗で、お店の人のもてなしも最高でした。北海道の食材によるフレンチ最高ですね。また来たいと思いました。

 

勉強もちゃんとしたつもりですが、やはり北海道は食べが軸足となりました。北海道を離れる千歳空港でも、立ち食い寿司で、最後を締めました。これ以上ない満足なグルメ学会となりました。

徳島では、慎ましい食事にして、体重を減らします。

今回の院長ブログはこれまでです。皆さん、お元気にお過ごしください。

 

徳島の歯列矯正治療専門医院 藤崎矯正歯科クリニック

当院のホームページ http://fujisaki-kyousei.com もご覧ください。