皆さん、こんにちは。1月も半分を過ぎて、お正月気分も抜けてきました。

さて、今回の院長ブログは、治療終了の方がいらっしゃいますので、そのご報告です。

 

タイトルのように、上顎の犬歯が1本骨内に眠っている状態で、他には虫歯で第一大臼歯が3本根っこのみで、その他にも第二大臼歯が1本、第二小臼歯が1本根っこのみでした。

上のレントゲンで、横向きの犬歯と、歯がない部分がわかりますでしょうか。

口の中の写真はこんな感じです。

 

とりあえず、第一大臼歯3本の残根と第二小臼歯の残根は抜歯してもらい、精密検査となりました。

 

大臼歯が無くなってぽっかりスペースができています。上下の真ん中もずれています。

左側ですが、上の大臼歯が伸びきて下の歯ぐきを咬みそうです。これがやっかいでした。

上顎は凸凹は気になりませんが、実は右側の犬歯が歯ぐき内に隠れていました。

下顎は中程度の凸凹でした。左の第二大臼歯は残根でしたが、何とか残して前に移動することとしました。

 

治療方針は、まず犬歯はあきらめて抜歯としました。またミニスクリューを左の上の内側と外側の両方に打ち込み、垂れ下っている大臼歯を持ち上げることとしました。

その他は、残根で抜歯したスペースを閉じることになりました。

 

まずはスクリューをセットです。

5ヶ月後です。少し大臼歯が持ち上がり始まっています。

さらに3カ月経過時のレントゲンですが、左上の親知らずを抜歯しておけばよかったとこの写真をみて思いました。

大分大臼歯も持ち上がってきました。

 

治療開始から10カ月して、下顎の横にブラケットを装着しました。

 

いよいよ第二大臼歯の前方移動の開始です。左側は無事持ち上がったので前に持ってくることができました。

 

治療開始から1年半です。大分スペースが詰まってきました。

 

さらに1年、治療開始から2年半で治療終了となりました。

治療前と治療後並べて供覧します。

 

治療前 治療後

ずれていた真ん中も一致しました。

横の歯も山と谷が奇麗に咬みました。左側の落ち込んだ大臼歯も持ち上がり、下顎の第二大臼歯と咬合しました。まだ下顎は仮歯ですので、この後に、きちんとしたものを被せて、上とさらに緊密に咬合の予定です。

 

治療前 治療後

咬み合わせの面です。隙間も完全に閉鎖して奇麗なアーチとなりました。

 

これは治療後のみですが、適切な接触関係が構築できました。

 

治療前 治療後

顔の写真です。もともと悪くはありませんでしたが、よりバランスが良い感じとなっています。

 

治療前 治療後

斜め、横顔でも良い感じです。

 

治療前

治療後

斜めの犬歯は無くなり、スペースもなくなりました。ただ親知らずが傾いたままです。

当初はこれが利用できればと期待していましたが、現状では厳しい状態です。

 

治療前 治療後

横顔のレントゲンです。前歯が少し後方に入り、口元のシルエットは奇麗になっています。

 

感想を書いていただきました。

治療終了おめでとうございます。初めは犬歯は横向いているわ、大臼歯が根っこしかないし、残った大臼歯も下の歯ぐきを咬むぐらい下がってしまい、これは長くかかると覚悟しましたが、凄く早く終わりました。親知らずをコントロールするつもりでいたので、その分早くなったこともあります。外す日に下の前歯に少し乱れが出ていて心配ですが、リテーナーで調整します。これからも頑張って通院してください。お疲れ様でした。

 

歯は、咬む相手がいなくなると伸び出してくるというおもしろい性質があります。今回の左の大臼歯が典型例です。こうなると入れ歯も作れないのです。矯正で歯を動かすという手段が最も効果的ですが、難しい動かし方であるため矯正医には相当のプレッシャーがかかります。今回はうまく行ってほっとしています。

それでは、今回の院長ブログはこれまでです。皆さん、お元気にお過ごしください。

 

 

徳島の歯列矯正治療専門医院 藤崎矯正歯科クリニック

当院のホームページ http://fujisaki-kyousei.com もご覧ください。

 

 

AD

皆様、新年あけましておめでとうございます。

藤崎矯正歯科クリニックは本日が仕事始めとなります。

今朝、出勤途中、車で長さ1キロの吉野川橋を渡るとき、ちょうど河口から燃えるようなオレンジ色に輝く朝日が昇り始めていて、上の3分の1が見え始めていました。雲も邪魔せず、輪郭がくっきりしていて、周りの雲には放射状の後光がさして、あまりの美しさに見とれてしまいました。橋の中央部分ではちょうど半分が見えて、橋を渡り終える時には、全部が見えました。何か今年は良い事ありそうな、縁起の良いおめでたい気持ちになりました。

昨年は249名の初診相談の患者さんにご来院いただきました。ありがとうございました。

昨年を振り返ると、3月からは医療法人 藤崎矯正歯科クリニックとなり、より一層社会への医療貢献が責務となりました。4月からは新しい歯科衛生士を迎え、衛生士4人態勢となりました。また日本矯正歯科学会の専門医委員会のメンバーとなり、中四国矯正歯科学会では財務理事を担当することとなり、診療所以外の役職も増えた年でありました。9月からは衛生士が1名出産のため離れ、皆様には予約の取りにくさなど何かとご迷惑をおかけしましたが、12月末には復職し、本年はフルメンバーで診療にあたることができます。

昨年はリオのオリンピックの選手たちの活躍に、勇気や感動をもらいました。特に内村航平選手への記者会見中の意地の悪い質問に対し、銀メダリストのベルニャエフ選手が、ついさっき負かされたライバルをもリスペクトする言葉には、心から拍手を贈りたくなりました。まだまだ世界はすてたもんじゃないと思いました。スポーツだけではなく、ビジネスや、プライベートでもこういう精神は皆が大切にしなければならないように思いました。

しかし、良い事よりも、想定外のニュースのほうが多かった1年でもありました。豊洲の地下空間などは、日本の東京都でさえもずさんな事が起きていることに愕然としました。イギリスのEU脱退、トランプ大統領の当選、天皇の退位希望など、世の中これからどう変化していくのか全く予想はつきません。今までの成功の延長線上に、必ず幸せが待っているわけではない、ことを常に忘れずに、変化に対応、順応して、独自の進む道をひたすら探しながら、元気に明るく進んでいこうと思います。今年の藤崎矯正歯科クリニックにご期待ください。

それでは、皆様方の今年1年のご多幸、ご健康をお祈り致します。平成29年も藤崎矯正歯科クリニックを宜しくお願いいたします。

 

 

 

AD

皆さん、こんにちは。12月になり一段と寒くなりましたね。私は少し風邪気味でしたが、ようやく治ってきました。皆さんはいかがですか?

 

さて、今回の院長ブログは、治療終了のご報告です。

22歳の男性、前歯部の凸凹を気にされ、一般歯科からご紹介していただいた方です。

咬んだ時に正面から見ると、あまり問題あるようには見えませんが、実は右の上顎の2番目の前歯が完全に内側にブロックアウトされていました。

横の歯のかみ合わせは、両側とも非常に緊密に咬んでいます。できればいじりたくないという位です。

咬み合わせの面をみると、上顎はもちろんですが、下顎も前歯部は激しい凸凹状態です。

このままでは磨きにくく、将来虫歯の多発、引き続いて歯周病になり、早期に歯を失うことになります。

顔つきは正面・横顔ともにバランスのとれた良好な状態です。

しかし、笑顔の時の上顎の正中線が明らかに右にずれています。右の2番目の前歯が後ろにずれている分、1番目の歯は右へ寄っている状態でした。

 

レントゲン的にも大きな問題は見られませんでした。

 

実はこの患者さんは大学の3年生で、あと1年4カ月で卒業して徳島を離れる予定でした。

治療が長引いた場合は、徳島へ通院するつもりとはおっしゃっていましたが、こちらにご実家があるわけでもなく、あまり長い治療は避けたい状況でした。

そこで、治療方針は、上下右側の2番目の前歯を1本ずつ抜歯をしてブラケットを装着して治療することとしました。この方針は治療期間は早いですが、気になる上顎の真ん中のラインは、顔の真ん中からずれたままになることは承諾していただきました。

 

治療期間はちょうど2年でした。ただ4月以降は、毎月通えなかったので、実質1年半あまりでした。以下に治療前治療後を供覧します。

 

治療前 治療後

治療後は上下の正中線同士は一致しました。横のかみ合わせも崩さずに完成しました。小さいですが虫歯が所々に出来てしまっています。残念ですが、こういうデメリットもあります。

 

治療前 治療後

咬み合わせの面です。凸凹も取れ奇麗な歯列になりました。

 

これは治療後のみです。内外側的にも適切に配列できました。

 

治療前 治療後

大きな変化はありませんが、顔面と歯の正中線のずれは残っています。

 

治療前 治療後

斜めも横顔もバランスは良い状態がキープされています。

 

治療前

治療後

パノラマレントゲン写真でも、根っこの吸収なども見られませんでした。

 

治療前 治療後

横顔のレントゲンも大きな変化はありません。良い状態をキープしています。

 

感想を書いてい頂きました。

 

治療終了おめでとうございます。最後ぎりぎり卒業に間に合わなかったのが残念でしたが、よく遠路通院ありがとうございました。通常は左右対称的に抜歯をするのが原則ですが、今回は歯のブロックアウトの程度も強く、横の歯は両側ともめちゃめちゃ良く咬んでいること、1年半程度の治療期間で終わらせたい、などの理由で総合的な判断となりました。真ん中のずれは見た目ありますが、機能的にはまったく心配いりません。今後はリテーナーをしっかり使って守っていきましょう。お疲れ様でした。

 

それでは、今回の院長ブログはこれまでです。皆さま、手洗い、うがいをまめにして、風邪やインフルエンザにはご注意ください。

 

徳島の歯列矯正治療専門医院 藤崎矯正歯科クリニック

当院のホームページ http://fujisaki-kyousei.com もご覧ください。

AD

皆さん、こんにちは。クリスマスソングが聞こえる季節になりました。1年もあと1か月余りですね。

 

さて、今回の院長ブログは、先週東京で開催されましたプレツーソンコース、メインはワイヤーのベンディング、曲げることを教える講習会ですが、それにインストラクターとして参加してきましたので、そのご報告です。

現代の矯正治療は、既成のワイヤーを入れるだけで、曲げを入れない先生が多く、それではその患者さんに合った位置で緊密な咬合関係を得ることができないのです。硬い太いワイヤーでさえも自在に3次元的に曲げられる技術を身につけると、心強く、安心して難症例の治療に望めますが、そうじゃなければ平均点は取れるけれども、100点満点に近い仕上がりは望めないわけです。若い先生たちは、なかなかそれを教えてもらえる場所がないので、いつもこのコースは多くの受講生が来ます。

今年も、ツイード ファウンデーションのボスである、クロンツ先生をアメリカからお招きして、受講生26名、インストラクター15名で開催されました。

 

進め方は、ボスがまずインストラクターにデモンストレーションを行い、受講生に対する指示をインストラクターに出します。午前中はここまで進めるとか、ここでチェックするようにとか細かい指示が出ます。

それを各テーブルに戻って、インストラクターが曲げ方を説明しながらデモして、それから受講生の先生方が曲げ始めるというわけです。皆に見られると失敗は許されないので、いつもより慎重になります。どんなことをしているかを具体的にお話ししますと、

英語で書かれた指示書どおりに曲げていくわけです。まずは直線のワイヤーのベンドから始まります。

次のステップは患者さんを想定して、こんなカードに合わせるように曲げます。

いろんなチェック用のものも利用します。曲げる角度も指定して、それに合わせます。

こんな感じに曲げるわけです。

実際のプライヤーの握り方や、曲げ方、その曲げた程度のチェックの方法なども教えます。

例えば、こんなワイヤーを指示書どおりに曲げていくわけです。

最終日には、自分の治療した症例を、模型やレントゲンを持って行きボスにチェックしてもらいました。先日行ったダラスでは、ボスは人気で世界各国の先生が症例相談をしてもらいたがるので、とても近寄れませんが、日本にいる時は、貸し切り独占状態ですから得した気分になります。良く治っていると褒めていただきました。ボスも模型を持って記念写真に協力してくれました。80歳になってもお元気で、実際の臨床もばりばりやられているそうです。

 

若い先生たちとの触れ合いも刺激になりますし、インストラクターとのディスカッションも勉強になります。今回も有意義な3日間をすごせました。

また臨床に真摯に取り組んでいきたいと思います。

今回の院長ブログはこれまでです。皆さまお元気にお過ごしください。

 

徳島の歯列矯正治療専門医院 藤崎矯正歯科クリニック

当院のホームページ http://fujisaki-kyousei.com もご覧ください。

 

皆さん、こんにちは。11月も半ばを過ぎ、寒さも日ごとに強まっていますね。風邪などにご注意ください。

 

さて、今回の院長ブログは、少し前になりますが、11月6日から9日にかけてアスティ徳島で日本最大の矯正歯科の学会である日本矯正歯科学会が開催されましたので、そのご報告です。

全国から徳島へ矯正の先生たちが集まってくるわけです。

受付も通路も人の波でした。参加者は3900名ほど。宿泊や交通機関の予約が皆大変だったそうです。

講演会場で発表を聞いたり、

展示会場でパネルをみたりします。

業者のブースでは新製品の説明を聞いたり、セール品の注文なども行います。

今回はステンレスのホワイトコーティングのワイヤーに興味を持ちました。問題は耐久性のようです。

 

会場内では、歩いている途中に懐かしい顔に出会えます。

 

学会懇親会が大塚国際美術館で開催されました。

夕方から貸し切りです。有名なシスティーナ礼拝堂のホールがパーティーホールです。また館内は自由に見学できます。

私も久しぶりに館内に入りましたが、いつも感嘆します。全国から来た先生たちも、学会よりもこれを楽しみにしていたという先生方も多くいたのには、びっくりしました。

パーティーでは、やはり阿波踊りが披露されます。私も会場の踊りの輪に加わり踊って楽しみました。

 

最終日は多くの友人が、飛行機に乗る前に診療所に立ち寄ってくれました。

あっとゆう間の学会期間でしたが、楽しい時を過ごせました。

 

学会で得た情報で、より良い診療を提供していきたいと思います。

それでは、今回の院長ブログはこれまでです。皆さまお元気にお過ごしください。

 

徳島の歯列矯正治療専門医院 藤崎矯正歯科クリニック

当院のホームページ http://fujisaki-kyousei.com もご覧ください。

 

 

皆さん、こんにちは。11月になりぐっと冷え込んできましたが、体調はよろしいでしょうか。

 

さて、今回の院長ブログは、2年に一度の国際学会の大会にテキサス州ダラスに行ってきましたので、そのご報告です。

成田からダラスまでは直行便があります。JALでエコノミーのチケットを購入して、せっせとためたマイルでアップグレードして、ビジネスクラスに搭乗しました。新しい型なので、フルフラット。ぐっすり眠れました。食事もサービスも良くて11時間のフライトでも疲れませんでした。

機内では、日頃読まない学会のレポートなどを熟読していました。

こちらがダラスの北にある、ウェスティン ストーンブレアー リゾートホテルです。

気候は朝晩は日本とほぼ同じぐらいですが、昼間は30度近くまで上がり、夏のようでした。

レンタカーを借りて、慣れない右側通行でしたが、事故なく色々回れました。

 

これが全参加者が3症例を持ち寄って展示する部屋です。これを見るのが本当に楽しみでした。

ホテルに着いて昼食を取った後、ツイードのフェローメンバー(上級資格)になる資格試験がありました。今年は15名ほど。私は試験官の予定は無かったのですが、人数が足りなかったので、急遽補欠的に試験をする側になりました。右側の男性が試験を受ける人で、中国系アメリカ人(フロリダ)でした。左の女性は韓国の試験官ですが、あなたはネイティブですか?っていうぐらい英語が流暢で、ついていくのが大変であせりましたが、なんとか切り抜けました。英語はしゃべれないと恥かきますね。もっと勉強します。

 

試験の後は、レンタカーで近くのショッピングモールへ行き、ディナーはホテルのフロントさんが勧めてくれたステーキハウスへ行きました。でかくておいしかったです。

 

ホテルの部屋でテレビをつけると、懐かしいスタートレックがもちろん英語でやっていて、4話ぐらい連続で見てしまいました。

 

次の日からは2日間、各国からのスピーカーの発表を聞いたり、症例展示ルームでの閲覧をします。

外国人の奇麗なファイルは真似できませんが、刺激になります。

 

一人でじっくり見る時間もありますが、その人に直接質問したりできます。また私の症例もみてもらアドバイスをもらったりします。なかなか自分の症例をざっくばらんに見てもらい、コメントもらえる機会はこんなところしかないのです。そういう意味でもとても勉強になります。

 

最終日の終わりには、正装に着替えてのパーティーです。右写真は資格試験の合格者です。私の担当も無事合格でした。

ボスの肖像画の作成、贈呈式もあり、その後は各国の友人と写真を撮ったり、ダンスを楽しんだりします。最後は2年後に再会を約束して、皆帰国していきます。

 

今回も実りの多いミーティングでした。また次回も3症例仕上げて、友人に褒められることを目標に頑張ろうと思います。

それでは、皆様お元気にお過ごしください。

 

 

徳島の歯列矯正治療専門医院 藤崎矯正歯科クリニック

当院のホームページ http://fujisaki-kyousei.com もご覧ください。

 

 

皆さん、こんにちは。今年の台風は強力です。18号の久米島の電柱が折れている写真は、見た瞬間に恐怖を感じました。自然の猛威と供に生きていかなければならない覚悟が必要ですね。各自ができる範囲の防衛準備をして、被災時には協力しあう精神が求められますね。

 

さて、今回の院長ブログは、治療終了の患者さんがいらっしゃいますので、そのご報告です。

16歳と若い高校生でした。右側の横の歯が2本(小臼歯)、それと見えにくいですが、両側の一番奥の歯(第二大臼歯)も内外側的にずれていました。

こんな感じです。

 

初診時の1年前から痛みや雑音が出始めていたとのことです。普通この若さで関節の痛みが出ることはまれです。初診相談に来られて、治療の概略を説明しましたが、まだ決断がつかなということで、しばらく考えていました。しかし4ヶ月後にさらに痛みが強くなり、つらさも増したので、矯正治療を決断されました。ただし、関節症状が必ず治る保証はできないことはお話ししました。

 

初診時の写真です。

真ん中も下顎は少し左に偏位していました。

横から見た歯の前後的位置関係はばっちりOKでした。

でも下から見ると内外側的にはズレガあります。よく見ないとわかりません。

咬み合わせの面です。一見歯並びはよさそうです。でも奥歯は微妙にずれています。上顎は最後方の歯が外へ開いています。逆に下顎では内側に傾斜気味です。

顔つきには問題は感じません。

 

レントゲン写真では親知らずが4本あることがわかります。

前歯の位置は悪くない状態でした。治療方針は第二大臼歯を移動しやすくするために、親知らずは抜いていただきました。あとはブラケットを付けて並べる方針としました。

 

治療期間は1年10カ月でした。以下に治療前と治療後を掲載します。

治療後は顎関節の痛みや雑音も消失して、今のところは上出来です。

 

治療前 治療後

真ん中も奇麗にあいました。

横の歯の咬み合わせも崩れることもなく仕上がりました。

治療前 治療後

奥歯の乱れも奇麗に直りました。

 

治療前 治療後

下から見た角度からも、内外側的な配置も完璧です。

 

治療前 治療後

顔つきはもともと悪くありませんでした。ほとんど変化は見られません。

 

治療前

 

治療後

親知らずが無くなりました。根吸収なども見られませんでした。

 

治療前 治療後

横顔のレントゲンです。大きな変化はみられません。

 

感想を書いてい頂きました。

治療終了おめでとうございます。最初は矯正なんかやりたくないモードが、強く感じられましたが、結局痛みが強くてそうは言っていられなくなりましたね。まだ若いので、顎関節も大きな障害は残っていないと思います。途中では顎に痛みが強くなったりと、大変でしたが、後半は症状も消えてきて、楽になっていった気がします。これからはリテーナーで守っていきましょう。お疲れ様でした。

 

ここで、ちょっと振り返って、この症例における私の推測をお話しします。

下の写真を見ていただくと、青いラインが初診時は左上がりで、治療後は水平になっています。

 

治療前 治療後

治療前 治療後

これは正面からのレントゲン写真です。いつもはお見せしませんが、精密検査時には必ず撮影しています。この写真でも下顎の傾斜が同様に変化しているのがわかります。

 

患者さんは右の小臼歯2本が内外にずれて咬めていませんでした。さらに第二大臼歯も同様にずれていて、臼歯は第一大臼歯のみが咬んでいました。左に比べ咬めていないわけです。それにより右の歯がどんどん沈んでいく、咬み合わせの高さがどんどん小さくなっていったといえます。その結果があの傾斜だと思います。咬む力を右の歯では支えきれないので、顎の関節にも右側には大きな負荷がかかります。この患者さんは右の顎だけが痛かったのです。歯のずれが咬む力の左右のバランスを崩し、ついには顎関節の痛みにまで発展していったと思われます。

そうなると、左右対称の咬合が付与された今後は、症状は消失したままでいてくれる可能性が高いとも言えます。しかしこれは後付けの推測です。初診時にはわかりません。今後ストレスや歯ぎしりで過剰負荷がかかってまた発症するかもしれません。ここが生き物の難しいところです。個人差に関しては読めません。

色んな経験を積み上げて、より質の高い治療結果を残せるように頑張ります。

それでは、今回の院長ブログはこれまでです。皆様お元気にお過ごしください。

 

徳島の歯列矯正治療専門医院 藤崎矯正歯科クリニック

当院のホームページ http://fujisaki-kyousei.com もご覧ください。

 

 

 

皆さん、こんにちは。食欲の秋、果物もおいしいですね。食べすぎると生活習慣病が気になります。先月2年ぶりに健康診断に行った結果が戻ってきましたが、血圧、心電図、尿検査、血液検査項目すべて正常範囲で、ほっとしております。でもやはり予想していた通り、腹囲のみ超えております。あの標準値は厳しすぎるだろうと感じておりますが、皆さんはいかがですか?

 

さて、今回の院長ブログは、先日の台風16号で、建物に大きな被害は幸い無かったのですが、植栽のコニファー(スカイロケット)が傾いておりましたので、その修復、支柱作成を行いましたので、ご報告します。

真っすぐに生えていたんですが、強風で傾いて、道路側にも傾いておりました。

かっこは悪いのですが、仕方なく荷作り紐で縛っていましたが、また台風は今後も来るので、支柱を作ろうと日曜大工をいたしました。

ホームセンターで、支柱3本と、その支柱を支える杭と麻紐を購入しました。5本のコニファーそれぞれにこのセットを購入し、計4000円余りでした。

完成写真がこれです。

3本の支柱を打ち込み、頂点を重ねて木の幹と麻紐でぐるぐる巻きにします。

支柱はさらに短い木杭でさらにしっかり固定します。出来上がりはなんかプロっぽくて満足でした。

 

施術前と施術後を比較します。

良く見ないとわからないですが、本人としては頑張ったつもりです。

幹自体が反ってしまっているところは、どうしようも無かったですね。

今後も水やりをかかさず、しっかり育ってもらいたいです。

ちなみに、7年前の開業時はこんな感じです。よく成長してくれています。

それでは、皆様お元気にお過ごしください。

 

徳島の歯列矯正治療専門医院 藤崎矯正歯科クリニック

当院のホームページ http://fujisaki-kyousei.com もご覧ください。

 

皆さん、こんにちは。先日の台風は凄かったですが、皆様の回りは大丈夫でしたか? 携帯が鳴る避難勧告や指示が出過ぎているようにも感じますね。本当に必要な時に必要な人にだけというのは難しいんでしょうね。

 

さて、今回の院長ブログは、少し前になりますが、治療終了の患者さんがいらっしゃいますので、そのご報告です。

正面や左右からは問題は感じません。実はこの患者さん小学校の時から矯正治療を行っていたので、奇麗に咬んでいるのです。

しかし、咬み合わせの面をみると、右写真のように前歯がかなりの重なりが出てきてしまっています。これが患者さんの主訴でした。治療の後、保定装置など使用していなかったんです。

顔の写真です。やや口元が盛り上がり気味でした。

親知らずは存在していましたが、その他に問題はありません。

横顔のレントゲン写真分析では、上下の前歯が前方に傾斜が強いこともわかりました。

 

総合的に考えて、咬み合わせは良いですが、前方傾斜を改善し、口元もすっきりさせるために上下左右第一小臼歯を計4本抜歯して、ミニスクリューとブラケットを用いて治療を行うこととしました。

 

治療期間は、2年9カ月でした。以下に治療前後の写真を並べて供覧します。

 

治療前 治療後

治療後も緊密な噛み合わせは維持できております。

 

治療前 治療後

下顎の凸凹も綺麗に並びました。

 

これは治療後のみですが、内外側で的にも適切な位置に配置できました。

 

治療前 治療後

正面からの顔の写真です。唇が薄くなり、楽に唇の閉鎖ができています。笑顔も口角を上げるスマイルとなりました。

治療前 治療後

斜め、横顔でも口元が引き締まったような感じになりました。

 

治療前

治療後

パノラマ写真でも根吸収なども見られませんでした。

 

治療前 治療後

前歯が大きく後方移動したことがわかります。

 

感想を書いていただきました。

 

治療終了おめでとうございます。小学校から矯正をして、また3年近く矯正をしてと、本当にお疲れ様でした。治療の途中で上の横の歯が先に後方に下がって、前歯が取り残されて、出っ歯のようになった時に、これって本当に下がるんですか?って心配していたのをよく覚えております。安心してください、大丈夫ですよ、とお話ししたように、きちんと下がりましたよ。これからはリテーナーをきちんと使って安定させていきましょう。

 

小学校から中学校にかけて行った治療は、凸凹を改善するために、側方拡大と前方傾斜をしています。治療後5年間で親知らずが後方から押して来たり、歯自体が元の場所に戻ろうとする後戻り、などで前歯に凸凹が再発しました。拡大する治療は下顎の前歯部には後戻りが出やすいのです。今小さなお子さんの矯正治療は、拡大が主流となっていますが、明らかに限界を超える無理な拡大も見られます。ただしここまでが限界という数値は無いのです。成長期はいくらでも拡大できるように思われるかもしれませんが、残念ながら限界はあるのです。ここは矯正医の診断力、判断力にゆだねられます。私も日々悩みます。これはいつの時代も、世界中どこでも見られる問題です。安定する歯の位置を求めて今後も治療を頑張ります。

 

それでは、今回の院長ブログはこれまでです。朝晩と日中の温度差が大きくなってきました。皆さん体調管理にはご注意ください。

 

徳島の歯列矯正治療専門医院 藤崎矯正歯科クリニック

当院のホームページ http://fujisaki-kyousei.com もご覧ください。

 

皆さん、こんにちは。 夏も終わり残暑厳しいとはいえ、秋の気配が感じられる季節になりました。怒涛の夏休みが終わり、やっとふつうの平日の診療となり、ちょっとほっとしております。

 

さて、今回の院長ブログは、治療終了の方がいらっしゃいますので、そのご報告です。

開咬、上下の前歯が垂直的にあいていて、前歯でものが咬めない状態でした。

 

顔つきには問題はありませんでした。笑顔での歯の見え方が問題でした。

 

初診時の口腔内写真です。両側とも大臼歯しかあたっていません。歯並びには問題はありませんが、下顎はスペースが見られました。それと過去に歯ぎしりなどが強かったと思われる歯のすり減りが著しく、犬歯や臼歯の山の部分がスパッと切り取られたような形になっています。

 

実はこの患者さんは実はもっと後ろで咬む位置もあります。それがこの写真です。

上の写真との違いがわかりますでしょうか。3~4ミリほど後方へ下がります。上顎前突が凄い状態となってきます。

下から見上げると臼歯部の内外側的な問題はさらに厳しいことがわかります。ここでは咬めませんから、患者さんは習慣的に下顎を前に出して咬んでいる状態です。

 

横顔のレントゲン写真です。これは習慣的に前で咬んでいるものです。上下の歯と歯の間に黒いラインが見えます。咬んでいないことを示しています。

親知らずもありました。それ以外には特に問題は見られませんでした。

 

この患者さんは、さらに問題がありました。写真ではよくわからないのですが、天然の歯だと上下の真ん中部分の隙間が大きかったので、プラスティックで実は詰めていました。この際その人工物を外して、天然歯の状態にして矯正で詰めることとしました。下の写真がその違いを示したものです。

治療方針は、親知らずを3本と上顎の小臼歯を2本抜歯、上顎に幅を狭めるためにパラタルバーという固定式装置を用いて、ミニスクリューも植立してすすめました。写真は上顎に装置をセットした状態です。

 

治療期間2年10カ月で治療が終了しました。以下に治療前治療後を供覧します。

 

治療前 治療後

正面、左右側面の写真です。離れていた歯は奇麗に並び咬みあいました。

 

治療前 治療後

咬み合わせの面です。隙間も閉鎖され、きれいなアーチは保たれています。

 

治療前 治療後

下から見上げた写真です。治療後はもう後方に下がる位置はありません。内外側的にも適切に咬合が出来上がりました。

 

治療前 治療後

正面のお顔です。笑顔のときの歯の見え方はぜんぜん違います。

 

治療前 治療後

斜めと横顔の比較です。より奇麗にバランスの良い口元になりました。

治療前

治療後

パノラマ写真ですが、根吸収などもなく、奇麗に配列されています。

 

治療前 治療後

上下の間の黒い線も消えました。前歯も後方へ下がり、口元のシルエットもより奇麗に仕上がりました。

 

感想を書いていただきました。

治療終了おめでとうございます。かなり発音はしずらかったと思います。食事もほとんど咬めない状態ではなかったんでしょうか。後方で咬む位置を知った時は正直難症例だと思いました。歯の隙間の問題もあり、前途多難を予想しましたが、どんどん良くなっていった感じでした。最後の最後の詰めで、なかなか完璧な接触関係をすべての歯にとまでは行き切らない部分もありましたが、十分奇麗で正しい咬み合わせが獲得できておりますので、ご心配には及びません。もう前後で咬むこともなく、一致しています。今後はリテーナーで安定させましょう。お疲れ様でした。

 

それでは院長ブログはこれまでです。

まだ残暑きびしいですが、皆様お大事にお過ごしください。

 

 

徳島の歯列矯正歯科治療専門医院 藤崎矯正歯科クリニック

当院のホームページ http://www.fujisaki-kyousei.com もご覧ください。