渋谷で働くスマホ社長のブログ

日本代表する経営者になるために日々邁進します


テーマ:

先日のCA36研修の打ち上げでK君と雑談していた際に趣味の話になった。聞くところによるとK君の趣味は特になく、強いて挙げるなら”腕立てをしてます!”とのこと。腕立て伏せが趣味といえるかどうかは別にして、K君の話を聞いて少し不安になった。

 

よくよく考えると、無趣味な幹部は昔から少なくない。僕もその一人だった。若くして成果を残すために、仕事に精魂を傾ければ余暇時間も夢中で仕事して、それが成果に結びつくことも多い。しかし、仕事だけに集中しすぎると20代のうちに行き詰る気がする。

 

無趣味な幹部の特徴としては、語弊を恐れずに言えば、

 

・話しててもつまらない話が多い、深みがない

・人の気持ちがわからない

・想像力が乏しい

 

ただの悪口みたいになってしまったけど、、、笑

 

若くして成果を残す人の特徴として、自分でなんでも出来ちゃう人が多いと思うのだけれど、冷静に考えてみると成果の高さをさらに何倍にもしようとするとチームで動くことが不可欠になる。

 

チームを動かすためには、相手の気持ちになって考えぬくことが必須だ。相手の気持ちになって考えるっていうのはバズワードで、皆知ってるコミュニケーションの基礎だけれども、ここに落とし穴がある気がしてならない。

 

自分でなんでも出来ちゃう人の特徴で、相手の気持ちになって考えるその相手の気持ちも自分だったらどうするか?と一人称になってることが多い。これが一番厄介だ。自分だったらこうやる、自分だったらこれくらいやるというのが前提で、それと全く同じやり方をメンバーに求めてしまう。でも、人それぞれ特徴や性格が違うから成果が同じように出る訳はない。むしろ窮屈になってしまうかもしれない。

 

また、趣味は、気分転換やリラックス効果などの効能はもちろんある。どっぷりつかれば一流のモノや人に出会うことも大きなポイントだと思う。どの分野でも一流には必ずワケがある。それを体感したり、プロセスを想像するのが楽しかったりする。幾つかそれを体験すると、自分のボキャブラリーが格段に増えていることに気づく。

 

若くて出世するとあんまり叱られなくなるから、趣味で一兵卒になると内省する機会が増えるのもいいところだと思う。一流のサービスでなくても、サービスを受けて不快な思いをしたりするとそれはそれで、反面教師になる。

 

趣味じゃなくても甘美な経験と仕事の振れ幅で成長というか人間としての魅力が促進される気がする。仕事に一直線になることはとてもいいことだけれども、大きい成果はチームワークだったり、柔軟な発想だったりが不可欠なので、それを遊んで学ぶことは意外と重要なのかもな。あんまり上手に説明できなかったけど、要は肩肘張らず、純粋に楽しめる趣味があるといいねという話でした。腕立て以外もねニコ

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

先週末はCA36の研修だった。CA36はサイバーエージェントの未来を担う若手の総称だ。現場で成果を残している30歳未満のエース幹部達で組成されている。今回は僕からテーマを出してそれに対してアウトプットを出してもらう形だった。さすが皆優秀で、一生懸命わかりやすい提案をしてくれた。

 

この研修を通して、また最近ずっと考えていたのだけれど、経営において一番のリスクは何か。人それぞれ答えは違うと思うけれど、僕が思うに一番のリスクは、チャンスを逃すことかなあと思っている。

 

普段業務では顧客の広告効果やメディア、ゲームだったらKPIに対しての問題を解消することが重要となる。それを象徴するように定例会議ではダウンサイドのリスクを消すことにフォーカスした会議がスケジュールを埋めている。確かに、既存の戦略を遂行するために、リスクとなっているものを取り除くことは重要だけど、それだけでは、事業を大きく伸長させることはできない。

 

やっかいなのはダウンサイドは直感的に怖さがあるということ。つまり、ダウンサイドを喰らうのは目につきやすいけど、チャンスは潜在的なものだからその場は逃しても痛くない。もっと言えば、既存業務をやる上で、チャンスは邪魔にすらなる。チャンスを的確にとらえなくてはジリ貧になるけど、現場からするとチャンスへ張るということは時間やリソースの制約がかかるということだ。

 

この大きなジレンマを認識し、抱えながら事業を遂行させることは幹部に欠けてはならない資質だと思う。今回研修に参加していたCA36はいわば現場のトップなので、もしかしたらダウンサイドの罠にかかりやすいのかもしれない。

 

また、チャンスを見つけてもそこに投資する資源が無いとチャレンジできない。ここでいう資源は、組織力や資金になることが多い。日ごろから一生懸命いい仕事をしているリーダーやチームが会社にいれば、新しい市場にそのままチャレンジが出来るかもしれないけど、有望な市場であればあるほど、先見性やアイディアだけで勝負できるほど甘くはない。そう考えると、チャレンジできる人って実は一握りしかいない。意外とそれに気がついてない人が多いのかもしれない。

 

少し前にはスマホが登場し、それに付随してゲームやメッセージアプリ、フリマサービスなどが立ち上がり、今は動画元年。既存の業務だけを行っていてはこの変化=チャンスを捉えることはできない。事業を継続的に成長させるためには、既存業務を遂行して組織力を高めながら、チャンスを逃さないことが大事だと思う。まさに、nothing to loseなのであるメラメラ

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)