渋谷で働くスマホ社長のブログ

日本代表する経営者になるために日々邁進します


テーマ:


組織のトップは、
航海を先導する船長のように
次へ進むべき場所を指し示し、
クルーを纏め、船を進めていくこと
は重要かなと思います。

船長が指し示す場所が
明確で、たどり着く方法が
シンプルなほど
クルーは頑張りやすく、
一体感も出て勢いが出てきます。

その逆に、

目的地が不明確だったり
方法が複雑すぎたりすると

クルーが何をすべきかわからなかったり、
不安の連鎖が始まり
勢いを失うどころか
航海をすることも困難になります。

経営課題は日々変わりますので定期的に
どこへ向かっていくのか?
を指し示す必要があると考えてます。

私が気を付けているのは

①組織全体の方針をシンプルに伝える場を設ける
②戦略の肝をシンプルでキャッチーなワードに落とす(伝えること一つに絞る)
③肝の進捗を定期的に可視化して追う(小さい達成で勢いを醸成)
④浸透と盛り上げに労力を惜しまない(埋没せず、飽きない仕掛け)
⑤絶対に出来ると信じて進める


ざっとまとめるとこんな感じ。

下半期も始まり既に半月。

新しいキャンペーンも始まったし
荒波の中を掻い潜るように
舵を切っていきたいと思います!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
社会へでれば色んな局面で決断を迫られます。

社会人になり、経営者になり
トレードオフを潔く受け入れ
何かを得るためには
何かを失うということ
を身をもって感じてきました。

例えば、

一見よさげな甘い話や
とても良く聞こえるようなうまい話も
トレードオフを受け入れた後には
胡散臭い話にしか見えないようになります。

今までを振り返って
間違いなく言えることは

成功に近道なんてなくて
何かを得るためには
それなりの代償がいるのです。

だからこそ、私は

決断する際に何を捨てるのか

を大事にしてます。

何か大きい成果を出すためには
五体満足な決断などないと思ってます。

当然、決断する際に、
何かを捨てるためには、
それなりの覚悟が要りますから

自分と向き合い
何に集中し、何にを捨てるか
答えを出す
それが決断になるのかなと
思います。

服を何着ようか
今日は何を食べようか
当たりさわり無いからこれにしよう


というのも決断の一種ですが、

ビジネスにおける決断は
何かを捨てる覚悟の上に成り立つもの
だと思ってます。

日本を代表する経営者へ
少しでも近づくために
決断経験値を高め
組織を成功へ導いていきたいと思います。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)