渋谷で働くスマホ社長のブログ

日本代表する経営者になるために日々邁進します


テーマ:
先日子会社社長と食事をしている
時に話をしたのですが、

昨今稀に見る起業ブームも重なり
会社経営する人が増えていると思います。

世間の持つ経営者や社長業というイメージ

とは裏腹に

会社経営をしていれば、
理屈では到底解決できないこと
も少なくありません。

将来の理想の状態を
イメージすることは
非常に重要ではありますが

経営者は、
会社を存続させ、
成長させ続けて、
ゴールに導いていかねばなりません。

理想ばかり言ったって
収益を上げなかったら
会社は潰れてしまうし、

どんなに社員が頑張ってても
結果が出てなかったら
その頑張りを社内外に
証明することすらできません。


会社経営は良いこともありますが、
実際は、厳しい生き残りをかけた戦いで、
背に腹は変えられない局面
が多いのです。

それを理解している人(痛い目あってる)ほど、
理想を現実にするために
大きいチャンスに全てをかけるためにも
勝負どころが来るまでは

理想に向かってコツコツと収益を上げ
経営資源を貯めていっている人
が多いなぁと感じます。

理想は高く置きつつも
地に足をつけて
コツコツと辛抱強く経営して
勝負所までに刀を研いでおく

といったイメージでしょうか。

私自身を振り返ると
実はその理想コツコツ経営
をしている時に

悔しい経験をしながら
必死に這いずり回って、

勝負所で必要な要素を学び
人脈や経営資源を獲得していることが
多いことに気づきます。


逆を言うと、

優秀と言われていた人が
最初は声高らかにスタートしたものの、
理想と現実のギャップを目の当たりにし
意気消沈して、やがては
ドロップアウトしていたのも沢山見てきました。

高い理想を持てば、
華々しいゴールをイメージしますが
最初からホームラン打てる可能性は少なく、

実際やってみると
足元では自分の実力の無さに絶望したり、
嫌気のさす泥臭い仕事も多いものです。


そう考えると大きい成功をおさめる為には
理想にチャレンジし続ける勇気と
地に足をつけてコツコツと辛抱強く堪える精神力

が必要なのだと考えてます。

バランス良くないとダメなんだぁ
と感じてます。

これは、経営者だけではなく
成長したい全ての人に当てはまるのかもしれません。

私自身が率先垂範し、
屈強な人材を育てていきたい
と考えました。

長くてなってしまいましたが、、
それはご愛嬌ということでどら

やるしかないメラメラ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>