渋谷で働くスマホ社長のブログ

日本代表する経営者になるために日々邁進します


テーマ:
戦略性を深める一つに
相対的な位置をイメージする
ということをしております。

市場や競合や自社を
頭の中で回転させて
近い将来、遠い将来
どのように動いていくか青写真を創り
我々の進むべき方向をイメージする

そのためには当たり前ですが
市場、競合、自社に詳しくないといけません。

戦略を立てるべきポジションにいるのであれば
一か月の時間を振り返って
そういった時間を確保しているか
を分析してみるといいでしょう。

勝つためには、
それを綿密にイメージしていくことが
大前提の条件です。

もしも、相対的な位置がイメージできなければ
明確になるまでしつこく行動した方が良いです。

マルチデバイス、ビックデータ、グローバル
などキーワードを一人歩きさせないためにも
地に足をつけて戦略性を落とさないように
経営やり切ってまいりたいと考えてます。

やるしかないメラメラ
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
ベストプラクティス
組織ぐるみで血眼になって探し、
組織ぐるみでマネをすることは
経営力を躍進させる一助になると確信してます。

ベストプラクティスは
何も同じ業界だけにあるわけはなく
違う業界や飲食店、本屋さんなどにも多く存在します。
勿論、違う部署や関係会社にもたくさん埋もれてます。

例えば

サービスの品質を上げた事例や
コストを巧く圧縮した事例や
業務効率を上げた事例


などなど

日々情報を取にいって感度を上げておくと

なるほどそういうことかひらめき電球

という目から鱗が出る事例が見つかります。

組織課題は日々発生し、
解消しの繰り返しですが
そのイタチごっこを
ベストプラクティスをマネすることで
なるべく高い確率で潰せれば
事業の成功確率は高まると考えております。

だからこそマネジャーは
組織をいい方向へ導く事例に
感度を高くしておくべき
だと考えております。

やるしかないメラメラ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
組織の熱量は高ければ高い方が良いです。

色んな問題を抱えていても
熱量があればそれすらも
気にならないくらいグイグイ事業が
前に進むといっても過言ではありません。

私が組織を運営する際に
気を付けていることは

とにかく

熱量を落とさないようにすること

です。

マネジャーは熱量を高く保つように
常に細心の注意を払わなくてはなりません。

ポジティブに振舞い
周りの人をエナジャイズして
鼓舞することは勿論、

間違ったことは間違いとすぐ伝えること

が非常に重要だと考えてます。

マネジャーが模範となることは
基本中の基本ですが
何が良くて何がダメかを
線引きするのは重要な役割です。

そのためには
メンバーの言動、振舞を一挙手一投足
注意を払って観察しておくべきだと考えてます。

ポイントは、気づいた人がすぐその場で伝えることです。

誰かが言ってくれるだろう
指摘するのは面倒だ
今は忙しいし後回しにしよう

上記のようなことに頭を支配されたら赤信号です。
指摘するのはパワーのいることですが、
それを怠っては絶対にいけません。

小さい組織であれば小さいほど
一人一人の熱量が組織の態勢を創り
その積み上げが文化醸成に繋がるのです。

だからこそ細部にこだわって
一つ一つ丁寧に指導していかないと
良い会社はとても創っていけない
と考えております

一人一人が会社を創っていく当事者と考え、
想いを行動に移していくような組織文化を創れるよう
私も経営やり切ってまいりたいと考えてます。

やるしかないメラメラ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)