渋谷で働くスマホ社長のブログ

日本代表する経営者になるために日々邁進します


テーマ:

”Diamondz on My Neck”
新人Aさん


早朝出勤しているね。


朝から


前のめり


質問攻め。


こういう愚直な姿勢は良い。


でも、、、


ロープレ中に


ゲップ はやめようねあせる


やるしかないメラメラ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

壁を感じているか


スポーツでも仕事でも

何か1つのことに真剣に打ち込めば

必ず壁に当たる。


どうしても超えないといけない壁であれば

その壁を超える努力を必死にする。


それは、

”優勝したい、こうなりたい”

という明確なゴールがあるから。


立ち上げでは、

抜擢された人、立ち上げに参画したいと入ってきた新人、経験豊かな中途社員など様々な人達が何もない会社に放り込まれる。


だから、

裁量の変化、求められることの多様化など様々な環境の変化が起こる。


この急激な変化に、

誰しもが壁を感じるのだ。


ここで重要なのは、

その壁を越えた時の絵を描きながら努力すること。

アスリートでいうイメージトレーニング。


苦境と捉えてしまっては、

生産的な行動は自ずと出てこない。


シンクロしている自分のビジョン・会社のビジョンをイメージし、

成長のプロセスを歩んでいることを感じるのだ。

辛い・わからないと感じた時こそチャンスと捉える。


逆境こそ、成長の場


逃げずに最後まで真摯に業務を行った者だけが

真の成長を体感できる。


やるしかないメラメラ


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今月もクライマックス。

当初予想よりもラップでは良い進捗。

しかし、まだまだ組織として動いて成果が出ていない。


とにかく立ち上げは、練り上げた仮説に沿って

高速のPDCAを回せるかどうかが肝。


仮説が最初からうまく行くことなんてほぼ無い。

机上の理論は、現場に出て洗練され本物の成果につながるのだと思う。


このプロセスで特にマネジメントは、後手に回ってはいけない。

出てきた課題を潰すのは勿論、真の変革をしなくてはならない。


真の変革とは、

組織の成すべき成果に基づくプロセスへメンバーを導くこと。


外部環境を理解し、現実を受け止め、

内部の改善とバランスよく行わなくてはならない。


どこまでいけるか


極限の状態程、成長できる環境は無い。


この緊張感を楽しもう。


やるしかないメラメラ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私の机の横に配置されている



この赤い卵型のもの


”Diamondz on My Neck”


下からは青い光が出ていて


一際、目に入る。


ご来社頂いた方によく


”あのブルブル動いている、


青く光っている卵はなんですか?”


と聞かれる。


実はこれ、


今月の


月初から導入した


新兵器爆弾


名づけて


営業ソウル充電機カミナリジャ~ン


この兵器


月末になると


大活躍する。



怪しい赤い卵を開けると、、



”Diamondz on My Neck”

エスカップS


エスカップ 10本


卵の赤いフォルムが


アドレナリンを最高潮にしてくれる牛さん


まさに


営業エネルギーの宝庫

(※補充は怠らない)


・・・



実は、この卵、


新人2名が配属と同時に


プレゼントしてくれたもの。



”Diamondz on My Neck”

これから


暑くなるので


重宝している。


さあ、


エネルギーも補充できたマッチョ


やるしかないメラメラ





いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

コミュニケーションは、

受け手が成立させるのであって話し手ではない。


それが故に

相手の立場に立って話をすることが重要。

これは基本だが、その逆もしかり。


例えば、会議・面談で上司や先輩が

自分に言ってくれる言葉を何故言ったのか考える。


上司はメンバーを否定をしたい訳でなく、

何かを伝えようとしているメッセージなのだ。


よくコミュニケーションを見ていると

上司の問いに対して、


”大丈夫です!”


と即答していることがあるけど


そういう時ほど

一回頭で考えて、思い当たる節が本当に無いか

考えてみるべきなのだ。


成長が早い人は、

愚直で何かを吸収しようと必死なもの。

最後発であるが故、もっともっとハングリーに行こう。


やるしかないメラメラ



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

組織で成果を出す上で

上司がメンバーを



怒ること



は重要だと思う。



怒ることの真意とは、



怒鳴るとか威圧するわけでなく

優先順位が高く、すぐ改善して欲しいことを伝える手段なのだと思う



私が主に怒る場合は、

組織の目線が下がっているとき



それは、色んな報告の中に兆候としてあらわれる。

・プロジェクトの進行速度

・報告書の質と量

・会議の雰囲気

・言動、業務態度


などなど。



人は往々にして

逆境だったり、忙しかったり、業務に慣れてきたり、環境が変わったりするとメンタルの弱い部分が出てくる。



そうすると自然に、

文句を言ったり、言い訳したりしたくなるもの。



でもそれでは、何も前に進まない。

もっともっと前向きで、建設的なコミュニケーションが必要である。

定期的に、メンバーの目線を上げることが必要なのだ。

それは、WIIFMに基づきマネジメントすればいい。

馴れ合いには絶対にしたくない。



高い視点と志を持っていれば、

組織は間違った方向にはいかない。



各々が持っているビジョンへのピュアの気持ちを忘れずに

組織全体で目標を達成したい。



私もトップとして、

皆を引っ張っていけるよう視点高くいこう。



やるしかないメラメラ



いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

学生から社会人になる際に

勝手に思っている固定概念



それが新人の成長初速に

大きく関わってくると考えている。



例えば、

学生からすると

出来る営業マンと言えば、、、



プレゼンテーションが上手く、

大型コンペをスマートにこなし、

いとも簡単に成果を上げるイメージがあると思う。



だから新人は

自分もそうなりたいと思い、

配属し現場に出ると、上手くやろうとする。

そして、失敗しないように無難にスタートすることが多い。



でも実際は逆で、

私の経験上、出来る営業マン程、

多くの失敗をし、上司に沢山怒られ、誰よりも泥臭く業務を遂行していると思う。



成長する上で

一番重要なのは、


”愚直さ”



これさえあれば、

他に何も要らないと言えるほど重要。



ただ素直なだけでもダメ。

”絶対に自らが描くビジョンを達成するんだ”

という覚悟を基盤に業務を遂行する。



こういう活力は、オーラのようなもので

その人を見たり、話せばわかるもの。


それは、

周りの環境にも大変良い影響を及ぼす。



新人が入ってきたタイミングで

私たちも考えさせられることが非常に多い。



さあ、

今月もやるしかないメラメラ


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)