渋谷で働くスマホ社長のブログ

日本代表する経営者になるために日々邁進します


テーマ:


期待の新人、初受注メラメラ


クライアントへのロイヤリティ


素晴らしい。


今月も気持ちの入った営業をし続けている。


愚直、謙虚


まさに人柄出てる。


いいプロジェクトとして結果が出るよう


付加価値をMAXにして


納品しよう。


やるしかないメラメラ



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日も営業部で


デイリー振り返りを


やっていたが、


反応が良かったので一点。


あくまでも


己のキャパシティと相談しつつだが


業務に当たる際に


限界を超えることをすすめる。


「無理だ」

「もう浮かばない」


と思ったところからどれだけ知恵を絞り出せるか。


これは

トレーニングで言うオールアウトとよく似ている。


その限界点が成長のチャンスだと捉える。


限界点まで行ったら

相談しても何でもいい。(自分で考えた上で)


そこで止まらないことが重要なんだろう。


忙殺されて忘れがちな視点なので備忘録。


余談だが、


今Qも立ち上げ背水の陣で臨んでいるため


公私ともに追い込むことを固く決意している。


さらに限界を超えるために


本日から


ハレオ・クレアボル450g

を導入。




味もフルーティーで非常に飲みやすい。


これにて、


さらなるパフォーマンスの向上が見込めるアップ


今月もしっかりと結果にこだわり


いい制作物を納品していこう。


最強の営業組織を創るために。


やるしかないメラメラ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



超特大の勝つ丼


こんなに


大きいのは初めて見た。。


カツが2人前入っているらしい。


「月末は勝たなくてはいけないんです!」



Eさん、


10分で完食。

(ちゃんと消化できるのかな・・・?あせる


営業ソウル満開だ。


やるしかないメラメラ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今月も


連続達成を目指し


営業部全体での追い込みをかける。


最後の最後まで粘り、


絶対に


残さない。


月末の緊張感を楽しむことが重要。


この一際緊張感ある引き締まった空気は、


当社の文化であるし


各個人に与えられている裁量、責任感の


重さがにじみ出ていると感じる。


月末は


誰もが高い壁や途方にくれるような状況に陥りがち。


でもそういう時こそ


”言い訳はしない、創意工夫しよう”


と、


前向きに取り組む。


己が自ら活動の方針を立て、


それを遂行すれば達成できると


疑うことなく取ってきた活動の集大成。


己を信じて、仲間を信じれば道は必ず開かれる。


心底信じあえるから、


切磋琢磨できるし成長できるんだ。


それが組織の成長にもつながるんだ。


最後まで悔いなく追い込もう。


やるしかないメラメラ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

当社には毎月スローガンみたいなのがある。


会社の中で、定性的に欲しい人物像を


月替わりで発表し、


それを体現した社員を表彰する。


先月営業部は、


かなりいい形で終了したものの


それで満足してはならないという考えと、


制作物も何点か納品したが


各制作物ごとに営業と振り返りを行い


その反省と次回以降にどうつなげるかを話し合い


徹底する。


要するに


今月はもっともっと付加価値をつけるため、


標語を



とした。


対顧客、対競合、対社内等


己がどのような+αを出せるか。


昔にも書いたけど


私の場合は、


最低限3つの仕掛けを用意する。


その繰り返しが、いい流れを生むし、


成長のスパイラルを生むんだ。


やるしかないメラメラ





いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

我々CyberXの営業は、


制作会社の営業である以上は、


セールスは勿論、プロデューサーとして


請け負ったプロジェクトを成功させねばならない。


そのためには、


足もとの予算等の数字に目がいきがちな眼を


しっかりとプロジェクトと納品物の


成功へと向けなくてはならない。


そのためには


日頃から


”こういうのがあったらおもしろいな”


と思ったら


”何でこれがこうなってるんだ?”


というように、意味を深堀していく癖を付けていくことが必要だし、

我々はそれを怠ってはならない。


顧客によって、成功の定義、ニーズは違うし、

モバイルの領域については、まだまだ様子を見ているケースが多い。


我々は、その市場を創っていくという志を強く持って、

自信を持って営業活動していかねばならないのだ。


そのために、情報の収集を怠らず、日々勉強し

己の付加価値をキチンと理解する。

それが我々の最低限の責務だ。


その上で顧客との対話から新しい方向性や発想が見えてくるんだ。

まだまだ、やるべきことはたくさんある。


よりハイブリットの営業組織を目指そう。

それが付加価値にもつながるはず。


やるしかないメラメラ




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)