親権を取るためには?

テーマ:
親権を取るためには?



法務のことは俺に任せろ!
行政書士石川でございます。



今日は離婚、相続、宗教法人、会社設立、贈与、売買契約書の作成の相談等を受けていました。



その中で、離婚協議書を作成する際には、親権をどちらが取るかという話が出てきます。



なかなか難しいところなのですが、裁判になった際には、子供の年齢や成長度合い、その後の環境や本人の意思なども判断材料になります。


そうでない場合には夫婦で決めるようになります。



ただ、ここで一つ気をつけたほうが良いのではないかて思うことがあります。




それは、そもそもその子は自分の子供なのか?ということです。





女性の場合はまちがいないでしょうが、今までの相談の中ではそもそも子供が自分の子供ではないというケースもありました。



それでも欲しいのか、、、、


経験が多いプロに頼んで助かることも多いかと思います。




ご相談はお早めに、、、、




産業スパイ対策、コンプライアンス策定、システム導入、BCP対策、証拠調査は当事務所まで。


フランチャイズ展開戦略、ロイヤリティー構築、マイナンバー対策から、社内書類作成、ITセキュリティ、eディスカバリー、著作権まで、対応いたします。

社会福祉法人、学校法人、宗教法人運営アドバイザー

契約書、示談書、念書、内容証明、会社設立、NPO設立、相続、遺言、離婚、各種許認可
公正証書作成


< ご相談は、、、、


初回 二時間まで10800で行っています。
コンサルティング一時間32400〜


徳川綜合法務事務所
行政書士石川裕也事務所
☆ホームページ☆
http://www.t-comprehense-l.com
☆石川裕也のブログ☆
http://s.ameblo.jp/t-comprehense-l/

AD

証拠保全と活用

失敗しない証拠保全!④証拠保全と活用



法務のことは俺に任せろ!
行政書士石川でございます。



予防法務と企業防衛、知財管理・活用、、、


前回の続きです。

(フォレンジックについてはこちらの記事を参照)



証拠が重要になることが多々あります。


書面における証拠保全については前回触れましたが、ITがインフラとして活用されている現在では、書面よりも、デジタルデータの証拠が重要になることも非常に多いです。



その際、電源を入れるだけでも情報書き換えが起きてしまうデジタルデバイスでは、素人が証拠保全をしようとしても、保全が仕切れない事が起きてきます。



いつ誰がどのように何をしたのか?



これが分からなければ、あきらかでなければ証拠といえど価値がありません。



その真正性を担保するために実印を使うように、裁判所で証拠として認められる形にしなければなりません。



パソコンや携帯電話などのデジタルデバイスでは、改ざんを防ぐ方法はデジタルフォレンジックのような方法が良いかと思われます。



一度パソコンでやりとりをされたフリーメールやSNSなどの記録を証拠として保全することができますし、一般的な保全では消えてしまっているように見える情報の保全も可能となります。


証拠をいかに活用するかについては裁判担当をする弁護士かかるのですが、材料がなければ料理はできませんね。




証拠保全が必要な際は日本でも数が少ない専門家にお任せ下さい。
もちろん当事務所では可能です。


ご相談はお早めに、、、、




産業スパイ対策、コンプライアンス策定、システム導入、BCP対策、証拠調査は当事務所まで。


フランチャイズ展開戦略、ロイヤリティー構築、マイナンバー対策から、社内書類作成、ITセキュリティ、eディスカバリー、著作権まで、対応いたします。

社会福祉法人、学校法人、宗教法人運営アドバイザー

契約書、示談書、念書、内容証明、会社設立、NPO設立、相続、遺言、離婚、各種許認可
公正証書作成


< ご相談は、、、、


初回 二時間まで10800で行っています。
コンサルティング一時間32400~


徳川綜合法務事務所
行政書士石川裕也事務所
☆ホームページ☆
http://www.t-comprehense-l.com
☆石川裕也のブログ☆
http://s.ameblo.jp/t-comprehense-l/

AD

証拠保全と契約書

失敗しない証拠保全!③契約書の価値



法務のことは俺に任せろ!
行政書士石川でございます。



予防法務と企業防衛、知財管理・活用、、、


前回の続きです。

(フォレンジックについてはこちらの記事を参照)



証拠が重要になることが多々あります。


伝統的な紙媒体で言えば、日本銀行券も偽造しにくいように偽造防止の仕掛けがしてあります。


一般的にも、複数同じ契約書を作る際には昔勘合貿易などにも使われたような形で割印などが使われます。


いつ誰がどのように作ったのか?


これが分からなければ、あきらかでなければ証拠といえど価値がありません。



まずは書面を作る、その真正性を担保するために実印を使います。
さらにその信用性を確実にするためには公正証書の形にすることもあります。


日本は印鑑を重視しますので、自署であることと押印がされていることが非常に重要となります。



証拠には様々な形がありますが、保全としては改ざんがされない形が求められます。


書面での改ざんを防ぐ方法は上記のような方法が良いかと思われます。



では、パソコンなど電子機器ではどうか、、、



④に続く


証拠保全が必要な際は日本でも数が少ない専門家にお任せ下さい。
もちろん当事務所では可能です。


ご相談はお早めに、、、、




産業スパイ対策、コンプライアンス策定、システム導入、BCP対策、証拠調査は当事務所まで。


フランチャイズ展開戦略、ロイヤリティー構築、マイナンバー対策から、社内書類作成、ITセキュリティ、eディスカバリー、著作権まで、対応いたします。

社会福祉法人、学校法人、宗教法人運営アドバイザー

契約書、示談書、念書、内容証明、会社設立、NPO設立、相続、遺言、離婚、各種許認可
公正証書作成


< ご相談は、、、、


初回 二時間まで10800で行っています。
コンサルティング一時間32400~


徳川綜合法務事務所
行政書士石川裕也事務所
☆ホームページ☆
☆石川裕也のブログ☆

AD