大阪府議会の自民党府議団(27人)に所属する議員1人が、府議団執行部に13日、離団届を提出したことが分かった。府議団幹事長も務めた経験があるベテラン議員だという。離団すれば、自民党府議団が1人減となり、橋下徹知事に近い府議でつくる会派、大阪維新の会(26人)が自民会派と同数で第1会派となる。

 関係者によると、この議員は「政治理念が違う」などと述べ、自民党府議団は14日に議員団総会を開き対応を協議する。離団する府議は当面、無所属で活動する意向という。

 府議会の自民会派は最大時、49人で構成されていたが、府庁舎移転問題などのあった昨年春に6人が離脱するなど、離脱者が相次いだ。大阪維新の会が22人のメンバーで発足した4月1日には30人になり、その後も離脱が続いている。これと対照的に大阪維新の会は構成員が増加、26人になっている。

 21日に開会予定の5月定例議会では、議長選なども控えており、各会派の動向が注目されている。

【関連記事】
橋下知事「民主党の労働法制では世界に負ける」
大阪市議補選14日告示 大阪維新の会の初陣
「関西広域連合」設立同意案の提出見送りへ
【橋下日記】(12日)僕もタレント候補と呼ばれた
ひとときの“蜜月”演じる 橋下知事と平松市長、笑顔でパレード
少子化を止めろ!

「5月決着断念」閣僚から容認発言相次ぐ(読売新聞)
<小沢幹事長>国民新・亀井代表と会談(毎日新聞)
犬童一心監督「ソン・ガンホと映画を撮りたい」(2)
「忍たま乱太郎」など制作 アニメ制作会社を脱税で起訴(産経新聞)
痴漢1週間で77人摘発、29人は再犯(読売新聞)
AD