「今の会社に一生勤めたい」。そう考える新入社員が57・4%に上り、過去最高を更新したことが21日、公益財団法人「日本生産性本部」のアンケート調査で分かった。

 その一方、「起業して独立したい」と答えたのは過去最低の12・8%だった。今春の新入社員の大半が2008年秋のリーマンショック後に就職活動を始めた世代で、同本部では「不況による就職難の影響から、年々安定志向が強まっている」としている。

 調査は1990年から毎年実施。今回は同本部主催の研修を受けた新入社員1908人の回答をまとめた。

 「一生勤めたい」との回答は前年比2・2ポイント増。20%台の数値だった2000年前後から年々増加傾向で、同1・3ポイント減らした「起業して独立」との差は開く一方だ。転職についても、「しないにこしたことはない」が34・2%と、過去最高だった昨年(34・6%)と同水準だった。

温暖化基本法案が審議入り=温室ガス20年までに25%削減-衆院(時事通信)
宮崎で家畜の移動制限=口蹄疫、冷静に対応を-農水省(時事通信)
育休の文京区長「母の偉大さ実感」(産経新聞)
<天下りの塔>事業仕分けにため息…農水26法人が入居(毎日新聞)
空自緊急発進299回…最多は露機の197回(読売新聞)
AD