民主党は17日、政治改革推進本部(本部長・小沢一郎幹事長)の全体会議を都内で開き、官僚答弁の原則禁止を柱とする国会法など国会審議活性化関連法案と衆参両院規則改正案を了承した。近く衆院議会制度協議会に提示する方針だ。(1)国会で答弁する政府特別補佐人から内閣法制局長官を除く(2)副大臣、政務官の定数を増やす(3)政府参考人制度の廃止(4)行政機関の職員や学識経験者らからの意見聴取会の開催-が盛り込まれている。

【関連記事】
国会18日召集で合意、自民は16人の参考人要求
官僚答弁禁止の国会法改正案、社民党が一転了承
永田町改造 小沢氏の「独断専行」には踊らず
福島氏、国会法改正案提出なら社民党は反対
小沢氏が政治改革に執念 与野党からは批判噴出
20年後、日本はありますか?

電車内で痴漢、京大生逮捕=女子学生の太もも触る-京都府警(時事通信)
<郵便不正>別の元部下も否定 大阪地裁(毎日新聞)
どうなる? 鶴岡八幡宮の大銀杏 輪切り…「ありえない」(産経新聞)
直接払い、10年度末まで実施猶予=出産一時金、医療機関に配慮-厚労省(時事通信)
Dr.コトー 鹿児島の瀬戸上医師、定年再延長し“続投”(毎日新聞)
AD