三洋電機は29日、プラスチック製のテレビ外枠が破損する恐れがあるとして、04年10月~05年9月に製造したブラウン管テレビ10万1395台をリコール(無償点検・部品交換)すると発表した。

 三洋によると、製造過程でテレビ外枠に不純物の鉄が混入したため、酸化による劣化で亀裂が生じたり、破損したりした。持ち手部分の破損でテレビを落として足を打撲するなどの事故が5件報告されている。製造年が04年と05年の製品を点検し、強度不足の場合は無料で外枠を交換する。製造年はテレビ右横下に、機種番号はテレビ正面下部に表示されている。対象機種は13機種。C-29A90▽C-29AX100▽C-29DT1▽C-29SF50▽C-28W60▽C-28DT2▽C-28SF60▽C-28DT3▽C-25A100▽C-25AX100▽C-25DT2▽C-25SF60▽C-21B80。

 問い合わせは三洋ブラウン管テレビ相談室(0120・34・0136)。

【関連ニュース】
長谷川潤:出身地ハワイのロケの写真を披露 三洋電機「ザクティ」発表会
三洋電機(6764) ハイブリッド車向けの貢献まで時間を要する。(シティグループ証券)

「バービーボーイズ」メンバー名乗り、詐欺容疑(読売新聞)
今春の花粉飛散量 例年並みか少なめ(産経新聞)
上げ馬神事 馬虐待?未成年に酒?三重県が適否調査へ(毎日新聞)
国内医療用医薬品は順調に推移―田辺三菱製薬4-12月期決算(医療介護CBニュース)
小沢幹事長 4億円の原資どう説明…23日に任意聴取(毎日新聞)
AD