AIの導入できないかな?

テーマ:

産業への導入が注目を集めているAI
工場現場に導入するならどのような方法があるだろう?と新入社員歓迎会から帰る電車の中考えていました

 

ちなみに新入社員歓迎会の後、常務が「よし美味いもん食わしてやる!」というわけで
美味しいお店に二軒はしごしてきました(笑)

 

さて、話を戻すと

自動化工作機は切削抵抗などのデーターを計測できるらしく、切削抵抗は金属加工の仕上がりにとても大きな影響を持っているのでAIの得意分野である画像解析技術と組み合わせると面白いことにならないかな?とちょっと妄想しながら(笑)

 

切削抵抗と仕上がりの画像データを解析して、クラウドに蓄積し、そのデーターをもとにシミュレーション技術とディープラーニング機能を使って最適な切削条件の構築なんてできないんだろうか?思いついた考えです

そこに人間の創造性と感性を付け加えたらなにかできるかも。。

 

ま、コストは問題ですが製品開発とかに生かせないかなぁ

 

添付したのはAIに関する論文です
フリーペーパーでも結構読めるのがあるみたいですね

 

Heading toward Artificial Intelligence 2.0

 

You know ,artificial intelligence is attractive for introduction to industrial field.
On the way of going home from welcome party for freshmen,I consider how we can harness this technology to metal cutting factory.
 
By the way,after party managing director told us that let's go to good bar!
He lead us to elegant bar,the dishes in the bar was very delicious.
 
Let me go back my story,automatic metal cutting machine can acumutrate the data about cutting resistance' that is barden against cutting'.Cutting resistance is very important to make beautiful face in product.It is associated with quality.AI is capable to analysis of image.
The combination with this feature and deep learning may create the best method of metal cutting , adding to human sence and creativity.This is my fantasy lol.

It is likely that there is serious probrlem about cost.
 
I attached the paper about AI.We can get this kind of paper for free.
 
 
AD

まぁ囲碁とか英語とか、できる事ならこの面白いものを微力ながら普及したいなぁと思うわけですが

 

共通の課題として両方とも難しく見えるってことです

普及という観点から見るとこれホントに障害です

 

実際はどちらも本当に上級者になりたいと思ったからかなり頑張らないといけません

 

世の中にある教材は、宣伝文句ということも考えてるでしょうが

そこのハードルを下げるために聞くだけで英語ができるようになります!

とか言ってるんだと思います

 

とりあえず初期の高いと思われるハードルをクリアしていただかないと

諦める方が多いですから

 

勉強に関して何かしらの成功体験を持ってる人は勝手に努力して勝手に上達します

 

日本人に特有なのでしょうか?

自分はバカだから向いてないとか言う人結構いたりします

正直学校の成績なんてたいして関係ないのです

自分なりに面白さを発見できるかどうか?ということが

上達の最大のコツです

 

こんな見当違いなことを言ったら恥ずかしいという固定観念を変えられるかどうか

語学とか使わないと上達しないものに関してはここのハードルが非常に高いです

 

恥という文化は良識をもたらす薬である面もあるかと思いますが

こういう意味では捨てた方がいいです

AD

とんでもなく遠いところに行くためには一歩一歩日々小さなことを積み重ねること

数々の大記録を打ち立ててきたイチロー選手の言葉ですグラサン

 

おそらく、大体の人は当たり前じゃんと思うでしょう

そんな事は知ってるよそういう人も多いと思います

 

ただ少し、立ち止まって考察してみると

その一歩一歩を積み重ねるモチベーションと言うのはどうしたらいいのか?

そんな疑問に俺ならぶち当たります

 

少なくとも俺は努力が嫌いですし

自分が辛いと思うことは一分一秒でも長くはやっていたくありませんえーん

 

やらなきゃいけないんだけどやる気が出ないんだよね~

これよく聞く言葉です酔っ払い

 

昔読んだ本にも書いてありましたが、このやる気という言葉が出てくるシチュエーション自体がまずい場合が多いようです

なぜなら大抵はやる気という言葉自体が、やる気が出ないんだよね~

というように頑張らないことの言い訳に使われるケースが多いからです

誰しもそうだと思いますが、楽しいこと、好きなことをするときにやる気なんてものは考えないでしょう?という論理です

 

この考えを聞いてから、俺の考えとしてはやる気というものを考えること自体が意味がないと思うようになりました

やる気があろうがなかろうが、やるべきことを習慣的にこなす

やる気を出す方法を考える暇があったら、とりあえず勉強を始めるなり、ジムに行くなりとりあえず一歩踏み出してみる

 

はじめる前はめんどくさいと思っていても、案外始めてみると多くの場合のめりこんで頑張れるものです

 

何か努力を始める前の一番のハードルは、努力開始のスタートの時間

そこを乗り越えればあとは勝手に進みます

重いものを地面の上で押すときに、一番力がいるのが動き出すまでの瞬間であるように

 

毎日コツコツと努力をできる人というのはこの最初のハードルを乗り越えるのが上手な人なのかもしれませんねウインク

 

少なくとも俺にとっては毎日高いモチベーションで努力をするということは現実味がありませんウインク

 

For  achievement of triumph,it is best way to make small effort everyday step by step.

This is famous word which Ichiro who have attainded many legend said.

 

I think many people think it natural.

Some people may not be impressed by this word,but I try to consider this word a little forward.

I have question about how to get motivation for effort everyday.

 

In my case,I hate hard effort.
I am reluctant to make effort about things I am not good at, as if the time for it is very short.

 

Many people often impose on their motivation as excuse, when the do not make effort.

Some book says that the situation that a person use the word 'motivation' is not good.


Namely,I geuss that everyone is willing to do favorite thing without motivation.
 

This advice chaged my idea about motivation.Now I think it is vain to want to get motivation for effort.

No matter whether I have motivation or not, I have better practice as habit.
I think that it is good method to convert the time when motivation bother me into the time for first step of effort.

 

We can make effort more than I expected once we launch first step.

 

The highest wall for effort is first step.

If you can step out once everything goes well.

I think the people who can practice seriously can start first step well.

 

At least、I can not practice and accumrate effort with high motivation and brilliant condition every time. Ideal condition about motivation is not practical. 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD