政府は状況にかかわらず 誰でも尋問する権利を持つ

「全てはドイツを平和に導くためのものだ」「諸君、決定を下す時だ平和か戦争か」

「ドイツはヒトラーは、民主主義によって、きちんとした議会で多数を握って」「ある日気づいたら、ワイマール憲法が変わって、ナチス憲法に変わっていた。誰も気づかないで変わった。」と麻生副総理は言ったが・・
ヒットラーの全権委任法と重なる「特定秘密保護法」 

1993年3月23日、ヒトラー総統 率いるナチスは、全権委任法により、ワイマール憲法を葬り去り独裁体制を確立。
2

「日本の憲法改正とナチスが利用したワイマール憲法」

2017年6月15日、ナチスに学んだ 安倍総裁 率いる自民党は、
「テロ等準備罪」と名づけた国民を縛るための法律<共謀罪>を成立させた。
日テレ・NHKも警告!?「ナチス」に学んだその先


関連記事
安倍総理の本音:諸悪の根源?「戦前暗黒史観」との決別??
国民が望んだ?独裁者 ヒトラーの誕生:気付いた時には手遅れだった!
国連〝特定秘密保護法〟にイエローカード。〝共謀罪〟への警告に続き


 NHKニュースWEBより
「テロ等準備罪」新設法 可決・成立
1

【法案は、参議院法務委員会での採決を省略して、15日朝に開かれた参議院本会議で審議されました。

各党の討論で、自民党は「テロ組織はグローバル化しており、世界中どこでもターゲットとなり得る。テロを現実に差し迫った脅威として認識し、東京オリンピックなどの安全な開催に向けて、万全の対策を講じていかなければならない」と述べました。

これに対し、民進党は「『共謀罪』への国民の最大の不安は、権力が恣意的(しいてき)に捜査を行い、内心の自由が侵されるのではないかという点にある。数の力による異例の採決で成立させようとする安倍内閣に執行を委ねたら、どんな運営をされるのかと不安は際限なく膨らむ」と述べました。

このあと採決が行われ、改正組織犯罪処罰法は自民・公明両党と日本維新の会などの賛成多数で可決・成立しました。

国会周辺では
国会の周辺で夜を徹して反対を訴え続けていた人たちは、「共謀罪」の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する法案の採決が始まると、「強行採決絶対反対」などと声を上げました。そして、参議院本会議で可決・成立したという情報が伝えられると、集まった人たちは大きな声で「採決無効」と繰り返し、抗議の意思を示していました。

東京の70歳の男性は、「非常に悲しく、憤りを感じています。市民の運動に対して監視が強まることによって、社会が閉塞化することが心配です。戦前の治安維持法のようにならないように、これからも声を上げていくことが必要だと思います」と話していました。

また、千葉県の63歳の女性は、「国会の審議の進め方はいいかげんで本当にひどいと思います。法律の対象犯罪にはテロとは関係のないものが多く含まれていて理解しがたく、政府は国連の特別報告者がこの法律に懸念を示していたことを真摯(しんし)に受け止めるべきです」と話していました。
街の声は
東京・渋谷で話を聞きました。40代の男性は、「法律に賛成なのでよいことだと思います。安全のためにやりすぎの面もあるかもしれませんが、犯罪が少しでも減ればいいと思います」と話していました。

55歳の会社員の男性は、「未然に犯罪を防ぐことは必要だと思うので法案には賛成ですが、国会で数の論理で押し切り議論が尽くされていない気がして、成立の経緯には納得がいかない部分があります」と話していました。

一方、70代の男性は、「労働組合や原発や沖縄の基地に対する反対運動が監視の対象になるかもしれません。今の政権がやることに反対することは許さないという考えが表れていると思います。良心的な反対の声もある中で、強行に押し切ったことには、そこまでやるのかと思いました」と話していました。

また、40代の男性は、「基本的にあまり関係ないというか、よくわかりません。場合によってはこの問題が身近になることもあるかもしれませんが、ちょっと別次元の議論のような感じがします」と話していました。】一部抜粋
AD

コメント(4)