出来ることなら「全日本おばちゃん党」に政権を任せたい。政治屋のオッサンどもに爪の垢を飲ませたい!

 毎日JPより
全日本おばちゃん党:始動 大阪の中年女性中心に、フェイスブックで「党員」1000人超
【◆今の政治は「オッサンによるオッサンのためのオッサンの政治」。だって、世界経済フォーラムが今年発表した「男女格差報告」では、経済活動や教育、政治などへの女性の参画度を示す総合順位で、日本は調査対象国135カ国中101位。政治分野に限ると110位やで。女性の参政権獲得に頑張りはった市川房枝もびっくりやん。

 前回の衆院選(09年)で当選した女性の割合は11%やけど、少数派がパワーを持つためには「グループの30%を占めないとダメ」と言われる。

 オッサン内の権力抗争は飽きた。おばちゃんには「分け分け」「順番こ」っていう概念がある。誰を引きずり降ろすとか、一度握りしめた権力は離さんとか、もうええやん。

      ◇

 --衆院選に向けて「これは言いたい!」ということは?

 ◆オッサンは「首相がコロコロ代わって危機や」とか言うけど、逆に、リーダーシップがなくても、破綻しない国って幸せやと思わへん?

 「国難」といってナショナリズムをあおるような、マッチョな思想は怖い。かといって、昔ながらの左派政党もずっと同じ主張やし、体質が古くさくて、飽きた。おばちゃんが代表の「第三極」も出てきたけど、背後には「ザ・オッサン」の姿が見え隠れする。

 正直「罰ゲーム」みたいな選挙と思うけど、やっぱり関心を持たないと。「政治家がイヤ」というのは簡単やけど、選んでいるのも自分やからね。

==============

 ◇全日本おばちゃん党 ハッサク

【その1】うちの子もよその子も戦争には出さん!

【その2】税金はあるとこから取ってや。けど、ちゃんと使うなら、ケチらへんわ。

【その3】地震や津波で大変な人には、生活立て直すために予算使ってな。ほかのことに使ったら許さへんで!

【その4】将来にわたって始末できない核のごみはいらん。放射能を子どもに浴びさせたくないからや。

【その5】子育てや介護をみんなで助け合っていきたいねん。そんな仕組み、しっかり作ってや。

【その6】働くもんを大切にしいや! 働きたい人にはあんじょう(いい具合に)してやって。

【その7】力の弱いもん、声が小さいもんが大切にされる社会がええねん。

【その8】だからおばちゃんの目を政治に生かしてや!】
AD