登記の手続に固定資産評価証明書を取る理由とは?

江戸川区小岩の司法書士小林です。

不動産の名義変更をするときは土地、家屋、マンションの固定資産評価証明書が必要となります。

なぜかというと、法務局に納税する登録免許税は、固定資産評価証明書で計算するからです。

固定資産税の納税通知書にも不動産の価格が記載されていますが、毎年6月くらいにならないと、都税事務所から郵送されてきません。

固定資産税の納税通知書には私道が記載されていませんから、登記し忘れてしまう可能性もあります。

固定資産評価証明書で近傍宅地の価格を調査して、私道についても、不動産の名義変更を必ずやりましょう。

秀都司法書士事務所(小岩駅3分)03-6458-9570

当事務所ホームページもご覧ください。
AD