きてくださってありがとうございます!

------------------------------------

新刊の予約を開始しました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

syunkonカフェごはん 6 [ 山本ゆり ]
価格:799円(税込、送料無料) (2017/3/12時点)

 

もう予約してくださった方、本当にありがとうございます(涙)

------------------------------------

 

今回は、今までそういえばあんまり書いていなかった、姉の話です。

 

以前、何かにハマるという話で、姉がすぐに芸能人を好きになる(書いてなかったですけど藤原竜也さんとかSOPHIAの松岡さん、Hydeなどなど色々いました。姉いわく、王子が好きらしい)という話を書いたんですが

 

姉は自他ともに認める飽き性なんですね。

 

子どもの頃から部活もコロコロ変えてました。バトミントンに音楽に吹奏楽にテニスに・・・

 

姉は私と違って運動神経もよければ手先もすごく器用なんで、なんでもある程度まではできるんです。

 

でもほんまに何1つ続かんねん。器用貧乏。

 

習い事は姉妹揃って習字とピアノの2つだけだったんですが、姉はいつの間にか辞めてたし

 

趣味も然り。

 

パラパラにはまって家でビデオ観ながら練習していたり、トランスにはまってクラブにいきまくっていたり、1ヶ月間海の家で住み込みで働いて信じられないほど真っ黒のギャルになって帰って来たり(とりあえずギャルの姉がいる、という認識が私の周りにあった)、イベントコンパニオンみたいな仕事もしていて、色々な人と付き合っては別れ・・・

 

大人になってからはスキューバダイビングの免許をとったかと思えば着付け教室にいって師範をとり、野球の阪神にはまって毎週のように甲子園球場にいき、乗馬教室に通い始めたかと思えば毎日職人並みにパンを焼き始めたり。

 

またそのたびにいちいち物を買うんです。

 

着物を買い、野球のユニフォームを買い、パンをこねるための大理石の台を買い、英語の教材を買い・・・とにかく部屋が物だらけ。母も姉には私の数倍お金をかけてるし、振り回されてる。

 


こんなふうに、昔から姉はハチャメチャな自由人で、人生楽しそうやなあと羨ましくもあるんですが

 

どこまでいっても、完全には道をはずさないというか

 

結局どこかで親の目を気にしてたり、親に叱られたくないという呪縛から逃れられていないんです。根の真面目さがどこかに常に存在している気がする。

 

幼い頃の育てられ方も関係あるのかもしれませんが

 

長女って、次女よりは厳しく育てられることが多いと思うんですね。(もちろん例外もありますが) 門限にしてもバイト先にしても、いつからケータイを持つ、髪を染める・・・なんにしても、1人目は何もわからないし期待もあるし、親も色々制限をかけがちで。

 

姉は見た目は完全にチャラチャラしてましたが、高校生でも門限は21時、成績が少しでも下がればバイトはしてはいけないと決まっていて、そのバイト先も、居酒屋とかお酒を扱うところはNG。大学に入っても終電までに帰ってきなさいと言われ、いつも泣きながら抗議してましたが

 

結局守るんです。母親をどうしても振り切れない。泣きながら帰ってきて、泣きながら勉強してました。

 

進学にしろ就職にしろ、母は結局姉がやりたいようにやらせてきたんですが、いろんな場面で衝突してた気がする。

 

母としては、見た目も派手で色々心配なぶん、余計に厳しくしていたんやと思います。

 

私はそれを見て育ってるので、親と衝突することもなく、ずーっとバスケ部でサルみたいな頭で、何も言われずとも勝手に受験し、卒業し、就活し、就職・・・と、特になんのあれもない人生を送ってきたんですが

 

一切縛られてない自負があるし、反発したい気持ちすらなかったんです。

 

それは、いつでも反発できるし、自由であるという感覚がどこかにあるからではないかと。

 

そして、しれっとひどい成績をとり、門限をなくし、居酒屋でバイトしてました。


姉は「私の時はあかんかったのに」と、ことあるごとに言ってましたが


これまでの信用の蓄積もあるし、母の免疫もあるし


それはもう、全国の姉、兄の心の叫びやと思う。妹からしても、姉って損やな…てちょっと思ってたしな笑


でもそのぶん大切に思われて、愛情と期待を受けて育ってきた証拠でもある。(それがまた呪縛を産む場合もありますが)

 

姉はどこかで、親に縛られたくないという思いに縛られているからか、突然びっくりする行動に出たり、1人暮らし、彼氏と同棲、海の家、ピースボート、海外などなど外に外に飛び出したがって、はたからみたらほんと自由人ですが

 

やっぱり見えない責任感の糸、母の目に縛られて、ギリギリラインで戻ってくる。(今だに母に叱られるのが怖いらしい)

 

そして今になっても

 

どこかで母が1人になったときのこととかもちゃんと頭に入れていたり、祖母きよこの介護もずっとやっていたり、家族のこととか家のことをどこかに考えてる気がする。(逆に母も何歳になっても姉のことをいつまでも気にかけて可愛がってる)

 

うちは母が「お姉ちゃんなんだから」とか全然言わなかったし、昔から泣き虫の姉と、わりとしっかりした妹という図式で、「どっちが姉かわからない」と言われていたけど

 

私は結局のところいつも何にも考えてなかったり、どこに行くにも人まかせなんで

 

最近になって、結局姉は姉で、私は妹なんだなとよく思います。

 

 

まあ、これは完全に各家庭それぞれなんで、長女の呪縛というよりは、うちの姉の呪縛なんですけど

 

最近よく長女の人と話をすると、どれだけ自由にしてても結局どこかできっちりせざるを得ない自分が嫌になる、みたいなことを言っていたので、ちょっと書いてみました。

 

だからといって「長男って」とか「末っ子はこうだから」「ひとりっこだから」とか決めつけるのは好きではないし、人それぞれだと思うんですけどね。

 

長女って大変やんな。(と軽く言う次女) ※後ろはプリキュアを踊り狂う長女

------------------------------------

ここまで読んでくださって本当にありがとうございます。

お手数ですが、最後に下のバナーをクリックして応援して頂けると嬉しいです。

 

レシピブログのランキングに参加しています。

------------------------------------

以下、著書です。

 

 

 

今までの料理本です。

-----------------------------------------------------------

syunkonカフェごはん レンジで絶品レシピ (e-MOOK)/宝島社

¥540
Amazon.co.jp

 

-------------------------------------------------------------

いい加減なブログですが、気軽にコメントして頂けたら嬉しいです。

コメントは承認制ですが、無人の野菜売り場のような、個人個人の秩序で、ずっといい雰囲気を保って頂いてるので、読んで嫌な気持ちになるものじゃなければ完全公開です。

他の方のコメントに対する御返事など、自由にして頂ければ嬉しいです。

 

質問はコメント欄内でほとんど答えますので、気長にゆるりとお待ち頂けたらありがたいです。

 

AD

リブログ(11)

リブログ一覧を見る

コメント(156)