きてくださってありがとうございます!

-------------------------------------------------------------

9月30日、エッセイ本を出版させて頂きました。


syunkonカフェ雑記 ~クリームシチュウはごはんにあうか否かなど~/扶桑社

¥1,080
Amazon.co.jp



このブログは、どこにでもある材料で、誰にでもできる料理を載せていきたいので


◆大さじ1杯の生クリーム

◆卵黄5個分

◆ローリエ、バルサミコ酢、ワインビネガー、ワタリガニ、備中ぐわ、千歯こき・・・


なんかは使いません。


どうぞゆっくりしていってください。軽い気持ちで。足をくずして。デシリットルで示して。

カレーを電子レンジだけで作りました。

以前「レンジで一発!キーマカレー 」を作ったんですが、みじん切りが必要ない分それよりさらに簡単。


耐熱ボウルにすべての材料をいれてチンするだけ。

ルウ1個、水160cc、加熱時間8分


鶏肉は固くならずふっくらしあがり、カレーのとろみもいい感じにつきます。


豚でも牛でもできます。


あ、今の具の話な。「子どもでもできます」みたいな作り手側じゃないで。(わかるわ)



昼ごはんに1人分だけ食べたい時や、翌日には持ち越したくないけど無性にカレーが食べたい時や


家族間で辛さの好みが違う時なんかにオススメ。


お父さんは甘口がいいけど子どもは辛口がよくて困ってますとか。(あんまりないパターン)


あとお鍋を洗う手間がないのでめっちゃ楽。


ボウルだけやからサーンって流せばいいんで。


サーンサーンザブザブザザーンゴシゴシシャーーーって流せばいいんで。(結構洗うやん)



煮込まない分、インスタントコーヒーの粉をくわえて煮込んだようなコクを出していますが


そもそも固形ルウ自体、各メーカーさんが研究に研究を重ねて「煮込んだコクに関しては既に入ってますぅーーー!」って感じやと思うんで、何もいれなくても大丈夫です。


めっちゃ簡単なので、よかったら是非作ってみてください。

材料(1人分)

●玉ねぎ・・・・1/4個ほど

●鶏もも肉・・・・80gぐらい

A固形カレールウ・・・・1個(20gぐらい。私はジャワの中辛です)

A水・・・・160ccぐらい

Aケチャップ、ウスターソース・・・・各小さじ1ぐらい

Aあればインスタントコーヒーの粉・・・・ちょっとだけ。小さじ1/4ぐらい

●ごはん・・・・・茶碗2杯分ぐらい

●あればドライパセリ・・・・適量


<作り方>

玉ねぎはごく薄切り(火が通りやすいよう)にする。鶏肉は小さめのひと口大に切る。

耐熱ボウルに玉ねぎ、鶏肉、Aを入れ、ふわっとラップをかけて電子レンジ(600w)で約8分加熱する。

この時点では「なんて美味しくなさそうなのかしら・・・・!!」って感じです。


このぐらいあけてください。もうラップいらんのちゃうんってぐらい。いらんのかな。


取り出して混ぜ、ごはんにかけて出来上がり。


☆しゃばしゃばであれば、ラップをはずして追加で3~5分ほどチンして水分をとばしてください。


☆じゃがいもやにんじんをいれると加熱時間がかわってきてしまうので、シンプルバージョンでお送りしてますが、水の量を増やして野菜を小さく切り、加熱時間を長めにとればできると思います。(お鍋で作るほうが早いわってぐらいの時間かもしれませんが)

ちなみに上のを書いたあと、やっぱり2人分ではできないかと思って色んな分量と時間でやってみまして。


ちょっと時間はかかるけどできました。


15分チンするんでお鍋で作るほうが早いかもしれませんが


お鍋だけはマジで洗いたくないんです。って方がいらっしゃったら使ってください。


材料(2人分)

●玉ねぎ・・・・1/2個ほど

●鶏もも肉・・・・150gぐらい

A固形カレールウ・・・・2個(40gぐらい。私はジャワの中辛とバーモントの甘口を混ぜました)

A水・・・・350ccぐらい

Aケチャップ、ウスターソース・・・・各小さじ2ぐらい

Aあればインスタントコーヒーの粉・・・・ちょっとだけ

●ごはん・・・・・茶碗4杯分ぐらい


上と同じやりかたで、600wで13~15分チン。

※豚バラでやってます。細切れは固くなるのでバラがおすすめです。

しゃばしゃばであれば、ラップをはずして追加で3~5分ほどチンして水分をとばしてください。



このカレー、煮込まないぶん、いつもよりちょっと辛めにしあがります。


昔テレビで、2日目のカレーは果たして本当においしいのか果たして、みたいな食べ比べ実験をしたら(果たして2回言うたで)


作りたて派と2日目派と半々に分かれてて。


2日目はまろやかでお肉の旨味が出てるけど、出来立てのほうが辛くてスパイシーで、要は好みの問題です、みたいな結果やったのを思い出した。


なので、辛いのが好きな方はよりおすすめです。(ってそんな甘口が辛口になるほど変わりはしませんが)


*******************


朝日新聞の無料情報誌、スタイルアサヒで1年間連載をさせて頂いてるんですが(「笑顔のごはん 簡単でおいしい季節の献立」っていうコーナー)


2月号が出ています。

大豆でっか。


2月号はレンジでカブの肉詰め蒸し定食です。


スタイルアサヒが入ってる方、もしよかったらみてください。

------------------------------------------------------------
ここまで読んでくださって本当にありがとうございます。


お手数ですが、最後に下のバナーをクリックして応援して頂けると嬉しいです。


           

       レシピブログのランキングに参加しています。  


-------------------------------------------------------------

☆今までの料理本です。

syunkonカフェごはん 5 (e-MOOK)/宝島社
¥799
Amazon.co.jp

syunkonカフェごはん 4 (e-MOOK)/宝島社
¥802
Amazon.co.jp


-------------------------------------------------------------

返信はできなくて本当に申し訳ないのですが、気軽にコメントして頂けたら嬉しいです。


無人の野菜売り場のような、個人個人の秩序で、ずっといい雰囲気を保って頂いてるので、完全公開です。(コメント欄に「コメントは管理者により管理されています。掲載されない場合もあります」と書いてますが、管理者はいません。すぐ公開です)


他の方のコメントに対する御返事など、自由にして頂ければ嬉しいです。

質問は、コメント欄内でほとんど答えますので、気長に待って頂けたらありがたいです。

AD

コメント(84)