きてくださってありがとうございます!

-------------------------------------------------------------

9月30日、エッセイ本を出版させて頂きました。


syunkonカフェ雑記 ~クリームシチュウはごはんにあうか否かなど~/扶桑社

¥1,080
Amazon.co.jp



今日は、宣伝・広告の記事っていうんでしょうか


「ティファールの圧力鍋を使ってみて、感想とレシピをブログで書いてくれませんか?」というモニターの記事です。(セキララ)←サンリオの新キャラ

このブログは、どこにでもある材料で誰にでもできる、っていうコンセプトなんで


「このフライパンを使ってください」だったり、「この調味料使ってください」「この縄文土器を・・・」みたいなお仕事は基本的にすべてお断りしているんですが

今回やってみた理由は


これを機に圧力鍋恐怖症を克服しようと思ったからです。


私は、圧力鍋とかフライヤーとかホームベーカリーとか、そういうの全般苦手で。

(そういうの・・・・説明書がいるような、ちょっとややこしそうな調理器具)


わかるんです。ものすごい便利なのは。


使いこなせば「なんで今まで持ってなかったんやろう」ってなるであろうとは思うねんけど

いつも数回使ったら箱にしまって吊戸棚の奥にしまって


結局普通の片手鍋で料理してるっていうパターン。


そもそもプレッシャーに弱いから、「圧力」とかあかんねん。

食材に圧力をかける」とか、ちょっと意味わからんし、ヤメテコワイ…ってなる。(「大根君。今日の契約がとれなければ我が社の存続は・・・・・・・わかっているだろうね?(肩ポンポン)」)


数年前、実家にある圧力鍋を使ってみたことはあんねんけど


いったいいつ圧力がかかったかとか、いつ火を止めたらいいかわからず

あのプシューーーーーーー!!!!!っていう音とかも怖くて


「圧力が下がるまでは絶対に蓋を開けないでください」


みたいな注意書きも怖くて(え、爆発するん?)、1~2回使っただけで敬遠していました。

しかも今、ナミ(2ヶ月)がいる状態なんでなおさら、ややこしい道具なんて使えない・・・と思ったんですけど

考えてみたら


圧力鍋って、たぶんそういう人にこそ便利な道具ではなかったかと。(短時間で、ほったらかしてても美味しいものができるっていう)


使えるようになったらこの先めっちゃ重宝しそうやし


こんな自分でも簡単に使えたら、胸を張ってブログにかけるんではと思いまして


使ってみました。(経緯が長いわ。「今日はティファールさんの圧力鍋を使ってみました~^^」の1行で終わる話やわ)


結論から言いますと



あの


良かったです。ややこしくなかった全然。



思わず扶桑社の池田さん(このお仕事の仲介をしてくださった人)に、「これすごいですね」ってLINEしてしまったほど。ごはん、加圧時間3分で炊けるらしいで・・・(お米を浸けとく時間と他の加熱時間はいるけど)


これです。

クリプソ アーチ タイマー



結構大きいです。ドライプルーンでいえば300個分ぐらいでしょうか。(究極にわかりにくいわ。なんでドライプルーンで言うねん)

まずいいなと思ったのが、蓋をこっちに替えれば普通のお鍋としても使えるっていうところ。

厚手の蓋がぴっちりしまるお鍋をずっと欲しいと思ってたんで、もうこれで満足です。(圧力かけろ)


圧力鍋って蓋がめっちゃ重くて固かったり、開け方が難しい印象があってんけど

これはハンドルをスイッとおろすとカチャンとしまって、あげるとカチャッとあきます。

そして真ん中についてるタイマー。

圧力がかかったら音が鳴って知らせてくれて、自動的にタイマーが作動し、終わったらまた知らせてくれる画期的なシステムで


これがものすごい便利でした。今まで「ピンが下がったら火を弱めて・・・」みたいなのがよくわからず、雰囲気で開けたり閉めたりしてたんで。



まず何を作ろうかと、付属のレシピブックを色々みててんけど

ここに載ってるのしか作られへんかったら結局使わなくなってしまいそうなんで、オリジナルレシピでやってみました。



●鶏手羽と大根の煮物

材料(2~3人分)

●手羽先・・・・・6本

●大根・・・・・1/3本ぐらい。300gぐらい。

Aしょうゆ、みりん、酒・・・・・各大さじ2強ぐらい

A砂糖・・・・・大さじ1ぐらい

A水・・・・・・1カップぐらい


①大根の皮を剥いて2~3cm厚さに切り、すべての材料をお鍋にいれ、蓋をします。

②いったい何分に設定したらいいかわからんかったんで、レシピブックで似たような料理を探して「ぶり大根」と同じ時間でセット。(高圧10分)

中火にかけて、音がなったら弱火にし、もう1回音がなったら火を止めて、完成。

あけてみます。


できてる・・・!!

作業時間は大根の皮むきの2分ぐらい。予熱時間足しても30分程度で完成。

手羽先ホロッホロ。大根もナイフでスッ・・・と切れる。(お箸で切れ。ナイフはなんでも切れるわ)

なにこれすごい。


しかも途中のプシューー!!が思ったよりすごい静かでびっくりしました。



次は、圧力鍋があったら作りたいと思っていたおでん


今までお鍋で数時間コトコト煮込み続けるのが面倒で炊飯器で作っててんけど

ご飯が炊けないのと、その後2~3回ごはんを炊く時におでんの香りがするのだけが難点やったんで。

材料(2~3人分)

●大根・・・・・1/4本ぐらい

●おでん用っぽいちくわ・・・・2本

●厚揚げ・・・・でっかい三角の2切れ

●こんにゃく・・・・1/2枚

●おでん用牛筋串・・・・・5本ぐらい

●じゃがいも・・・・2個

●鶏手羽元(なぜかおでん売り場に売ってたんで)・・・・・2~3本

●ゆで卵・・・・3個

A砂糖、しょうゆ、みりん・・・・・各大さじ1ぐらい

A顆粒和風だしの素・・・・小さじ2ぐらい

A塩・・・・・小さじ1弱ぐらい

A水・・・・・4カップぐらい

※具はなんでもいいです。


①大根は2cmぐらいの厚さに切って皮をむく。じゃがいもも皮をむき、ちくわとこんにゃくは斜め半分に切り、すべての材料を鍋にいれる。

②蓋をしめて高圧5分(ごめんなさい10分て書いてました)にセットし、弱火にかける。音がなったら火を弱め、もう1回音がなったら火を消し、自然放置。


あけてみます。

できてる・・・!!

たった数十分放置しただけで味も染みしみ。

じゃがいももほくほく。いやーすごいわ。



詳しい使い方や、レシピなどなど、興味がある方はティファールさんのHPをみてください。

http://www.club.t-fal.co.jp/


以上です。


普段愛用していないし、買ってもないんで、なんの説得力もないと思いますが(ほんで値段がいくらかって話やとも思いますが)、個人的な感想でした。

圧力鍋を買おうかなと思っていたかたの参考になれば幸いです。

今後、このブログで圧力鍋のレシピを登場させることはないけど(コンセプトに反するんで)

個人的にこれから使っていきたいと思います。シチューやカレーもめっちゃ早そう。


とりあえず箱にしまったら終わりやと思って、すぐに取り出せるところにそのままの状態でいれてる。

あまりにすべてが簡単やったんで「できる・・・!私できるわ・・・!」ってなって

付属の蒸し器っていうん、カゴを使ってプリンまで作ってんけど

めっちゃ長くなったのと、普通のお鍋でもこれはできるんで、次の記事にでもまた書きます!

------------------------------------------------------------
ここまで読んでくださって本当にありがとうございます。


お手数ですが、最後に下のバナーをクリックして応援して頂けると嬉しいです。


レシピブログのランキングに参加しています。


-------------------------------------------------------------

☆今までの料理本です。

syunkonカフェごはん 5 (e-MOOK)/宝島社
¥799
Amazon.co.jp




syunkonカフェごはん 4 (e-MOOK)/宝島社
¥802
Amazon.co.jp


-------------------------------------------------------------

返信はできなくて本当に申し訳ないのですが、気軽にコメントして頂けたら嬉しいです。


無人の野菜売り場のような、個人個人の秩序で、ずっといい雰囲気を保って頂いてるので、完全公開です。(コメント欄に「コメントは管理者により管理されています。掲載されない場合もあります」と書いてますが、管理者はいません。すぐ公開です)


他の方のコメントに対する御返事など、自由にして頂ければ嬉しいです。

質問は、コメント欄内でほとんど答えますので、気長に待って頂けたらありがたいです。



AD

コメント(114)