きてくださってありがとうございます!
山本ゆりオフィシャルブログ「含み笑いのカフェごはん『syunkon』」Powered by Ameba
このブログは、どこにでもある材料で、できるだけ安く、誰にでもできる料理を載せていきたいので、

◆大さじ1杯の生クリーム
◆卵黄5個分
◆ローリエ、バルサミコ酢、八角、渡り蟹、ワインビネガー、備中ぐわ、千歯こき・・・・

なんかは使いません。


どうぞゆっくりしていってください。軽い気持ちで。足をくずして。目尻に枝豆を張り付けて。
山本ゆりオフィシャルブログ「含み笑いのカフェごはん『syunkon』」Powered by Ameba
山本ゆりオフィシャルブログ「含み笑いのカフェごはん『syunkon』」Powered by Ameba

ロールキャベツです。


ロールキャベツって、面倒なわりにそこまでおいしくもない料理という認識でしたが


久しぶりに食べたら「え!こんなおいしかったっけ!!」ってなりました。



高校生まで、私はきよこ(93歳の祖母)が作ったロールキャベツしか食べたことがなく。


まあキャベツの固いこと


噛み切れたことがない。筋がもう。筋がもう。


まずかぶりついて、ミィーーーーーーーーンとキャベツだけが剥がれて


それを全部たいらげてから、中身っていう流れ。


そもそも出来上がった時点でロールされてるのはごくわずかで


だいたいは煮たキャベツとボロボロのお肉の盛り合わせで出てきてました。


それやのにかなり頻繁に出てきたのが謎やわ。え、得意料理やったんかな。



でも、ロールキャベツなんて外で食べることないし、これが普通やと思ってたんで


はじめて友達の家(女子バスケット部のゆみの家)でロールキャベツを食べた時は


衝撃でした。


出てきたとき、これ行儀よく食べれる自信ないな・・・・って思ったら


なんとお箸で切れるじゃあーりませんか。(新しい)←古いわ



それがめっちゃおいしかってんけど、特に作ることもなく時は流れ。


この間、「簡単に作れるロールキャベツの作り方を教えて」というコメントがあったんで


そういえば今までやってなかったなと、作りました。


(2月1日に頂いたコメントです。もう見てない可能性大。)



これ、めっちゃおいしかったです。キャベツが甘くてトロトロ。


最初に焼き色をつけてから煮るのがポイントです。おいしそうに見えるかなと思って。


そしたらそこまで焼き色つかんかったわ。


もっと強火でやればよかった。あーあ。いーい。うーう。えーえ。(小学生か)



特になんの工夫もない作り方なんで、簡単でもないかもしれませんが


よかったら作ってみてください。
山本ゆりオフィシャルブログ「含み笑いのカフェごはん『syunkon』」Powered by Ameba

<材料>(2人分。4個分)

●キャベツ・・・・・外側の葉5~6枚

●合いびき肉・・・・・200gぐらい

●玉ねぎ・・・・・1/4個ぐらい

●塩・・・・少々

●パン粉・・・・大さじ3ぐらい

●牛乳・・・・・大さじ3ぐらい

●卵・・・・・1個

A顆粒コンソメスープの素・・・・・小さじ2弱(固形なら1個)

A水・・・・250ccぐらい

●好みで粗挽き黒こしょう・・・・・適量


<作り方>

キャベツは外側の葉をべらんとはがして、1~2枚ずつ、芯がやわらかくなるまで茹でる。

(芯のあたりに切り込みをいれてそっち側からはがすとうまいことはがせます)

芯の部分だけ薄く削る。削った芯はもったいなければみじん切りにしてお肉に混ぜて下さい。


玉葱はみじん切りにして、炒めて冷ましておく。私は面倒だったんで、耐熱皿にいれて油をちょろっとまわしかけ、ふわっとラップをしてレンジ(600w)で2分半チンしました。

パン粉は牛乳でふやかしておく。

ボールにひき肉と塩をいれてよく練り、玉葱、ふやかしたパン粉、たまごをいれてよく練る。

4等分してキャベツに包む。


一応ですが、くずれない包み方を写真つきで書きます。基本の包み方なんかもしれんけど。


置く。(置くて。主語無しか)

山本ゆりオフィシャルブログ「含み笑いのカフェごはん『syunkon』」Powered by Ameba

肉だねはキャベツに置かれる。(主語肉だねにしたーーー!)


包む。

山本ゆりオフィシャルブログ「含み笑いのカフェごはん『syunkon』」Powered by Ameba


右側だけパタンと折ってくるくる巻く。

山本ゆりオフィシャルブログ「含み笑いのカフェごはん『syunkon』」Powered by Ameba


左のぺろーんと出てる部分を、中にぎゅっと押し込む。

山本ゆりオフィシャルブログ「含み笑いのカフェごはん『syunkon』」Powered by Ameba


完成。

山本ゆりオフィシャルブログ「含み笑いのカフェごはん『syunkon』」Powered by Ameba


鍋に巻き終わりを下にして隙間なく詰め、残りのキャベツも詰める。

山本ゆりオフィシャルブログ「含み笑いのカフェごはん『syunkon』」Powered by Ameba

ここに油をちょっとだけいれて、火にかけて強火で焼き色をつけ

Aをいれて、アルミホイルで落とし蓋をし、弱火でコトコト1時間弱煮て、完成です。

焼く工程ははぶいても全然いいです。


※取り出す時は、とろとろなので、トングじゃなくて、大きめのスプーンをおすすめします。


冷めるとさらに味が染みこみます。


★もしやぶれてはみ出たら、もう1枚上から包んだらよろしいです。

★今回1つは最初からやぶれて一部はみ出てましたが、そのまま進行しました

でも長時間煮て形は決まるんで、やぶれた部分を下にして盛りつければ大丈夫です。



リクエストでは、チーズ入りだと最高!!とのことだったんですが


上にチーズを乗せてトースターで焼いてグラタンみたいにしてみました。
山本ゆりオフィシャルブログ「含み笑いのカフェごはん『syunkon』」Powered by Ameba

変?(変?て)


よかったら試してみてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここまで読んでくださって本当にありがとうございます。


お粗末なブログながらランキングに参加させてもらってます。
お手数ですが、最後に下の2つのバナーをクリックして応援頂けると嬉しいです。
                 

レシピブログのランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします!

にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ

料理ブログ おうちカフェ よろしくお願いいたします!


ブログを続ける励みになります。本当にありがとうございました!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆宝島社さんからレシピ本を出版させて頂きました。


読んでくださっている方のおかげです。本当にありがとうございます。


【送料無料】syunkonカフェごはん 2

【送料無料】syunkonカフェごはん 2

【送料無料】syunkonカフェごはん 2
価格:780円(税込、送料別)

【送料無料】syunkonカフェ

【送料無料】syunkonカフェ
価格:780円(税込、送料別)

↓「含み笑いのいい加減食堂」毎月連載しています。(3月号が発売されました)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

返信はできなくて本当に申し訳ないのですが、気軽にコメントしていただけたら嬉しいです。

無人の野菜売り場」のような個人個人の秩序で、ずっといい雰囲気を守って頂いてますので、完全公開です。

(コメント欄に、「コメントは管理者により確認されています。掲載されない場合もありますので、

あらかじめご了承ください。」と出てきますが、このブログに関しては、管理者はいません。すぐ公開です)

また、他の方のコメントに対する返事など自由にしていただいたら嬉しいです。

質問はコメント欄内でほとんど答えますので、気長に待って頂けたらありがたいです。


AD

コメント(80)