最近1歳半の子供が自分のおっぱいを認識するようになりました。
今までは親や大人のお姉さんの胸を触ってはおっぱいと言って笑っていましたが、最近は裸になった時に自分の乳首を指さしておっぱいと言う様になりました。
今、1歳半と言う事もありお腹は大きく出ている幼児体型をしています。冬場になり夜寝る時には腹巻をして寝ています。
服の上から腹巻をするとめくれるので、一番下に腹巻をしています。そうでないと朝になるとお腹が大きくて通常の服ではズボンに入れてもはだけて
お腹が冷えてしまうからです。
そんなある日いつものように入浴後オムツを履いて腹巻をするとおっぱい、と言って腹巻でおっぱいを隠す様になりました。
そうすると丈が足りない腹巻は丁度お腹の所が出るのです。違うよ、こう着るのよ。とズラしてみるとおっぱいが出た事に対して又おっぱいと言って腹巻を上にあげます。
丁度それは女の人が着るチューブトップみたいな感じになります。これでいいのと言ってそのままお腹を出してチューブトップの様な感じでおもちゃで遊び始めます。
オムツ一丁で腹巻をチューブトップにしているムチムチの1歳半の我が子を見ていると微笑ましくもありました。
腹巻と言う商品が腹巻の意味を無くした瞬間でした。

文豪とアルケミスト

AD