とりあえず日々ボードゲーム

日本の片隅、島根県の浜田市で日々ボードゲームにはまっている管理人が、とりあえずボードゲームについて色々と書いていく(予定)のブログです。


テーマ:

平成29年3月28日

 

 昨日に引き続き、本日は終日のゲーム会&参加者もしょうが一人増えて3人となります。とはいえ、しょうは午後から参加なので、午前中はいつものように朝っぱらから来ているちいと2人で手軽なゲームをプレイしています。

 

☆トゥエルブヒーローズ

○概要

作者:坂上卓史、上杉真人

対象年齢:12歳以上

対象人数:2人

標準時間:20分程度

 

 12人の英雄を編成して各地に派遣し、新たな領地の獲得を目指すゲームです。18種類の英雄(ユニットカード)から12枚をそれぞれデッキとして編成してゲームを行います。

 

①手番の最初に、3箇所ある地域(土地カード)の支配を確認します。各地域で手番プレイヤーのユニット兵力が高ければ支配マーカーを1個配置できます。支配マーカーを配置するスペースが一杯の状況でさらにマーカーを配置することになった場合、その地域を確保することが出来ます。

②維持コストとして地域に派遣している兵士が食料を消費します。この時、派遣先の地域に配置されている食料しか使用できず、供給できなければユニットが破棄されます。

③ストックから食料、デッキからカードを補充しアクションを行います。

④アクションは「召集(手札から領地へユニットを配置)」「派遣(領地から地域にユニットを移動、1アクションで3地域にそれぞれ1ユニットまで)」「移動(1ユニットのみ隣接する地域間を移動)」「調達(食料の補充)」の4種類があり、3アクションを実行します。なお、ユニットの移動は同時にその地にある食料を任意の数持って移動することが出来ます。

⑤アクションを実行する際に、任意の手札を捨て札とすることで1アクション追加することも出来ます。

⑥アクションを終了すると手番が交代します。

⑦いずれかのプレイヤーが7ポイントの勝利点を確保すれば勝利となります。

 

○プレイ経過

 今回はお互い初めてのため、ルールブックで紹介されている基本デッキを使用しており、デッキの構成は全く同じになっています。

 赤が管理人、黒がちいで中央に土地カード(地域)を配置してゲーム開始です。ちなみに、左にある黄色のキューブは食料になります。

 

 最初はお互い英雄を召集するところからゲームが始まります。最初に召集したのはお互い「ツリーフォーク(派遣、移動することで食料を生み出す)」。その後も管理人は食料を増やすタイプの英雄を召集しつつ、地域に兵を派遣します。

 

 中盤、左の地域は押されていますが、得点の高い残りの2地域では有利に英雄を展開しています。

 

  結局、左の地域は陥落しますが右の地域はこの後確保します。

 

 最後は、お互い中央の地域に兵力を集中しての争いとなります。食糧不足で多くの英雄が離脱したちいに対し、何とか食料をかき集め戦力を維持していた管理人が地域の確保に成功し、勝利点7を達成したため管理人の勝利となりました。

 ちなみに、管理人の方も食料はほぼ尽きてこのターンを維持するのが精一杯だったため、もう1ターンかかった場合は危うかったです。

 

○評価

 まず突っ込みたいところですがトェルブ「ヒーローズ」というタイトル、12人の「英雄」を編成と、なっているにも関わらず、出てくるユニットが「農夫」、「補給兵」に始まり、「山羊」「鷹」といった動物、果ては「ベヒモス」といった魔物系まで、全体の約半分が英雄に見えないのはどうなんでしょうw

 まあ、それはさておきゲームの方ですが、基本的には3つの地域に英雄を派遣しての数字比べという感じで、これだけだったら特殊能力はあってもそれほど目新しくはありませんが、このゲームの場合ここに「補給」の概念を導入しているのが面白いところですね。

 食料は英雄たちを召集するために必要となってきますが、それだけではなく地域に派遣した英雄たちは毎ターン食料を消費します。地域の食料は、基本的には英雄を派遣した際に持っていかせることでしか増やすことが出来ず、それ以降は消費するのみなので、そうなると、前線に長く滞在してもらおうとすると定期的に食料を運ぶ必要があります。とはいえ、食料を持ち運ぶためにユニットを派遣するとその分余分に食料が必要になりますし、運ぶための英雄も(基本的に地域から領地には戻れないので)逐次召集する必要があり、この辺のバランスはかなり難しい感じです。一方で、食料がなくても1ターンだけであれば戦力を発揮するため(その後捨て札になりますが)、勝負どころでは捨て身での突撃というのも選択肢に入ってきます。また、基本的には食糧不足でしか英雄は捨て札に出来ませんが、召集時の能力が強力なユニットなどは、あえて捨て札にすることでまた(デッキの再構築の後)手元に戻すことも出来、この辺も含めたカードの取り回しは非常に悩ましくも面白いところですね。 

 ちなみに、食料は順次運ばなくても最初にたくさん持っていけばいいと思うかもしれませんが、食料はかなりカツカツな感じで毎ターンの余剰がそれほどなく、まとめてもっていけるほど溜まるのを待っていると、相手プレイヤーに悠々と地域を制圧されてしまいますので、多くの場合後から継ぎ足し継ぎ足しという感じになると思います。

 気になる点としては、維持コストがカードの戦力によらず一律ということと、カードのバランスが一部気になるというところでしょうか。前者は、戦力1の農夫でも戦力5のベヒモスでもどちらも召集さえしてしまえば維持コストは同じです。そうなると、特殊能力がよっぽど強力でない限りは基本的に戦力が高い英雄だけ送っておけばいいということにもなりかねません。またこのことにあわせてになりますが、「ツリーフォーク」が各地域を移動するだけで食料が生まれますので、毎ターンこのユニットを移動させるだけで維持可能で食糧問題がかなり改善する、しかも戦力も「4」と高くかなり強力なユニットになっているんじゃないかな。どうやら戦力「5」のベヒモスも強いらしいですが、今回は未使用なので。

 まあ、全体としてはバランスが若干気になるものの、英雄の能力を活用しつつ補給を計算に入れた取り回しが面白いゲームで、なかなか楽しめると思います。

 

 

 続けて、「やさしい魔物と酒場の英雄」をルールブックを読みながらプレイしたのですが、ルールに分からない部分があり1ラウンドをお試しした程度で終了。基本的には素直なワーカープレイスメントっぽい感じのゲームで、後ほど改めて確認すると問題の部分も解決したためまた機会をみてプレイしたいと思います。

 ちなみにこんな感じのゲームです。

 

 

 ここで時間も残り少なくなったので午前中はちいセレクトによる短時間ゲームをプレイしています。

 

 

☆ダウンインフレイムズ

○概要

「自宅ゲーム会55 前半」を参照。

  

○プレイ経過

 初戦は管理人がドイツ軍機「BF-109F」、対するちいがソ連機「P-39D」です。

 

 この戦いは、「限界突破(ダメージと引き換えに手札を補充)」により手札を増やした管理人が、後方に回り込み攻撃。損傷したちいは何とか位置取りを戻そうとしますが、性能がおちた状態で上手く立て直せず、続く手番に管理人から連続攻撃を受けて撃墜となり管理人の勝利です。

 

 そして2戦目。管理人ドイツのジェット戦闘機「Me-262」に対し、ちいソ連は「Mig-3」「La-7」の2機編成です。

 

 先手となったちいの「La-7」からの攻撃は上手く回避し、先にさっさと「Mig-3」を片付けて1対1に持ち込もうとする管理人は早速Migの後方に回り込み攻撃を仕掛けます。

 

 しかし、限界突破を使用してまで、連続攻撃をしたにも関わらず、とどめをさせずぎりぎりのところで逃げられます。

 

 そうなると損傷しているとはいえMIgに対応しつつLaにも対処する必要が出てきます。

 

 さすがに同時にこなすのは手札の量から厳しく、後方に回り込まれたLaから攻撃を受け、管理人のMeは損傷してしまいます。

 

 続く手番で何とかMigを撃墜したもののそこまでが限界で、最後はLaの攻撃を受けたあえなく撃墜となり、ちいの勝利です。

 

 初めて複数の戦闘機を使用してみましたが、カードをつぎ込むバランスが必要となり面白い感じですね。これは複数人でプレイしてみても良いかもしれないです。ただ、同数でない場合の戦闘機のバランスは考えないといけないですね。

 

 

☆アンギャルド

○概要

「自宅ゲーム会10」を参照。

 

○プレイ経過

 久々のアンギャルドです。初戦はちいの必殺攻撃(3枚使用による攻撃)により、ちいが勝利します。

 

 2戦目は管理人が取り返すも、3戦目はちい、4戦目は管理人と一進一退ですが常にちいに先をとられていました。

 

  しかし、中盤に入ると管理人のかんが戻ってきたこともあり、5戦目、6戦目と連続で管理人がもぎ取ります。これで、管理人が5ポイントにリーチを掛けますが・・・

 

 ちいも負けてはおらず、連続でポイントを取り返し、4-4で最終戦にもつれ込みます。

 

 最終戦は、不用意に管理人の間合いに踏み込んできたちいの移動攻撃を払いのけ、反撃でポイントとなり、5ポイントを先にあげた管理人の勝利となりました。

 

 久々のプレイとなったアンギャルドですが、間合いの駆け引き、カウンティングなどシンプルながらやはり面白かったですね。

 

 

 ここで、午前中は終了となり午後にしょうの到着を待っての再開となりますが、長くなるので中盤に続きます。

 

 


にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

しゅくさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。