二世三世議員、官僚出身、芸能界などの有名人出身、そんな一部の職業や生活レベルの人たちだけで日本の政治が動いていることに危機感を感じませんか?


私たちの日々の生活実感が彼らに分かるのでしょうか?


地球環境問題など山積する政策課題を


真剣に考え取り組んでいる国会議員がいったい何人居るのでしょう?




人類の未来を見据えながら、


日々の国民生活を暮らしやすいものに変えて行く、


そんなまじめな政治勢力を作り上げたい。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




ブログ仲間の瀬戸内四郎さんが「日本への提言
」と言うブログを書いておられます。

事実関係を整理し、独自の視点での意見も述べています。

日本の政治や社会を考え正していく上で非常に参考になると思います。

一度覗いてみることをお奨めします。

日本への提言http://ameblo.jp/kablogsan/

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-10-11 07:35:58

安倍首相一億総活躍社会。それ以外の3千万を「殲滅する」意思表明

テーマ:政策会議室

安倍首相一億総活躍社会。それ以外の3千万を「殲滅する」意思表明

この小田嶋 隆氏の『「一億総活躍社会」を総括する』は一つの安倍自公軍事政権に対する善意的な見方だ。
http://business.nikkeibp.co.jp/…/opini…/15/174784/100100013/

以下の見方をされる前の防波堤を貼っておこうとの向こう側の布石だろう。

つまり、「安倍首相の言う1億」は「文字通り一億」だと言う恐怖を知るべきだ。
その意味は「残りの3千万人を切り捨てますよ」との「宣言」なのである。
合計特殊出生率目標1.8人はどういう意味か?
人口が均衡するのは合計特殊出生率2.1人と言われている。
安倍君の目標1.8を具体的に内訳で表すと、
子孫を残せる人達のグループA(2,1人の人達約85%)と
子孫を残せな人達のグループC(0人の人達約15%)を
明確に分けた政策や予算配分をしようと言う事だ。
グループA
 安倍政権の利権誘導に預かったり国に頼らず稼げて子供も育てられるグループ
グループC
 貧困で、仕事や金がないが為に病気や事故死をしやすく、結婚や子育てができない、早死にするグループ

これによって何が起こるか?
グループA
 安倍自公軍事政権の利権に関係してお零れに預かる人達の全人口に対する比率が年々急速に高まる。その人達は裏から入った金で公的助成を受けないですむ。つまり福祉予算が減らせるのだ。
グループB
 国に頼らず稼げる人達も同様だがその比率は徐々に下がるだろう。
グループC
 自殺、怪我や病気による死亡、劣悪な生活環境・栄養不足・医療費が払えない等での寿命自体の短さにより他のグループより人口減少は早い。

グループAにも子供を作らない人はいる事等を総合すると、安倍政権の利権誘導の後継グループの息のかかった国民だけの総人口1億の国に変わって行く解りやすいシナリオだ。

これが安倍首相の言う一億総活躍社会。それ以外を「殲滅する」という意思表明だ。それによって、安倍自公軍事政権が目指す社会構造は、福祉予算や教育予算、子育て支援などを「正規の国の予算を通してやる必要はない」と言う事になる。

結果、利権誘導のみに国民の血税が使われる利権リサイクル社会ができあがる。

AD
いいね!(15)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-10-09 18:53:54

安倍政権を倒し、自民党の息の根を止める構想

テーマ:自民党の息の根を止める
全国同時多発の国民からの主権回復運動に名乗りを!
今まで既存の政党・政治家任せにしていたから、いびつな国、いびつな政治になった。
まとまれない野党をまとめる為には国民が自ら立ち上がる。そしてその秋は今。

安倍政権を倒し、自民党の息の根を止める構想(たたき台;小田々豊案)

              2015年9月30日(10月8日一部改)
以下はその趣旨を「安倍政権を本気で倒す作戦会議」
https://www.facebook.com/groups/609450799191126/
で提案し、神奈川県と高知県で10月16日(金)を目標に同時記者会見をする方向で進んでいます。
他の都道府県で我はと思う方は名乗り出て下さい。その打ち合わせをしましょう。
<目標>
 自公連立政権打倒の為に、野党選挙協力の接着剤になり、2018年の衆議院選挙で政権を取る。
2回以上政権運営をし利権政党自民党を干し上げ壊滅させる。
 その為、2016年参議院選挙で出来る範囲でのチャレンジを行い、
2017年に小選挙区の1/3以上に独自候補が立てられることを目標とする。
<手順・方法>
  【2015年11月頃まで】
0、参議院の都道府県選挙区で3人以上の定員選挙区を中心に、個別に独立した政党(法律上は国会議員5名以上等以外はその他の政治団体)(以下政党という)設立。(綱領や理念、政策・公約を作る)
1、各政党は以下の2~11(できれば21~も)の内容を全国複数箇所一斉記者会見で発表する。
  【2016年参議院選挙まで】
2、候補予定者(以下仮に候補という)と該当選挙区組織責任者(以下仮に選対長という)を全国公募。
3、今年十二月上旬候補名と、挑戦選挙区発表
4、応募資格は反自公政権のみにする。(意欲があれば細かいことを言わない)(2は自己負担金を求めない)
5、候補予定者を立てられる選挙区で、候補予定者は記者会見し、街頭演説など知名度向上を図る。
6、上記選挙区の選対長は、会員・資金募集、候補サポート、有権者名簿作成、有権者に電話で党の説明をする。
7、供託金は一選挙区一口千円×三千口=三百万円、比例区の場合は一口千円×六千口=六百万円、の寄付を募る。
8、該当選挙区で告示日までに全国の参加ボランティアから有権者に三回転の電話。(ネット上のマニュアルで一元管理)
9、8の反応を見て他の野党と候補者調整、
10、公開の予備選挙をすることで盛り上げる。
11、10で一位の候補者を公認または推薦し当選を目指す。
  【2017年以降の衆議院選挙】
21、小選挙区の候補・選対公募、
22、上記2-11は同じ
23、参議院に挑戦した都道府県は小選挙区のデータにより重点選挙区を決める
24、10の予備選挙を目立つ中身の濃いものにする
25、9は他野党を圧倒する支持者を確保、それにより主導権を取る。
26、告示前に野党の統一候補を各小選挙区で一本に絞り、比例区では自党候補を上位配置できるようにする。
27、25に加え他党候補の引き抜き
28、連立協議を主導権を持って行う。
29、首相指名。我が党党首首相を目指す。
  【2019年参議院選挙】
31、選挙で改選議席の過半数確保
32、自党の当選者を伸ばし、参議院で主導権を
  【2019年以降、解散総選挙】
41、野党の中で自党の理念に遠い議員を狙い撃ち、該当小選挙区に自党候補を対抗させ、当選させる。
42、何が起こるか解らないのが政治。上記日程通り行かなくても臨機応変に対応。
  【政権運営2回以上】
51、政権運営を2回以上するまでは、一致団結、分裂騒ぎを起こさない。
52、政権運営を3回以上で、もし分裂しても、選挙協力は保ち、二度と自公に政権を渡さない。
53、それにより利権を失った自民党は壊滅する。
■A 既存政党の問題、1 世襲の世間知らずが多い。2 党内で理念が一致してない。3 日本の未来を描く視野がない。4 人間関係に縛られ、政策中心の活動ができない。
■B 国民の問題、1 他人任せで自分で考え行動しない。2 諦めが早く巨悪を許す。3 付和雷同、長いものに巻かれる。
■C 自党の課題、有権者の声を聞き、理想をちょっと語る事で、押しつけがましく1人よがりでない行動(既存野党の失敗から学ぶ)
         自党の成長度合いにより徐々に難しい課題に挑む。
●4について、私の提案する仕組みでは、有権者側からいつでも(候補者選びがもし結果的に失敗だとしても、次回から)候補者を変えられます。
  「応募資格は反自公政権のみ」は、候補になろうとする人は貴重。党の勢いが出てくれば候補は苦労しなくなるので、最初は選対長やそのスタッフが「選挙経験を積む事」が大事。
  「2は自己負担金を求めない」は、候補や責任者になる人は責任感が強く色々のことを抱え込むので、金の心配をさせると借金をしかねない。それは後々組織に問題を残し、或いは優秀な人材が再起不能になります。
つまり、有権者が広く薄く負担しなければ民主主義は成り立ちません。
●一口千円の意味、主婦が独断で支出できる金額は五千円以内、千円を下回ると付き合いの捨て金として、後々の協力が得にくい。
●選挙資金、候補者は街頭演説、記者会見、選対は電話かけに徹すれば出費は殆どありません。本気で動けば選挙事務所も選挙カーも提供者が出てきます。
●反論・意見・更にこうしたら良い提案は、以上の各項番号を明記し、具体的に対案を示して下さい。
以上。
AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-07-30 07:50:54

ワーキングプア

テーマ:労働運動・ともだちユニオン
ある女性がfacebookに下記の趣旨を投稿し、多くの人がコメントしていたが私もコメントした。
「30歳過ぎたワーキングプアの私の息子の話。これまで仕事をしていた事業所がなくなり、失職しました。ハローワークの担当からは「正社員になるのをあきらめて間口を広げたら」と言われているそうです。つまりまたバイトか派遣になれということです。それではこの先、生活していけません。
どうしたら正社員になれるか、まともな就職クチを得ることができるのか、皆さん、何かご教示下さい。」

以下私。(要約編集)
世界経済は労働者をドンドン不要とする方向に動いています。
企業には世界レベルの競争があり、経営者は一人で何人分もの成果を出せる優秀な人材を集め、その人に変わるIT化・ロボット化を進めます。
なぜ成れる見込みもないのに正社員を目指すのですか?
なってもその会社やその役職が何時までも続くとは限りません。

ではどうするか
1 生きていくだけなら田舎で自給自足をし、金を使わない生活をすれば死ぬ事はありません。
2 起業という手があります。これは人のためになる商売を見つければドンドン業態を変えながらやっていけます。ただ相当な観察力や発想の転換が必要です。
3 day traderならお金を直接稼げますが殆どの人は向かないでしょう。
4 外国で就職すれば真面目な日本人は信頼されます。途上国なら生活費も安いでしょう。

いずれにしてもどんな人生を送るかをしっかり考え、自分というモノをしっかり持つ事でしょう。
それ抜きで、世の中に翻弄されるばかりでは先は開けにくい気がします。

5 いっそ政治家を目指すという手もあります。「ワーキングプアのまっただ中にいるわけですからその課題解決の政策を考え、人と話をし、支援組織を作り6ヶ月以上先にある次の選挙に出てみて下さい。」

その選挙を組み立てる課程で貴方の息子さんは相当勉強しなければなりません。多くの人に会い、真剣に話を聞いてくれる人とも出会うでしょう。
きちんと準備し当選すれば4年間は安定した給与が入りますし、例え当選しなくても、息子さんは相当成長しているはずです。
お金を使わない選挙をすれば何度でも挑戦できます。
3回も挑戦すれば通る可能性はぐっと高まります。
その気になったらご連絡下さい。サポートしましょう。

この投稿の趣旨に反して多くの人が政治のセイに或いは雇用先の企業のセイにしたがったコメントが散見されますが、それをいくら言っても愚痴る程度の事では情勢には影響がありません。
それらの問題はそれらの問題として、もっと具体的に地道に解決しなければならない事です。

息子さんは「ワーキングプアのまっただ中にいるわけですからその課題解決の政策を考え、人と話をし、支援組織を作り6ヶ月以上先にある次の選挙に出てみて下さい。」

ところでこの投稿には大きな問題があります。何故息子さんご本人がこういう質問をしないのでしょうか?

ほんの数十年前までは生きるためなら人々はどんな仕事でもしました。それは10歳前後で多くの人が覚悟を決めていたからです。
当然向いた仕事に就くに超した事はありません。しかし器が人を造るとも言います。
仕事に就いた時、与えられた事だけをする人かどうかは周りが見ています。そして与えられた以上をする人を企業は求めています。これはサービス残業や過重労働という意味ではありません。サービス残業や過重労働を強いている企業は労働者が見捨てればいいのです。
日本人は昔、「仕事」と「稼ぎ」が「しごと」の意味として使い分けられていました。
「稼ぎ」があるのは当たりまえ、「仕事」が出来て一人前。
そのことを親がきちんと子どもに教育していれば大学の卒業式や就活の面接にまで親が付いていく事もないでしょう。
中国を始め外国人が外食やコンビニで働いていますが、彼等の多くは本国に送金もしながら日本で生活しています。
或いは日本で或いは本国に帰って成功するためにお金を貯め或いは自己投資をして勉強をしスキルをアップしています。
彼等に出来る事が何故日本人に出来ないのでしょう?
パートをやりながら司法書士試験を何度も受け通った主婦の話もあります。

その人達とワーキングプアの違いは何でしょうか?
社会として「そう言う人達を産まない仕組み」は当然作る必要があります。しかし、そう言う政治的受け皿を私達が造るまでは、自力で将来へ向けた自らへの投資をしながら生き延びるしかないのではないですか?
それと同時に「仕事」として、社会をよりよい方向に進める取り組みが同時に求められるのだと思います。
AD
いいね!(16)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。