2008-11-28 00:58:29

今年の大晦日も5時間ぶっ通しで「Dynamite!!」なんだが・・ワクワク感が無いね01

テーマ:DREAM批評

<スポーツナビ>

(大みそかに開催される格闘技の夢の祭典

「Dynamite!!~勇気のチカラ2008~」

(12月31日 さいたまスーパーアリーナ)。

同日の19時30分からTBS系列でテレビ放映

されることが決定し、メーンキャスターに同局の

人気テレビドラマ「ROOKIES」で主人公の

川藤幸一役を熱演した俳優の佐藤隆太さんが就任

することが発表された。)

 

・・・例年通り・・恒例の「Dynamite!!」を

やるみたいだが、なんかパッとしないよね。

 

わかりやすい例で言うと・・・

 

復帰したSPEEDとか・・・

メンバーチェンジを繰り返して誰が誰だか

わからなくなったモーニング娘ぐらい

世間の関心が薄くなったような印象を受けてしまうよ。

 

やっぱりね~・・・こういった昔のネームバリュー

であるとか・・タレント性に頼ったキャスティングで

あるとか・・・更には話題性優先って所を見ると

・・・ダメな頃の日本映画と今のTV格闘技が

ダブって見えてしまうのだ。

 

ある意味で、その象徴的なものこそが・・無用に

乱発されるトーナメント戦だとは思うのだが、

再三批判している通り・・即席のマッチメイクには

最も都合のよい仕組みでもある為に格闘技界

そのものが、そのトーナメント戦という麻薬に

かなりの依存してしまったように思えるのだ。

 

その結果・・どうなったか?というと・・・

 

何の脈略もなくマッチメイクが組まれ、消費されて

いくにつれ・・・当然のごとく世間の関心も

薄れていってしまった・・・というのが、現在の

格闘技界の状況を現す最も的確な分析じゃない

だろうか。

 

何の世界でもそうなんだけど・・売れる物とか

ヒットする物って・・やはりストーリーを持って

いる訳で・・そのストーリーを紡ぎあげる努力も

せずに格闘技ブームを再び夢見るなんて事は

まったくもって甘いとしか言いようがないし・・

将来に繋がらないタレントに無駄な投資をし続ける

ようじゃあ・・・ダナ・ホワイトにこき下ろされる

のも無理は無いのだ。

 

やはり・・・格闘技は今こそ!もう一度原点に

立ち返って、ストーリーメイキングを練り直して

大河ドラマを構成すべきだと思うよ。

 

これだけコンテンツの溢れかえった世の中で

世間の関心を引き寄せたいなら・・ちょっとや

そっとのストーリーじゃあ・・到底・・

他のコンテンツにたちうち出来ないんで、大変

だとは思うが・・いまはまだ・・大晦日に

大きく格闘技の枠を取ってくれている訳だから

現状維持じゃなくて、その大晦日を起点として

何がどう変わるのか?をもっと明確に大衆に

ぶつけて欲しいね。

 

ストーリーとは?

 

そのドラマが終わった時に、誰の何が変わるのか?

 

・・・なんだよ。

 

今の「Dynamite!!」が終わった後・・

いったい・・・・誰の何が変わるの?

 

何も変わらないでしょ?

 

・・・これじゃあダメなんだよ。


K-1 プレミアム 2003 Dynamite!!
¥4,536


K-1 プレミアム 2005 Dynamite!!
¥5,481


K-1 PREMIUM 2007 Dynamite!!/格闘技
¥5,420


K-1 PREMIUM 2007 Dynamite!!
¥5,603
Amazon.co.jp



AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

シュウさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

4 ■国を背負うストーリー

国を背負うストーリーって言ったら

ロッキー4みたいなストーリーなの?

格闘技に国を背負うストーリーって…

重過ぎるんじゃないかな?

実は私もこの部分が気になるんだけどね

3 ■無題

今の日本ではどうだろう。もうここにはグレイシー幻想もないし、金網コンプレックスもないし、80キロ以下はそこそこ強いし、青木も岡見もカリスマ度ゼロでもなんとなく注目を浴びてるし、まあ、回復するだけの屈辱もそれほど目に付かない=退屈、なんてことでしょうか。本当にそうでしょうか。

以下は私の非常に個人的なこだわりで、個人的な見解かもしれないが、私は、日本はもうすでに屈辱の歴史を歩みだしている段階だと思う。いうまでもなく、竹島や尖閣諸島の問題、解決しない北方領土や拉致事件の問題、そして自虐メディアや政治家による売国行為とそれにつけこむ特亜のキチガイたち。サヨクによる狂った教育によって今この国のおかれている危機的な状況さえ当たり前になっている国民。これらの問題に一番たたきつけられなくてはならないのが、空手チョップではなかろうか、飛び膝けりではなかろうか。

昨年、三崎の口から語られた「日本人は強いんです。」彼の真意は、ただ韓国でセレブ化したヌル山にズル勝ちしたことだけについていっているのではない。自分は総合格闘技を通してやられっぱなしになっている日本を立ち直らせるぞ、日本を盛り立てて、ふざけた反日勢力を打破するぞ、という強い意志を表明したのである。これこそが、今のMMAの指針であり、最大の話筋ではないだろうか。

UFCにおいても、「やっぱりアメリカは強いんです」的なストーリーを投げかける試みは怠っていないし、もう少し、国を背負ってやるだけの試合を実現させてほしいというのが現実的な提案だろうか。

しかし・・・この国は・・・・亀田が必死で勝った世界戦を・・・・インチキだとか・・審判の買収だとか、ありえない難癖をつけて必死で非難した国民の住むところだからなあ・・・・・・・


2 ■無題

総合格闘技の原点をこの国でみると、

1)猪木の異種格闘技戦
2)東孝の大道塾旗揚げ
3)佐山悟のプロレス離脱

くらいは避けて通れない歴史的事件だろうか。1)はいうまでもなく新日の目玉興行となった猪木と世界の強豪との"一騎"打ちであり高田延彦や大仁田などに受け継がれた。2)は柔道と空手を融合させた日本人にもっともしっくりとくる総合追求の姿であり、日本初のUFCファイターもここの出。現在最強のMMA軍団、和術ケイシュウ会もここから派生した団体である。3)いわずもがな、修斗、パンクラスなど日本プロ総合の礎となったオリジナルUWF、そのスタイル、構想の建設者でありながらの代表選手である。

1-3に共通しているのは、中心にすすめた人物は、体が小さく、パワー負けするため、それまでいた団体で挫折を味わい、その屈辱、焦りから開放されるために、新しいスタイルを作り出す必要があったということである。東と佐山はともかく、猪木は全然ヘビーじゃないかと思う人もいるかもしれないが、猪木が体の小ささ弱さを気にしていてプロレスを辞める相談をしていたことは平成になって関係者によって書かれているとおりだ。

身体の小さな人間が、なんとか知恵を使って生き残りを考えたときに出てきたのが総合格闘技という概念だった。決して圧倒的に強い人間によってもたらされた体系ではない。これ、重要です。

時はたって、はじめはアルティメットなどといわれたMMAの時代になります。ここでの日本人からした原点とは、とにかく、ブラジルに、柔術に負けに負けて体裁のつかないとこまでボロボロにされた、ということでしょう。はじめて、そこで、猪木、東、佐山という創始者達と、現実のプロ総合の選手のが一線上にたったわけです。同じ「弱い」という屈辱を胸に。

弱い人間が、屈辱から開放されるために、なんとか知恵と努力で這い上がる、そして世界に雪辱を果たす。これこそが日本の総合格闘技の原点たるテーマであり、これがあってはじめて、ファンも業界も一体になってMMAを盛り上げることができたわけです。桜庭のグレイシー狩りも、ヴァーリ・トゥード・ジャパンもみんなそう、あのときの興奮を我々は忘れているけど、それは弱かったころの屈辱を忘れているからなんですよ。

1 ■うんうん

へえ・・・

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。