欧州野球狂の詩

日本生まれイギリス育ちの野球マニアが、第2の故郷ヨーロッパの野球や自分の好きな音楽などについて、ざっくばらんな口調で熱く語ります♪


テーマ:

 アイルランド国内における野球の普及・強化を目的に活動する「ベースボール・ユナイテッド・ファウンデーション(BUF)」のジョン・フィッツジェラルド会長が、第5回WBC(2021年)予選ラウンドにおけるアイルランド代表の新規参加に向けたアピールを目的に、MLBのロブ・マンフレッド・コミッショナーとの直接会談に臨む方向であることが分かった。

 

 アメリカが見事初優勝を飾った第4回大会の余韻もまだ冷めない中、アイルランドが早々と4年後に向けて手を打った。目指すのはもちろん、同国初となるWBC予選への参戦だ。念頭にあるのは、早くも噂されている第3回大会以来となる参加国数の拡大。そして、この3月に旋風を巻き起こし台風の目となった、イスラエルの躍進劇だった。

 

 「イスラエルは今回が初の本大会参戦だったにもかかわらず、1次ラウンドで3連勝を飾るなど素晴らしい戦いぶりを見せたと思う。ユダヤ系アメリカ人が主体のチームだったとはいえ、同胞たちの活躍はイスラエル国内の野球ファンや子供たちにとってもきっと刺激的なものだっただろう」とフィッツジェラルド会長は言う。「彼らイスラエルと同じように、我々アイルランドも北米には巨大な同胞のコミュニティを持っている。そしてその中には、プロや大学、高校で活躍している有力な選手がたくさんいるんだ。今度は我々がイスラエルのように、導火線に火をつける役割を担いたいんだよ」

 

 およそ3億2000万人いるアメリカ国民のうち、アイルランド系アメリカ人は実に3600万人、総人口の約12%を占める一大勢力だ。その多くは、完全にアメリカ社会に同化した現在でもアイリッシュとしてのアイデンティティを捨て去っていない。毎年3月17日の聖パトリックの祝日は、21世紀の現在でも彼らにとっての一大行事。アイルランドのナショナルカラーである緑色を取り入れたユニフォームやキャップを身に着けてプレーする日として、MLBでもすっかりお馴染みとなっている。

 

 2015年にレイズで153試合に出場し打率.281、17本塁打、68打点の成績を残したローガン・フォーサイス内野手(ドジャース)、昨季は自己最多64試合登板で防御率2.08と活躍したダン・ジェニングス投手(ホワイトソックス)など、MLBでも実績を残しているアイルランド系プレーヤーは少なくない。第4回大会ではアメリカ代表の一員として優勝メンバーとなった、ダニエル・マーフィー内野手(ナショナルズ)もアイリッシュアメリカンだ。

 

 現在は世界ランク49位に低迷し、自国におけるベースボールプログラムも発展途上のアイルランドだが、国籍既定の緩いWBCならまさに今回のイスラエルのごとく、彼らの力を借りて強力なチームを編成することも可能。実際、BUFでは昨年の段階から代表資格(少なくとも両親または祖父母のうち1人がアイルランド生まれ)を有するアイルランド系アメリカ人選手に対する、アイルランド代表への参加呼びかけを実施しているという。

 

 今回の会談実施への動きについてはマンフレッド氏も認めており、歓迎する意向を示している。「アイルランド代表に関するジョンの提案を心から歓迎したい。第4回大会において、WBCはグラウンド内外における大きな成功と、未来に向けた新たな可能性を示した。その可能性をどう形にしていくかを考えるうえで、アイルランドのような意欲ある国からの提案は重要だよ」(マンフレッド・コミッショナー)

 

 一方で、今後の大会フォーマットをどのようなものにしていくのかは、現時点ではまだ決まっていないことの方が多いという。「実際のところ、我々にはまだ議論せねばならないことがたくさんあるんだ。予選ラウンド1つとっても、例えばこれまで4か国×4グループで行っていたのを6か国×4グループにするのか、それとも新たに予備予選を設けるのか。そうした点はこれから時間をかけて練り上げていかなければならないものであり、だからこそこれまでは招待をかけてこなかった国々ともひざを突き合わせて話し合う必要があるだろう。ただ一つ、今の段階で私が確実に言えるのは…、今日が4月1日であるということだね」

 

=============================

 

 はい、大変お待たせいたしました。当ブログでは2年ぶりとなるエイプリルフールネタでございます。北欧のスウェーデンやノルウェーでは、フェイクニュースを流したとの風評被害を恐れて新聞各紙がジョーク記事を自粛するという記事もYahoo!では出ていますが、うちのブログではその程度のことで自重なんかしないんだぜ。

 

 ちなみにこの記事で書いている内容、一応やや強引に創作ネタとしてオチをつけてはいますが、個人的には割と本気で遅かれ早かれ本当に起こりうることだと思っています。実際、アイルランドってヨーロッパ選手権予選Cでもそこまで結果残せてないにもかかわらず、こういう移民が使えるという理由で結構前(それこそ第3回WBCより前)から、海外の国際野球クラスタの間では新規参加候補に挙げられてたりするんですよね。

 

 ついでに言うと、BUFは創作などではなくニューヨークに本部を置くれっきとした実在の組織であり、彼らによるアイルランド系アメリカ人の代表へのリクルートも、近い将来のアイルランド代表のWBC参戦を念頭に置いた重点政策として、実際に行われていることです(http://baseballunitedfoundation.org/press-release-open-call-for-eligible-irish-american-baseball-players/)。かつては自分も彼らに対して少額ながら寄付をし、見返りとしてアイルランド代表黎明期の活動を描いたドキュメンタリーのDVDを頂いたこともあります。彼らの長年にわたる活動は是非報われてほしいと思いますし、このネタが時期に実話へと変わることを願っています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。